【2020年版】5大ヨガ留学先比較!ヨガ留学先の特徴、相場、オススメなスクールをそれぞれご紹介

ヨガ留学一覧
最近日本でも海外でヨガを学びたいという人が増えてきていますが、どの留学先がいいのはよく分からない人は少なくないでしょう。

この記事では、5大ヨガ留学先とヨガ留学にかかる相場や期間、オススメスクールについて解説していきます。

ヨガ留学にオススメ国はどこ?

ヨガの留学はどこがオススメ

ヨガの留学先ってたくさんあって悩みますよね。

もしどこがいいか悩んでいる人は、ヨガ留学に人気の5大留学先から選ぶのがオススメです。

中でも、インドやオーストラリア、ニューヨークなどでヨガ留学する場合は十分に講義内容について学ぶためには英語の能力が必要です。

英語はできないけど、海外でヨガを学びたいという人には日本人講師が多い、バリやハワイにヨガ留学することがオススメ。

それでは、それぞれの国にヨガ留学するのにどのスクールがオススメなのか紹介していきます。

インドでヨガ留学できるスクール

ヨガ発祥の地であるインドには世界各国からヨガを学びにきた留学生にあふれています。

全体的にほとんどが外国の人がほとんどなので、非常に国際的な環境でヨガを学べるのが魅力です。

インドヨガ留学はこんな人にオススメ

  • 本場のヨガを味わいたい方
  • 格安ヨガ留学をしたい方
  • 食生活も含めてストイックにヨガを取り組みたい方
【インドでヨガ留学する相場】
ヨガの学費20万~30万円、インドまでの往復の渡航費10万円程度、ビザ申請費用2,500円
合計:30万2500円~40万2500円

YOGAVINI(ヨガヴィニ)

YOGAVINIでは、ヨガ発祥の地とされるインド北部のリシュケシュにあるアシュラムにヨガ留学できます。

世界中から全米ヨガアライアンスRYT200を取得しにきます。


費用
164,000円
※渡航費別

期間
4週間

場所
リシュケシュ

食事
1日に2回ベジタリアンフード

メリット
  • ガンジス川に面した場所にあり、静かな場所でヨガに取り組めます。
  • 必要なものはそろっている宿泊施設付き

公式サイトへ

Aarsha yoga vidya peetham(アールシャ ヨーガ ヴィッディヤ ピータム)

Aarsha yoga vidya peethamは日本語に訳すと「賢人より伝えられているヨーガの知識がある場所」。

アーユルヴェーダの発祥地といえる南インドのケララ州にあるアシュラムでヨガ留学できます。

インドのイメージとかけ離れたリゾート地でヨガを学べます。


費用
約200,000円(2019時点)
※日本語サポート費約100,000円
※渡航費別

期間
45日間

場所
ケララ州

食事
ベジタリアンフード

メリット
  • 伝統的なヨギーから学ぶことが可能。
  • ピュアベジタリアンフード
  • アーユルヴェーダ製品や、スパイスのショッピングが可能
  • リゾート地の海のすぐそばでヨガを学べる

公式サイトへ

INDIASANTANA(インドサンタナ)

日本人旅行者へのサポートを50年以上行なっているサンタナグループが主催しているヨガ留学プラン

休日のアクティビティが充実しているのはもちろんのこと、どの拠点でも日本食を提供しているので、ヨガ留学で日本食を食べたくなったときに日本食を食べられるのは嬉しいところです。


費用
228,000円~
※渡航別

期間
45日間

場所
プリ

食事
朝食のみ用意

メリット
  • 休日のアクティビティが充実している。
  • 全国展開しているショッピングモールがあり買い物なども便利
  • 昼食と夕食(50円~200円程度)を自由に選べる

公式サイトへ

バリでヨガ留学できるスクール

地上最後の楽園と知られるバリ島。

バリヨガ留学こんな人にオススメ

  • 豊かな森に囲まれてヨガをしたい方
  • マッサージやエステも受けたい方
  • 日本語でヨガを学びたい方
【バリ島でヨガ留学する相場】
ヨガの学費30万~55万円、バリ島までの往復の渡航費5万円程度
合計:35万円~60万円

