ヨガ中に目線はどこに定めるべき?正しい目線と考え方

ヨガ中に目線はどこに定めるべき?正しい目線と考え方
ヨガクラスに参加すると、ヨガ講師が「目線を遠くに」「伸ばした手先を見て」などとガイドすることがありますよね。

しかし毎度ではないので、どこを見たら良いのか迷いが出てくる方もいるのではないでしょうか。

そもそも、ヨガのアーサナ(ポーズ)には、正しい目線の位置があるのか?なにか影響があるのか?というのも疑問ですよね。

結論から言うと、ガイドがないから目線は適当で良いというわけではありません。

実は見る場所によって、ヨガのポーズにはさまざまな影響があるのです。

目線を意識することで、あなたのヨガの質がより高まる可能性があります。

そこで今回は、ヨガの正しい目線とは何か、どう意識すべきかについてご紹介していきます。

ヨガの正しい目線とは?ポーズによって違う?

ヨガの正しい目線とは?ポーズによって違う?

ヨガ中にどこを見るか迷ったことがある方は多いはず。

筆者自身も、ヨガクラスで聞かれることが多く、目線については長年考えさせられてきました。

その中で伝えたいことはまず、目線はキョロキョロさせずに一点に定めるべきだということ。

ヨガ初心者こそ意識してみて欲しいと思います。

目線の置き方(力強くなのかふわっとなのかなど)は、ヨガ講師の考え方やヨガのスタイルによって少し異なることが分かってきました。

正しい目線については、ポーズによって異なるので、経験していく中で徐々に身体に覚えさせていくと良いでしょう。

また、身体の状態によっても異なってくるので一概には言えないこともあります。

首や腰に痛みがある場合は、後屈を緩やかするため目線が変わります。

まずはなぜ目線が重要になってくるのか、詳しくご紹介しましょう。

ヨガで正しい目線を保つメリット

ヨガで正しい目線を保つメリット

アライメントが整いポーズの質が上がる

アライメントが整いポーズの質が上がる

ヨガポーズごとの正しい目線を知るべき一番の理由は、アライメント(身体の位置関係)が整いやすくなるからです。

例えば…

  • 目線を斜め上へ:胸が開く
  • 力強く遠くを見る:顎が下がる
  • 目線をお腹に:背中が丸まる

など、目線を変えると、他の部位も一緒に動くことがわかりますね。

そのため、ヨガ講師は手を触れずにアライメントを整えたいときにも目線のガイドを行うことがあります。

「力強く遠くを見て」と言われると、アライメントとは関係ないように思えますが、「力強く」という部分が鍵で、これを意識するとたいていの方は目に力が入り自然と顎を引くようになるのです。

