【完全マニュアル】ヨガのインストラクターになるには?ヨガインストラクターになる5ステップ

ヨガインストラクターなる方法
ヨガインストラクターになりたいけど、どんな流れでなれるのか不安という方も少なくないでしょう。

この記事を読めば、そんな不安は解決。

この記事を読むことで解消できる疑問

  • ヨガ初心者だけど、ヨガインストラクターを目指すならどうしたらいい?
  • 私ってヨガインストラクターに向いている?年齢や体型は大丈夫?
  • ヨガインストラクターになるのに資格はいるの?どれがいい?
  • インストラクター養成スクールにはどこがオススメ?選び方は?
  • ヨガインストラクターの仕事や給料は?どうしたら活躍できる?

現在活躍している現役ヨガインストラクターが執筆した記事をご紹介しつつ、ヨガインストラクターになるまでの流れを5つのステップでご紹介していきます。

ステップ1:ヨガインストラクターの情報収集をしよう

目標となるヨガインストラクターを定める

ヨガインストラクターに自分は向いている?

ヨガインストラクターになろうと思っていても、「私に向いているのかな」と不安になりますよね。

ヨガインストラクターに向いている人の3つの特徴

  1. ヨガが大好き
  2. ヨガで自分が変わった経験がある
  3. ヨガ以外にも熱中していることがある。

ヨガが大好きで、自分らしいヨガを伝えられる人であれば、ヨガインストラクター向いているといえるでしょう。

関連記事

ヨガ人口は日本だけでなく世界中で爆発的に増加しています。 ヨガインストラクターの数や資格もここ10年で格段に増え、ある調査によれば年間約2万人ものヨガインストラクターが誕生しているとか。 ヨガが大好きなら誰もが一度は夢見るヨガイ[…]

ヨガインストラクターに向いてる人の特徴3つ

体の柔らかさやポーズのうまさは、実はそれほど重要ではありません。

年齢や体型も関係ありません。

むしろ、年齢に関しては「高齢なほうがヨガの先生に向いている」といえます。

関連記事

ヨガに夢中になるほど、高くなるヨガインストラクターへのあこがれ。 「私もインストラクターになりたい!」「ティーチャーズトレーニングを受けてみたい!」 でも「年齢がネックになっている…。」「今更ヨガインストラクターなんて…。」と思[…]

ヨガインストラクターになるには年齢は高いほうがいい?

ヨガインストラクターになるのに資格は必要?

ヨガインストラクターになるのに必要な資格はありませんが、ほとんどの人はインストラクター養成コースで学んでからヨガインストラクターとして活躍しています

資格をもっていることで信頼されて、個人でプライベートレッスンを開く際に生徒が集まりやすくなったり、大手ヨガスクールで正社員として採用されやすくなったりと有利になるからです。

安心して指導できる能力が身につき、独学では学ぶことができない知識を得ることもできることのでヨガインストラクターになろうと思っている人は資格を取得しておきましょう。

ヨガインストラクターになるうえで何種類か資格がありますが、最も有名なのはRYT200など「全米ヨガアライアンス」資格です。

指導方法など実践的な知識を総合的に学べるうえに、日本を含めた世界50ヵ国以上でヨガインストラクターとして活躍することができます。

ヨガインストラクターの資格一覧

資格がなくてもヨガインストラクターになることはできます。 ただ、狭き門であるヨガインストラクター求人に募集するうえで、資格を取得していたほうが有利なことは間違いありません。 「でも、ヨガの資格って色々あって分からない…」 […]

ヨガインストラクター資格一覧

ステップ2:ヨガインストラクターの資格をとろう

ヨガ学校の情報収集

国内でヨガインストラクター養成学校?留学する?

RYT200を取得する時に悩むことの一つに国内で通うか、留学するかということですよね。

やはり、国内通学のほうがオーソドックスではありますが、それぞれのオススメポイントを簡単に解説します。

ヨガ留学で資格を取得する

ヨガ留学で資格を取得するのがオススメな人

  • 日常とは全く違う環境の中で、ヨガを楽しみたい!
  • 短期間でヨガインストラクター資格を取得したい!

