ヨガのガス抜きのポーズとは?5つの効果と正しいやり方をご紹介

ガス抜きのポーズ
ヨガのポーズの中でも初心者からベテランにまで大人気のポーズの一つである「ガス抜きのポーズ」

どんな方でも安全に、そして気持ちよく行えるポーズなので、毎日行っている人も多いポーズです。

ここではガス抜きのポーズの5つの効果や正しいやり方について詳しくご紹介しましょう。

ガス抜きのポーズとは?

ガス抜きのポーズとは?

ガス抜きのポーズはサンスクリット語で「パヴァナムクタアーサナ」と呼ばれます。

「パヴァナ」は「風」や「空気(ガス)」を、そして「ムクタ」は「解放」を意味するので、「ガス抜きのポーズ」と日本語訳されているポーズです。

日本語でガスというと「おなら」をイメージする人も多いため、このポーズをすると便秘が解消されるとか、おならが出たり、あるいはおならが出ないように事前にガスを排出させるためのポーズと理解されている方もいらっしゃいます。

もちろんそういった効果も期待できますが、どちらかというと「パヴァナ」は血液やリンパ、気やエネルギーの循環を意味しており「気の流れやエネルギーを解放させるポーズ」と理解した方がその効果を深く体感できるでしょう。

では具体的にどのような効果があるのか、順に解説していきます。

ガス抜きのポーズで得られる5つの効果

ガス抜きのポーズで得られる5つの効果

腸の刺激

まず挙げられるのは、ほとんどの皆さんが理解している「お腹や腸への刺激」です。

ポーズの形を見ていただくとわかるように、ガス抜きのポーズでは太腿でお腹を圧迫します。

この圧迫した状態で呼吸(できれば腹式呼吸)をしっかり行うと、呼吸で太腿とお腹が触れあいます。

ほど良いお腹への刺激によって腸が活性し、便秘の問題やガスの問題が解消されやすくなると考えられています。

関連記事

お腹がゴロゴロ・ギュルギュル鳴ったり、なんだかオナラまで出そうな気配…。 ひとりで家にいるときなら「音を聞かれて恥ずかしい」なんて思いをせずに済みますが、誰かと一緒にいるときや静かな職場での仕事中などは「お腹、鳴らないで!」と強く願う[…]

お腹が張る原因は?ガス抜きに効果的なストレッチ&ヨガポーズ3選!

内臓と自律神経系の活性

先ほどのメカニズムと少し似ていますが、お腹に優しい刺激を与えながら呼吸法を行うことは、自律神経系の副交感神経を優位にすることに効果的です。

そもそも腸は副交感神経が優位なときに活発に動きますが、副交感神経が優位な時とは、呼吸がゆっくりしていて、吐く息が長くなっている時です。

ポーズをとりながら息をゆっくり吐き、外側からそのような状況を作ってあげることによって、自律神経系が整うだけでなく副交感神経が優位になり、腸は内側と外側から刺激されるので腸内が活性すると考えられています。

関連記事

最近疲れがとれない…ということに悩んでいる人は、もしかしたら自律神経失調におちいっているのかもしれません。 ほとんどの現代人において自律神経を整えるために必要なことは「副交感神経」を優位にさせることということをご存知でしょうか。 […]

自律神経整える

自律神経を整えるために効果的なヨガポーズ3選!ダルい、眠れないは自律神経失調性かも?

腰痛の改善

ガス抜きのポーズに即効性を感じられるのは「腰痛」をお持ちの方です。

腰痛の方は腰が極端に反っているか、丸腰(猫背)になっているかのどちらかに分類できますが、どちらのタイプの人でも、ガス抜きのポーズを行うことで、パンパンに張っている腰回りの筋肉を緩めてあげることができます。

腰痛の方がヨガのポーズで腰痛解消を目指す場合、怪我のリスクを考慮する必要がありますが、ガス抜きのポーズであれば怪我のリスクがほとんどなく、安全に腰痛改善を目指すことができます。

腰痛がひどい方は1回で5分ほど両膝を胸に抱えて呼吸を行うようにアドバイスしますが、そうすると腰周りが軽くなったと感じる方がほとんどです。

関連記事

年齢を重ねるごとに慢性的な肉体の悩みも増えてくるものです。 腰痛もその代表のひとつ。 今回は、現役ヨガインストラクターである筆者が腰痛の手助けになるかも知れないヨガポーズ をご紹介します! ヨガが効く?慢性的な腰痛の原因 […]