日常の癖で顎が上がりやすい方は多いので、とても有効なガイドだと思います。

アライメントが整うと安定性が高まり、ポーズも深まります

筋肉も正しく可動するので、美容目的でヨガを楽しむ方にとっても良いですよね。

最初のうちは手や足の位置を意識するだけで精一杯かもしれませんが、少し余裕がでてきたら目線もぜひ意識してみてください。

集中力が高まる

集中力が高まる

目線を定めることで、集中力が格段に高まります

ヨガのアーサナは、身体の動きに意識を向けてコントロールすることで、周囲からの情報を遮断し、“今ここ”に集中するのが一つの目的だと言えます。

目線が定まらずキョロキョロしてしまえば、そのようなゴールには迎えません。

特にヨガクラスに通い始めたばかりの方は、周囲が気になってしまうことがありますよね。

すると“今ここ”に集中できなくなり、ポーズの安定性も欠けていきます。

そんなときこそ、目線を定めることが重要なのです。

『木のポーズ』が良い例です。

私のヨガクラスで『木のポーズ』を長めにホールドしているときに、一人がバランスを崩してしまうと、その周囲の方もぐらついてしまうことがよくあります。

顔は真っすぐ前を向いていても、バランスを崩した方が視界に入っていたため、つられてしまったのですね。

そんな中、目線を定め“自分の世界”に入っている方はびくともしません。

このような例がありますから、バランスポーズをしているときは特に目線を定めるようにしましょう。

そして、目からの情報を得る代わりに、呼吸や身体の動きに意識を向けるのが正解です。

高度なバランスポーズが安定する

高度なバランスポーズが安定する

正しい目線を知り、それを保てるようになると、アライメントが整い、集中力が高まることで難易度の高いバランスポーズが安定してできるようになります。

片足で立ちバランスを保つ『ダンサーポーズ(ナタラージャーサナ)』や逆転のポーズである『ヘッドスタンド(シルシャーサナ)』などもできるようになるのです。

ポーズが安定している方を見ていると、必ず目線が一点に集中していることが分かります。

目線が途中で変わったり、目が泳いだりすることはありません。

目線を保つことで、ポーズの幅が広がり、わくわくも増えていきます。

首が守られる

首が守られる

正しい目線を知り、ポーズの最中に目線を定めることで、首を守ることもできます。

例えば、背面が柔軟な方は、後屈の際に首が後ろに倒れすぎてしまい、首への負担が心配になることがあります。

そんなときに、「目線は斜め上」「目線は天井」などと目線を定めることで、首への負担を大幅に減らすことができるのです。

ヨガの基本ポーズの一つ、『ダウンドッグ』においても、前方を見てしまうと首が緊張し疲労してしまいます。

目線をおへそ(足の間と言われることもあります)に向けることで、首がリラックスされ、ポーズも安定します。

ヨガ中の9つの視点とは

ヨガ中の9つの視点とは

アシュタンガヨガにおいて使われる言葉ですが、ヨガのアーサナの目線を「ドリシュテ(drishti)」と言います。

“動く瞑想”とも言われる、呼吸と連動して連続したポーズをとるアシュタンガヨガは、一つ一つのアーサナを瞬時に安定させる際にドリシュテが非常に重要となります。

また、集中を高め、身体の感覚を研ぎ澄ませるためにも目線は大切です。

アシュタンガヨガのドリシュテには、9つの視点があります。

アシュタンガヨガをやっていないという方でも役に立つので、ご紹介しましょう。

ドリシュテ9つの視点(目線)

  1. 第三の目(眉間):ブルーマディヤイ(Brumadhye)…意識を内側へ向ける
  2. 鼻先:ナサグライ(Nasagre)…意識を内側へ向ける
  3. 空(天井):ウールドヴァ(Urdhva)…意識を集中、自身の開放
  4. 右方遠く:パールシュヴァ(Parshva)…ポーズを安定させる
  5. 左方遠く:パールシュヴァ(Parshva)…ポーズを安定させる
  6. へそ:ナビ・チャクラ(Nabhi Chakra) :精神を鎮める
  7. 手:ハスタグライ(Hastagre)…アライメントの調整、ポーズの安定
  8. 親指:アングシュタマディヤイ(Angushthamadhye)…伸ばす、胸を開く動きのサポート
  9. つま先:パダヨラグライ(Padayoragre) …背筋を伸ばすサポート

1と2は、ヨガ初心者にとっては難しいかもしれません。

3~9は、ポーズのアライメントを整える、ポーズを安定させる、集中力を高めるといった効果があるので、あらゆるヨガスタイルにおいて有効です。

例えば9のつま先への目線は、前屈のときにぜひ試してみてください。

前屈は深く倒れたいと思うがゆえに背中を丸めてしまう方が多いのですが、それではアライメントが崩れた状態です。

つま先を見ることで、背筋を伸ばしたまま股関節から降り曲がる、理想的な前屈のプラクティスができます。

また、『ダウンドッグ』の際に「おへそを見て」と言われることがあると思いますが、おへそ付近にあるチャクラを見つめることで、ポーズの安定性を高めるだけではなく、意識が内側に向き精神を鎮めることができます。

「ダウンドッグをすると気持ちが落ち着く」という方が多いのは、恐らくこのためでしょう。

筆者自身もダウンドッグをすると、心が安定し集中力が一気に高まるのを感じます。

ヨガの目線が覚えられない!