ヨガ留学をするメリットはやはり、海外という日常から離れた環境でヨガを楽しめること。

パッケージでヨガ留学をする場合は、みっちりとヨガをするのであまり海外旅行を楽しむ余裕はないかもしれません。

ただ、一日中ヨガづけの生活を送ることから、3週間~1ヶ月程度で資格をとることができるのはメリットといえるでしょう。

ヨガの留学事情

世界で一番の大都会と言っても過言ではない、ニューヨーク。 ニューヨークの街は、様々な種類のヨガスタジオであふれています。 ヨガは、ニューヨーカーの文化に根付いている生活の一部。 今回は10年ほどニューヨークに住んでいた筆者[…]

ニューヨークのヨガ事情

ヨガ資格を国内で取得する

国内で資格を取得するのがオススメな人

  • 忙しくて、なかなか時間が取れない!
  • せっかく学ぶのだからしっかりとヨガインストラクターとしての知識を身につけたい!

国内で通学しながらヨガインストラクター資格を取得することのメリットは、やはりスキマ時間を利用して学べるので自分の都合に応じて資格の取得することができることでしょう。

その分、資格の取得にかかる期間は長くなりますが、逆をいえば長い間にわたって学ぶことで知識が定着しやすいです。

日本語で学べることからも、しっかりと学ぶのに適しているといえます。

国内でヨガインストラクター資格を取得した人の体験談

ヨガインストラクターになりたい。 少しでもそう思ったことがある方に向けて、今回はパーソナル専門のヨガ講師として活動する筆者がヨガインストラクターになった経緯をお話ししたいと思います。 ヨガインストラクターってどうすればなれるの?[…]

メキシコヨガインストラクター

ヨガインストラクター養成スクールはどこがオススメ?

国内のヨガインストラクター養成スクール一覧

RYT200を取得できるヨガインストラクター養成学校は色々な種類がありますが、大手のヨガインストラクター養成スクールが安心。

卒業生が多いことから実績も豊富でカリキュラムもちゃんとしていますし、なにより卒業後に就職やデビューの優遇がありますので、せっかく高いお金を払ったのに指導力が何も身につかなかったり仕事がなかったりなんて後悔をしなくですむからです。