慢性な腰痛を改善するためのヨガポーズ

腰痛の人でもヨガしてOK?慢性な腰痛を改善するためのヨガポーズ3選

疲労回復&リラックス

腰痛だけでなく、背中全体の疲労回復にも効果的です。

特にポーズを行うとき、アゴを引いて頭をしっかりマットに、膝を抱える腕の力もできるだけ抜き、肩をリラックスさせて行いましょう。

ポーズをしながら目を閉じて呼吸を感じているうちに、自分の背中側の疲労がマットに流れ落ちるようなリラックスを感じることができて、思わず眠りに落ちたる人もいるほどです。

関連記事

最近、疲労がたまっていませんか? ストレスがたまっていたり、仕事がキツかったりすると、疲労はどんどんたまりますよね。 たまった疲労は上手に回復させたいものですが、どのように疲労回復したらいいのでしょう。 いろいろな疲労回復[…]

グルコーススパイクを防ぎ、自律神経の乱れを食べ物で整える

疲労回復方法としてのヨガ!疲労回復に効果的なヨガポーズ3選

ふくらはぎや鼠蹊部への刺激

ガス抜きのポーズは、そもそもふくらはぎや膝関節や足の付け根(鼠蹊部)など、普段疲労が溜まりやすい部分、つまりエネルギーが滞りやすい部分も解放する効果のあるポーズです。

足がむくんでいるときには、抱き抱える膝の後ろにテニスボールや丸めたタオルを挟めば、ふくらはぎのむくみの解消に効果的ですし、お腹が胸につかない人もつく人も、足の付け根に丸めたタオルを挟んで膝を胸に寄せると、お腹は股関節への刺激がやや強くなり、疲労回復や詰まりの解消に効果的です。

ガス抜きのポーズの正しい入り方

ガス抜きのポーズの正しい入り方

ガス抜きのポーズのやり方

  1. マットに仰向けになる
  2. 右膝を曲げて両手で胸の方に寄せていく
  3. 背中やお尻はなるべく床に預けて胸を寄せ、深呼吸または腹式呼吸を行いながら腸と太腿が触れ合う感じを3〜5呼吸味わう
  4. 反対側も同様に行う
  5. 両膝を曲げて両手で胸の方に寄せていく
  6. お尻と背中、頭はできるだけ床に預けたまま、深呼吸または腹式呼吸を行いながら腸と太腿が触れ合う感じを3〜5呼吸味わう

ガス抜きのポーズ5つの効果と正しいやり方解説まとめ

ガス抜きのポーズ5つの効果と正しいやり方解説まとめ

お腹の健康といえばヨーグルトや納豆などの発酵食品を食べることや、野菜を食べることが真っ先に思い浮かぶかもしれませんが、お腹の働きは実は呼吸の状態やストレスの状態と密接に関与しています。

ストレスがかかると下痢になったり、旅先で無意識に緊張しているのか便秘になったりした経験は誰にでもあるでしょう。

まずはストレスを減らすためにガス抜きのポーズのようなリラクゼーション効果の高いポーズを毎日寝る前などに行ったり、日中もストレスコントロールの手法として、1時間に1回程度腹式呼吸や深呼吸を行うこともお腹の健康には大切なことです。

関連記事

疲れやすい、イライラする、痩せたいのについ食べ過ぎてしまう。 腹式呼吸が、そんな悩みを解決に導いてくれる鍵になるかもしれません。 「たかが呼吸で変わるなんて…」とちょっぴり信じがたいかもしれませんが、実は呼吸は現代人の私たちが抱[…]

夏でも涼しくなれるシータリー呼吸法

ヨガの基本「腹式呼吸」とは?効果・メリット・練習方法を徹底解説

ヨガインストラクターが選ぶオンラインヨガ4選!

>>オンラインヨガ4社の口コミ、料金、特徴を比較解説!ヨガのプロが選ぶおすすめのサービスは?

関連記事

スタジオに通う必要がなく、スマホやPCで通信しながらオンライン上でヨガを楽しめる【オンラインヨガ】専用のスタジオがあることはご存知でしょうか? 自宅の近くにヨガスタジオがない 仕事や育児が忙しくて、なかなかスタジオに通う時間[…]

オンラインヨガ4社の口コミ、料金、特徴を比較解説!ヨガのプロが選ぶおすすめのサービスは?