ヨガの目線が覚えられない!

ヨガのポーズによって目線(ドリシュテ)の位置を覚えて使いこなすのは、最初は難しいものです。

なので、正しい目線が分からなくても焦る必要はありません

むしろ、ヨガ中に目線のことばかり考えていると集中力が欠けてしまうので、始めのうちは意識しなくて良いと思います。

登場頻度の多い『ダウンドッグ』はおへそを見る、『アップドッグ』は斜め上の天井を見る、『タダ―サナ』や『木のポーズ』など正面を向いた立位のポーズでは正面の遠くを見ることを覚えておく程度で十分。

あとはヨガ講師のガイドに従えば大丈夫です。

もし、目線が決まらず困ってしまったら、首を真っすぐにした状態で「楽だな」と思う位置を選びましょう。

意識すべきことは、勝手な判断で首を前後に倒し過ぎないことです。

例えば『三角のポーズ』では、首をひねり目線を手の先もしくは天井に向けますが、そのガイドがない限りは壁の方を見ていてもかまいません。

ヨガ中の目線を完璧覚えなくては!と思って焦ることはありません。

目線もアライメントの一つなので、ヨガを続けていくうちに身体が徐々に覚えていくものだからです。

ヨガ中の目線は“凝視しない”が正解!?

ヨガ中の目線は“凝視しない”が正解!?

ここまで、ヨガのアーサナの最中にどこを見るべきか?というお話をしてきましたが、ぜひ意識して欲しいのが“凝視”せずに“広く”見ることです。

そして、前方や天井であれば、目の前に壁があったとしても壁自体ではなく“遥か遠く”を見ることです。

一点には集中しつつ、凝視しない。

目で見るという行為に、労力を使い過ぎないようにしましょう。

言葉で説明すると難しいですが、実際にヨガのアーサナは、ほんの数十秒のうちに全身のアライメントと呼吸を意識することになるので、目で見る行為(見ている物の動向)に意識を向ける余裕はないはずなのです。

そして、目で見ているという行為と同時に、内なる心にも目を向けるイメージを持ちましょう。

また、ポーズによって目力を変えるというのも良いと思います。

例えば英雄のポーズの際には、力強い目線を真っすぐ前に送ることでパワーが湧いてきてポーズにも反映されます。

三角のポーズの際には、優しい目線で空を見上げるように天井を見れば気持ちが解放感されていきます。

このように目線に意識を持つことで、ヨガのアーサナの質が高まり、ヨガの心地良さも深まっていきます。

ヨガの目線を意識しよう!

ヨガの目線を意識しよう!

多くのヨガ経験者が一度は疑問に思うであろう、ヨガ中の目線についてご紹介しました。

目線を一点に集中させることで、難しく感じていたヨガポーズも安定してできるようになります。

目線をしっかり保ち、1分間程のホールドがあっという間に感じたときには、何とも言えない快感が待っていますよ!

ヨガ初心者の方は、まずはキョロキョロしないことを意識してみてください。

ヨガインストラクターが選ぶオンラインヨガ4選!

>>オンラインヨガ4社の口コミ、料金、特徴を比較解説!ヨガのプロが選ぶおすすめのサービスは?

関連記事

スタジオに通う必要がなく、スマホやPCで通信しながらオンライン上でヨガを楽しめる【オンラインヨガ】専用のスタジオがあることはご存知でしょうか? 自宅の近くにヨガスタジオがない 仕事や育児が忙しくて、なかなかスタジオに通う時間[…]

オンラインヨガ4社の口コミ、料金、特徴を比較解説!ヨガのプロが選ぶおすすめのサービスは?