RYT200を取得できるヨガインストラクター養成スクールTOP5

なお、検討する時はスクールの資料を請求して、パンフレットで検討した方がオススメ。

無料で請求できるのにも関わらずネット上にのっている情報よりも多くの情報がありますし、なによりも見比べるときに比較しやすいです。

  • YMCメディカルスクール
    4.7
    YMC
    卒業生実績が業界No1

    100時間の無料追加講座でしっかり学べる

    生徒ごとの担当者サポートに加えて、卒業後のサポートも充実

  • ヨガワークス
    4.4
    世界の一流のヨガインストラクターから学べる

    モジュール制のクラス

    卒業サポートがある

  • アンダーザライト
    4.1
    RYT500の取得が日本最多

    平均指導歴12年の講師陣

  • リラヨガ・インスティテュート
    4
    乳井さんの指導を直接受けられる

    ヨガ哲学に力を入れている

  • ヨギーインスティチュート
    3.5
    ヨガインスティチュート
    ヨガグッズのショップも運営しているので、必要なものをまとめて揃えられる

    デビューサポート制度あり

ヨガインストラクター養成スクールの説明会に参加しよう

ヨガインストラクター養成学校の説明会

行きたいヨガインストラクター養成スクールの選択肢をしぼったら、今度は説明会に参加しましょう。

基本的にRYT200の資格はどのスクールでも50万円はかかるので、後悔しないようにシッカリと考えるのが大事です。

この時、チェックするポイントとしては説明会で重要なのは学校の雰囲気。

説明会でチェックしたい3つのポイント

  1. 説明会での講師から学びたいと思うかどうか
    • 講師はスクールで学べることの深さを左右する重要な要素。
    • 知識の深さやライフスタイルなど、著書があったらチェックしてみるのもオススメ。
    • 自分とのフィーリングが合うかどうかもチェック。
  2. 説明会に参加している人たちと一緒にいたいと思うかどうか
    • ともに学ぶ仲間となる可能性が高いので一緒にいて楽しいと思えるかどうかもポイント。
    • 生徒同士で教え合うことも。
    • 卒業したあとでも大事な友人になることがほとんど。
  3. スタッフの対応や清潔さなど施設は快適かどうか
    • 長い時間を通う場所となるのでストレスなく通えるかどうかも大事。

実際に説明会に参加することで、資料の情報だけでは見えてこなかったものが分かり、自分にあっているのかどうかを直感的に判断できます。

どのスクールであっても質問や相談なども快く受けてくれるので、説明会に参加することで不安を解消することもできるはずです。

ヨガインストラクター養成スクールに通おう

ヨガインストラクター養成学校

RYT200を取得するには180時間のクラスを受講する必要があるので、仕事の合間にRYT200を取得する場合だと週1ペースで通ってだいたい1年程度スクールに通うことが平均的。

  • ヨガ解剖学、ヨガ生理学などの座学
  • ヨガ本来の学びについて知るヨガ哲学、生活や倫理
  • 基本的なアーサナをはじめとするヨガ実践スキル
  • アジャストメントを始めとする指導方法
  • 実務演習

RYT200で必要とされるカテゴリーを総合的に学びましょう。

なお、卒業する際には筆記試験と実技試験を行うことがほとんどですが、合格しなかった場合でも再試験を何度でも受けることができるので安心してください。

関連記事

ヨガのクラスに通ううちに「もっとヨガを勉強したい! ヨガを教えてみたい!」と思うのは自然なこと。 私自身もそうでした。 ここではインストラクター養成講座での私の実体験や、これからスクールを選ぶ方へぜひ知っておいてほしいスクール選[…]

ステップ3:ヨガインストラクターとしての仕事を探そう

ヨガインストラクター相談

ヨガインストラクターとしての働き方を決める

ヨガインストラクターとしての活躍する方法は色々な道がありますが、大きく分けて2つ。

一つ目はフリーランスとして、プライベートレッスンを開設したり、企業に出向いて出張レッスンをおこなうこと。

もう一つはヨガスタジオの正社員や契約社員になり、インストラクターとしてクラスをもつこと。

どちらであっても大手のヨガインストラクター養成学校であれば、手厚いサポートを受けることができるので積極的に活用して、自分にあった活躍方法を探しましょう。

関連記事

2020年東京オリンピックイヤーに向けて、観戦する側の私たちも「sports(運動)」「wellness(健康)」や「healthy life(健康的な生活)」への意識が高まりつつあります。 数年前から日本でも注目を集めるようになった[…]

ヨガインストラクターの仕事は自分に向いてる?

ヨガインストラクターの求人の見分け方

ヨガインストラクターとして資格を取得したばかりだと、仕事が見つからないという人もいるかもしれません。

特に何の実績もないと不安ですし、仕事の探し方もよくわからないという人は多いのではないでしょうか?

ヨガインストラクターの求人に応募する前に、応募しようと思っているスタジオのクラスをあらかじめ体験してください。

そうすることでイメージとのギャップが少なくなり、後悔する可能性が減りますよ。

詳しくはコチラ

ヨガインストラクターの資格をとり、早速インストラクターデビューするにあたり、まずは求人広告や募集サイトなどを確認する人がほとんどだと思います。 ヨガの求人広告を見た時、給与面や条件面で確認しておくべきことはどんな点か確認していきましょ[…]