YMCメディカルトレーナーズスクール

バリ島クタでどこよりも安く、短期で全米ヨガアライアンスRYT200資格を14日間で取得できます。

非常にお手頃な価格で、全米ヨガアライアンスの定めるガイドラインに沿った質の高い講座を受けることができます。


費用
300,000円~
※渡航費別

期間
14日間

場所
バリ島クタ

食事
3食付

メリット
  • ダイレクトビーチを持つ5つ星ホテル「ビンタンバリリゾート」でヨガが学べる。
  • 講師はすべて日本人という安心。
  • 帰国後も手厚い就職サポート。

公式サイトへ

IYC(インターナショナル ヨガセンター)

バリ島ウブドでヨガ留学しよう

日本のヨガ第一人者ともいえるケンハラクマ氏主宰のプログラムです。

バリ島には7日間滞在して、その前後で日本国内でIYCスタジオでケンハクラマ氏のレッスンに出席してRYT200を取得するという内容です。


費用
599,000円~
※渡航別

期間
7日間(留学前後で国内で講義を行います。)

場所
バリ島ウブド

食事
朝食のみ用意

メリット
  • ケンハクラマ氏からカウンセリングを受けられる
  • 各ヨガクラスおよびヨガイベント&指導者コースを無料で参加できる特典付
  • 飛行機代が費用に含まれているため、時期によって金額が変わらない。

公式サイトへ

オーストラリアでヨガ留学できるスクール

ヨガとサーフィンの聖地であるオーストラリアのバイロンベイにはオーストラリアそして欧米各国からのヨガインストラクターの卵が集まります。

英語ができて将来的には国際的なヨガインストラクターになりたいという人は、美しいビーチと手つかずの自然でのんびりとヨガ留学をするのがオススメ。

オーストラリアヨガ留学はこんな人にオススメ

  • ビーチでのんびりとヨガをやりたい方
  • 健康志向が高い方
  • ヨガ留学だけじゃなくワーキングプアもしたい方
【オーストラリアでヨガ留学する相場】
ヨガの学費40万円~、オーストラリアまでの往復の渡航費6万円程度
合計:46万円~

Byron yoga centre(バイロンヨガセンター)

オーストラリアのヨガ留学はバイロンヨガセンター

バイロンヨガセンターはオーストラリアで最も古い歴史を持つ最大級の施設が整ったヨガスクールです。

ただ、バイロンヨガセンターは英語で授業が行われることから、誰でも入学できるというわけではなくIELTS5.5以上かつ、面接に合格する必要があります。

またヨガ経験も必要でヨガクラスに10回以上参加したことがある人が受験資格をもちます。


費用
5,100AUD(約400,000円)
※渡航費別

期間
4週間

場所
バイロンベイ

食事
3食つき

メリット
  • 街全体でオーガニック食品を推奨しているのでレストラン選びに困らない。
  • いつもそこに海がある生活を実現。イルカやクジラに出会えることも。
  • 国際的な環境の中でヨガを学べる。

公式サイトへ

ハワイでヨガ留学できるスクール

常夏の楽園、ハワイでヨガ留学している人のほとんどは日本人。

そのため、英語が話せなくてもヨガインストラクターの資格を短時間で取得可能であることがハワイでヨガ留学が非常に人気な理由です。

ハワイでのヨガ留学は他と比べて高めですが、生活や観光も楽しめるのが魅力といえるでしょう。

ハワイヨガ留学はこんな人にオススメ

  • 観光や買い物など海外旅行も楽しみながらヨガ留学したい方
  • 日本人のヨガ友をつくりたい方
  • 日本語でヨガを学びたい方
【ハワイでヨガ留学する相場】
ヨガの学費50万~80万円、ハワイまでの往復の渡航費10万円程度
合計:60万円~90万円

YMCハワイ校

日本最大級のヨガスクールで多くの有名講師を排出していることから、ハワイでヨガ留学するなら最もオススメなスクール。

出発までの3ヶ月は日本国内のYMCメディカルトレーナーズスクールのスタジオに通い放題としっかりと身につくのはもちろんのこと、RYT200取得後の就職サポートもあるので非常に安心です。


