元カレが忘れられない!【岡清華に聞くアーユルヴェーダ解決法#5】

今回で5回目の、アーユルヴェーダに基づく解決法~ちょっぴり心が軽くなるお悩み相談室~。

この連載では、女性のみなさんのお悩みにアーユルヴェーダの観点からアドバイスしていきます。お悩み相談に乗ってくださるのは、ハワイ、カウアイ島でアーユルヴェーダを学んだ岡清華さん。単なる解決法ではなく、アーユルヴェーダの観点から「こんな視点もあるんだ」と思ってもらえると幸いです。新たな視点が増えるだけで、きっとちょっぴり心が軽くなるはず。

岡清華(おかさやか)

1993年生まれ、兵庫県出身。ファッション誌BLENDAのモデルとして活動しながら、大学在学中に管理栄養士国家資格を取得。その後、カウアイ島にてアーユルヴェーダを学ぶ中で、全米ヨガアライアンスを取得。独立後、ヨガを含む “アーユルヴェーダ” の観点から「一人一人にとっての幸福、人生の豊かさや最適な心身の状態を知り、環境を持続させること」をコンセプトに、スタジオ運営、カフェ、ウェルネス空間のプロデュース、商品開発、その他イベント、セミナーなどアーユルヴェーダに付随する各事業を進めながら、「全ての人々のより良い人生をサポートし個性が輝く状態へ導く為の母親のような存在でありたい」という想いで”MOTHER” 創業。

Instagram:@okasaya

前回のお悩み相談はこちら

関連記事

今回で4回目の、アーユルヴェーダに基づく解決法~ちょっぴり心が軽くなるお悩み相談室~。 この連載では、女性のみなさんのお悩みにアーユルヴェーダの観点からアドバイスしていきます。 お悩み相談に乗ってくださるのは、ハワイ、カウアイ島[…]

Q, 自分が好きな人か、自分を好きな人か、どっちを選ぶべき?

今回のお悩み

最近、彼と別れてしまい落ち込んでいます。前に進まなきゃと思い、ほかの方とご飯に行ってみたりするものの、彼のことが忘れられなくて、元に戻れたらと考えてしまいます。愛される幸せと愛する幸せ、どちらかしか選べないのでしょうか。

溢れる情報に振り回されないように

最近は、恋愛に関する情報がインターネット上に溢れています。そのため、私たちは膨大な情報に振り回されないようにしなくてはなりません。

私は、この質問を受けて、相談者の方が情報に翻弄されているように感じました。

そもそも、「愛される幸せ」と「愛する幸せ」、どちらかしかないと考えているのが間違いです。このような、「ふたつにひとつ」という考え方はとても分かりやすく、納得できるように感じますよね。でも、実際の恋愛は多種多様で、たったの二つに分けるなんてことはできないはずです。

恋愛も人間関係のひとつ

人間関係は、相手によって大きく様子を変えるものです。それは、恋愛だけではなく、同僚や、友人、家族との関係にも当てはまります。恋愛が特別な関係性であることに間違いはありません。しかし、恋愛も人間関係のひとつなのです。

相手によって関係性が変わると考えると、誰とでも似たような経験ができるわけではないとわかります。自分が、誰かにとっては素晴らしい人でも、相手によっては最低の人間になってしまうこともあると思います。相手にとっての自分は、その人との相性によって決定されるのです。

「条件つきの幸せ」は不幸である

「条件つきの幸せというのは不幸である」という言葉があります。

――あそこに住めたら、これが食べられたら、こういう服が着られたら、あの人みたいになれたら幸せになれる…。

このように、「ある条件を満たすことができれば、幸せになれる」と考える人は、自分の幸せをその条件に左右されます。例えば、何かを手に入れることができれば幸せになれると思う人は、その何かを失ったと同時に、幸せも失ってしまうのです。

これを恋愛に当てはめるとどうでしょうか。自分が愛することで幸せになれると思う人は、自分が愛せなくなったとき幸せでなくなってしまいます。これでは、愛する方、愛される方、どちらも不幸にもなってしまいます。

このように、すべてにおいて、幸せに条件づけすることは、幸せを失う法則といえるのです。

自分自身を幸せにしてあげる生き方をしてみて

先ほど、「条件付きの幸せは不幸を招く」とお話しましたが、恋愛でもなんでも「自分を幸せにしてくれるもの」を自分以外の何かにすると、幸せからは遠のいてしまいます。

つまり、自分自身が自分のことを幸せにしてあげられないと、誰といても幸せになれないし、誰のことも幸せにしてあげられないのです。

そのため、「自分のことを幸せにしてあげられる自分でいる」ことがすごく大切です。

その上で、相手も自分で自分のことを幸せにできる人を選ぶべきです。2人とも安定していて、自分自身を幸せにできる。それらが一緒にいることでさらに幸せが膨らんで、倍増していくという関係がいいですよね!