ヨガの求人の見分け方

ヨガインストラクターの仕事の見つけ方

実際に参加して気に入った求人があったら、すぐに応募を行うべきです。

基本的にヨガインストラクターの求人は狭き門であることがほとんどなので、不合格でも気にしないでください。

また、応募したいと思ったスタジオに求人がなくても、ためらわずに自己PRしたほうがいいでしょう。

お金をかけずに良い人材と出会いたいと思っているスタジオのオーナーの方は少なくありません。

求人よりも倍率は少ないはずです。

「今は募集をしていません」と断られたとしても、思い出したタイミングでご縁をいただける可能性があります。

関連記事

「せっかくインストラクターの資格を取得したのに、思うように仕事に就くことができない…」となると、不安でいっぱいになってしまいますよね。 現役のヨガインストラクターである筆者が、ヨガインストラクターとして順調に仕事を獲得していくまでのス[…]

仕事がないヨガインストラクター

ステップ4:ヨガインストラクターとして経験を積んでいこう

ヨガインストラクター活躍

他のヨガインストラクターを参考に

ヨガインストラクター業は働く時間やどのようなクラスにするのか決める自由が多い分、どうするのがいいのか悩みます。

そういう時は、他のヨガインストラクターの一日の過ごし方やクラスの構成の仕方を学ぶことが一番の方法です。

コチラも参考に

ヨガインストラクターはどんな1日を過ごしているか、ご存知でしょうか? ヨガレッスンをしていることぐらいしか分からないという人も少なくないでしょう。 特にヨガインストラクターに興味をもっている人にとって、先輩方がどんな1日を過ごし[…]

ヨガインストラクターの1日についてインタビュー

ヨガインストラクターとして直面する問題

ヨガインストラクターとして活躍していこうとすると、厳しい現実に直面するかもしれません。

不安定な収入や集客の不安、健康維持の大変さといった様々な問題に悩まされるでしょう。

大変なことも多いヨガインストラクター業ですが、真摯に対応すれば解決できることしかありません。

ヨガインストラクターとして続かない人のほとんどは最初の5年くらいで辞めてしまうので、まずは細々とでも続けましょう。

ヨガを教えてほしいというニーズは高いですし、これから伸びていくのは間違いありません。

関連記事

「いつも笑顔で健康的で、キラキラしているヨガインストラクターに憧れるけど、実はすごく大変な仕事なんじゃないの?」 ここでは「インストラクターになりたいけれど大変そうだから一歩踏み出せない」という方に、現役インストラクターが「ヨガインス[…]

ヨガインストラクターって大変?現役ヨガインストラクターがお答えする大変あるある

ステップ5:ヨガインストラクターとして活躍しよう

ある程度ヨガインストラクターとしての経験がたまってきて、自分のヨガに自信がもてるようになったら、イベントも開催してみましょう。

一人で開催するのが不安なら、資格を取得した時の同期と一緒に合同開催するのもアリ。

他のインストラクターとの差別化にもなりますし、何よりも知名度が上がってきます。

ますますヨガインストラクターとして活躍できるようになりますよ。

関連記事

ヨガインストラクターを目指す方、そしてすでに活動をしている方のなかには、「インストラクターとしてこうなりたい」という目標を掲げている方も多いでしょう。 例えば、「ヨガの魅力をしっかりと伝えたい」「日常を忘れて、心・体を結びつける特別な[…]

集客

ヨガインストラクターへの一歩を踏み出そう

ヨガインストラクターとしての一歩を踏み出そう

ヨガインストラクターとしてたくさんの生徒さんの前に立ち、インカムを使ってヨガを教えていることを想像し、あるいはそんな自分を夢見ているにも関わらず、ヨガインストラクターになるのが不安という人は少なくないのではないでしょうか?

この記事では、そんな人に向けて必要となる情報をまとめました。

夢を明確にして一歩ずつ前に進めば、叶えられる可能性はグッとでてきます。

一日も早く順調に資格を取得して、仕事を獲得して、ヨガインストラクターとして活躍していきましょう。