費用
594,000円
※渡航費・宿泊費別

期間
4週間

場所
ホノルル

食事
各自

メリット
  • ホノルルの街中にあるため、安全で買い物なども便利。
  • 講義は全て日本語なので、英語ができなくても安心。
  • コース開始前にオンラインで学べる動画特典。
  • コース開始前にレッスン通い放題特典あり。
  • コース終了後のレッスンチケットあり。

公式サイトへ

オハナスマイル

ハワイでヨガ留学

国内でたくさんのワークショップを開いているオハナスマイルが主催しているヨガ留学。

オーガニックファームでヨガを学ぶことができます。


費用
782,000円
※渡航費別


期間
20日

場所
オアフ島

食事
オーガニックフード

メリット
  • オーガニックファームにて開催されるため、食事環境が自然豊か
  • 食事も提供されるため、ヨガに集中できる
  • 宿泊施設にヨガスタジオが併設

公式サイトへ

ヨガアロハアカデミースクール

2012年にワイキキにオープンした新しいヨガスクール。

ワイキキ中心部にあるので非常に暮らしやすいのが魅力です。


費用
4,500USD(約500,000円)
※渡航費・宿泊費別

期間
24日

場所
ワイキキ

食事
各自

メリット
  • 野外クラスで開放感が満載。
  • 3週間にわたってヨガを集中的に学べる
  • ワイキキの中心に位置するので生活にとても便利

公式サイトへ

ニューヨークでヨガ留学できるスクール

ヨガの本場、ニューヨークでは世界中で最もヨガインストラクターが多い場所の一つ。

流行の最先端ともいえ、日本ではまだまだ普及していないヨガについても学ぶことができるのがメリットです。

ニューヨークヨガ留学こんな人にオススメ

  • ニューヨークで生活したい方
  • ヨガ留学だけじゃなく、語学留学もしたい方
  • 流行の最先端でヨガを学びたい方
【ニューヨークでヨガ留学する相場】
ヨガの学費45万円、ニューヨークまでの往復の渡航費15万円程度、1ヶ月分宿泊費20万円〜
合計:80万円~

Body Tone(ボディトーン)

Body Toneゼロトレで話題の石村友見氏がニューヨークで代表をつとめるヨガインストラクター養成学校です。

クラスは英語でおこなわれるものの他の講師の方もバイリンガルな日本人なので安心。


費用
4,350USD(約450,000円)
※渡航費・宿泊費別

期間
4週間

場所
ニューヨーク

食事
各自

メリット
  • 日本語、英語でもヨガを教えられるようになる。
  • 安心の日本人講師。
  • 日本では珍しいマタニティヨガのコースも。

公式サイトへ

Yoga Institute(ヨガインスティチュート)

NYでヨガ留学

スタジオ・ヨギーエグゼクティブディレクターのヤスシ先生がニューヨークで開催!

日本の大手ヨガインストラクター養成スクールの一つであるYoga Instituteが開催していることから、安心してヨガについて学べる内容となっています。


費用
430,500円
※渡航費・宿泊費別

期間
4週間

場所
ニューヨーク

食事
各自

メリット
  • ヨガインストラクターになってからも学び続けられる環境
  • 安心の日本人講師。

公式サイトへ

関連記事

世界で一番の大都会と言っても過言ではない、ニューヨーク。 ニューヨークの街は、様々な種類のヨガスタジオであふれています。 ヨガは、ニューヨーカーの文化に根付いている生活の一部。 今回は10年ほどニューヨークに住んでいた筆者[…]

ニューヨークのヨガ事情

ヨガ留学に興味を持ったら

ヨガ海外

インド、バリ、オーストラリア、ハワイ、ニューヨークと5大ヨガ留学先と相場を比較しました。

留学する先によって周りのヨガ友達や環境が大きくことなります。

どうしてヨガ留学をしたいのがを一度考えて、目的にあったヨガ留学をするのがおすすめです。

国内でRYT200を取得したい人はコチラ

ヨガで生計をたてたいからヨガインストラクターになりたい。 そんな人には世界的な基準であるRYT200を取得するのがオススメ。 この記事ではRYT200についてはもちろん、RYT200を取得する時の注意点やスクールの選び方、オスス[…]

ヨガインストラクター資格RYT200とは