 

では、「自分で自分を幸せにする」ためには、何をすべきなのでしょうか。

第一歩は、自分自身を好きになることだと思います。そして、自分自身を好きになったうえで「どんな自分でいるときが幸せなのか」を考えてみてほしいのです。これは、「自分が何をしているときが幸せか」とは微妙に異なる考え方です。

あなたは、心が穏やかでいるときだったり、好きなことに没頭できているときだったり、人と過ごしているときだったりに、幸せを感じるかもしれません。そこからさらに踏み込んで、人と過ごす中でどんな自分になっているから幸せなのかを考えてみてください。

その「幸せの根っこ」を見つめなおしたうえで、好きな自分になるためにはどんな人と一緒いるべきなのかを考えていくのがよいでしょう。

過去は変わらないので今に目を向けて

彼と別れて落ち込んだり、昔を懐かしんだりしたとしても、過ぎ去ってしまった出来事はもう二度と変えられません。

これは、過去に意味がないということではありません。すべての出来事には理由があるので、意味のない別れや出会いは無い。だけど過去は自分の中に積み重なっていくものなので、幸せになるためには、意識的に今に目を向けなくてはなりません。なので、過去には感謝をしつつ、「今を積み重ねた先にある未来」に考え方をシフトしていくのが良いと思います。

運命を信じてみるのもアリ

前の彼氏さんとの関係性は、もしご縁があれば必ず修復されると思います。なぜなら、自分の人生にとって本当に必要なものは、失ったとしても必ず返ってくるシステムになっているからです。それが返ってこないということは、自分が勝手に「この人と一緒にいたら幸せになれる」と思っているだけ。

「人生を思い通りにする」という言葉は古くから人気がありますが、自分が欲している状況が叶ったとしても、幸せになれるとは限りません。実際のところは、思ってもみなかった出会いや、思いがけない形で、幸せになることが大半だと思うのです。

 

だから、頭でぐるぐると考えるよりも、もっと自分の運命を信じてみるのがよいかもしれません。きっと自分の人生はうまくいくようにできあがっているし、自分にとって必要なすべての出来事が自然と目の前で起こると考える。

それはとても苦しい別れや、全財産を失うといったことかもしれません。それでも、意味のないことは何一つとして起こらないので、「この出来事は私に何を教えてくれるんだろう?」と学びの姿勢をとってみる。

相談者さんであれば、「この人との別れは、私の人生にどんな意味があるのだろう?」という風に。それが、未来へとつながる考え方です。

無理に忘れなくていい

「他の人とご飯に行ってみたりする」という部分では、相談者さんが彼を忘れるために無理に行動している様子が伺えます。

ここで、私がよく話すたとえ話をご紹介します。怪我をしてかさぶたができたとき、痒いし、見た目も悪いし、気になると思います。だけど、新しい皮ができてきたら、そのかさぶたは、ひとりでに剥がれていくものです。

なので、恋愛で悩んだり仕事でミスしたり、身体でいう怪我をしたような状態のときは、新しい皮膚がちゃんと出てくるまで、あれこれいじらずじっと待っておくのが良いと思います。

私たちの人生にも自然な治癒力があって、今のこのときに意識を向け、過去のことに感謝をし、未来について探していければ、必ず新しい耐性がついてきます。

この方は今、彼のことを忘れるために無理に行動をしていますが、かさぶたを無理に剥がそうとしなくて良い。想い続けていたら良いのです。

そして、彼といたときの自分の在り方が幸せだったのかどうかをもう一度考えてみてほしい。彼と一緒にいれば、自分の好きな在り方でいれるというのなら、別れた原因に立ち戻って反省し、次に活かしていくべきです。

考えたうえで、他の人と出会うことが幸せな在り方に繋がると思うなら、そうすればよい。無理に行動するのではなく、今このときに意識を向けていきましょう。

未来に思いを馳せてみて

質問の最後に、「愛する幸せ、愛される幸せ」というフレーズがあります。

でも、前半に述べたとおり「幸せに条件づけをすべきでない。」つまり、自分のことを自分で幸せにすることが重要だとお話ししました。そして、自分自身を幸せにするには、「幸せと感じる自分の在り方」を探っていかなくてはならない。

ご相談者さんは今、自分の在り方を考える為にとても良い機会をいただいていると思います。今は、人と一緒にいたらできないこともたくさんできるし、相手がいたら出会えない人と巡り会える期間だと思うから。

かさぶたや皮膚は、めくれればめくれるほど強くなっていきます。それは、私たち女性が、恋愛でとても成長して、人生がどんどん豊かになっていく姿と重なります。それは、まさに与えられた時間と失われた関係性から、学び取っていくからです。

今は成長のために与えられた素晴らしい準備期間と捉えて、将来出会う誰かや何かを想像し思い浮かべながら、未来を創造するために一生懸命、今このときを生きていくのが良いと思います。

ヨガインストラクターが選ぶオンラインヨガ4選!

>>オンラインヨガ4社の口コミ、料金、特徴を比較解説!ヨガのプロが選ぶおすすめのサービスは?

関連記事

スタジオに通う必要がなく、スマホやPCで通信しながらオンライン上でヨガを楽しめる【オンラインヨガ】専用のスタジオがあることはご存知でしょうか? 自宅の近くにヨガスタジオがない 仕事や育児が忙しくて、なかなかスタジオに通う時間[…]

オンラインヨガ4社の口コミ、料金、特徴を比較解説!ヨガのプロが選ぶおすすめのサービスは?