ダイエットが続かない…【岡清華に聞くアーユルヴェーダ解決法#3】

アーユルヴェーダに基づく解決法~ちょっぴり心が軽くなるお悩み相談室~、今回は3回目です。

この連載では、女性のみなさんのお悩みにアーユルヴェーダの観点からアドバイスしていきます。

お悩み相談に乗ってくださるのは、ハワイ、カウアイ島でアーユルヴェーダを学んだ岡清華さん。

単なる解決法ではなく、アーユルヴェーダの観点から「こんな視点もあるんだ」と思ってもらえると幸いです。

新たな視点が増えるだけで、きっとちょっぴり心が軽くなるはず。

岡清華(おかさやか)

1993年生まれ、兵庫県出身。ファッション誌BLENDAのモデルとして活動しながら、大学在学中に管理栄養士国家資格を取得。その後、カウアイ島にてアーユルヴェーダを学ぶ中で、全米ヨガアライアンスを取得。独立後、ヨガを含む “アーユルヴェーダ” の観点から「一人一人にとっての幸福、人生の豊かさや最適な心身の状態を知り、環境を持続させること」をコンセプトに、スタジオ運営、カフェ、ウェルネス空間のプロデュース、商品開発、その他イベント、セミナーなどアーユルヴェーダに付随する各事業を進めながら、「全ての人々のより良い人生をサポートし個性が輝く状態へ導く為の母親のような存在でありたい」という想いで”MOTHER” 創業。

Instagram:@okasaya

アーユルヴェーダに基づく解決法1回目はこちら

関連記事

今回から新たに「アーユルヴェーダに基づく解決法~ちょっぴり心が軽くなるお悩み相談室~」がスタートします。 この連載では、女性のみなさんのお悩みにアーユルヴェーダの観点からアドバイスしていきます。 お悩み相談に乗ってくださるのは、[…]

Q, 痩せたいと思うけれど、成功した試しがない…。

今回のお悩み

どうやったらダイエットできますか? いつもダイエットが続かないのが悩みです。手軽に始められるものから試してみても、途中であきらめてしまったり、スケジュール的に崩れてしまったり。 続ける方法やオススメのダイエット方法など教えてください。

ダイエットが続かないのは、なぜそれをやらなければいけないのかを自分が理解していないから

このようなお悩みに対しては、たとえば「レコーディングしましょう」や、「毎日体重計に乗りましょう」のような、具体的な方法を述べるというのが今までの解決法のありがちなパターンだと思います。今回は少し目線を変えてお話したいと思います。

まず、私は根本的に、「なぜ痩せたいと思うか?」というWHYの部分を自分で理解することが、その行動を変えていく近道だと思っています。

実はこの「なぜ?」という目的を見失ってしまうと、必ず何をするにもうまくいかないんです。ダイエットが続かないのは、なぜそれをやらなければいけないのかを自分が理解していないからとも言えるでしょう

みんながみんな痩せれば幸せになれるわけではない

私の実体験をお話しすると、15歳から20歳くらいの5年間くらい、痩せることばかりを考えて生きていました。(笑)ダイエットを始めたきっかけは、その当時の彼に言われた、「痩せたら?」という言葉でした。

当時は「彼のために」と思っていたけれど、今思うと結局は自分が幸せになりたかった。そこに、痩せるということが選択肢として存在していたわけなのですね。

 

痩せたい、お金持ちになりたい、有名になりたい、モテたい・・・などの、老若男女ともに何かしたいと思うときって目的は必ず一つだと思うのです。

幸せになりたいから。

人間が持つシステムだと思います。例えば、みんな何か一つ「この人はこういう風にやったら幸せになったから、私もこういう風にやったら幸せになれるんじゃないか」と考えるようになる。

そうすると、その考えに囚われてしまうのです。

でも、意外と「痩せる」ということが、自分のベストな幸せを作る方法ではないかもしれない。

痩せたら幸せになれるというのは、実際には自分が思っているだけで、痩せても幸せにならないかもしれない。

私は、実際に痩せても幸せではなかった。その経験を経て、ようやくそのことに気づけました。

目的を見失わないことが大事

事前にお伝えしておきたいのは、「目的を絶対に見失わないこと」です。

「痩せたい」の先に「それはなんで? そのそれはなんで?」と。WHYの部分を一つ一つ自分の中で明確にしないとそれは続かない。

自分のカラダに対する説得ができていない状態になります。

例えば、誰かに “100万円貸して欲しいです!“というときは、何かしらその訳が分かるようにプレゼンテーションをしますよね。どういう風に返せるのかとか、何でそれが欲しいのか等。

それと同じように、私たちは自分との関係性の中で、「痩せたいです」「では、なぜ痩せたいんですか?」と自分の魂に聞いていく必要があります。

「とにかく痩せたいんです!」という場合は、「そこに目的はありますか?」「どういう風にビジョンを描いていますか?」と面接のように問われたとしても答えられない場合がほとんどです。

自分の中で納得がいっていないのに自分は動いてくれない。

これは、心と体が乖離している状態です。

このことから、最終的なゴールを見据えていく=幸せの在り方という根本的な部分について考えることがまず大切なことなのです。

自分の心地よさを追求してみてほしい

前述同様に、このお悩みは、「痩せたい」という気持ちに対して、目的を見失ってしまっているということが考えられると思います。

「なぜ痩せたいか?」と考えると、きっと「心地よく幸せでありたい」というところがあると思うんです。

そこで、まずアドバイスをするならば、自分の心地よさ“というものを追求してみてほしいです。

自分が幸せだな〜、心地の良いな〜と、感じる瞬間を知り、それを感じるための手段を紐解いてみるのがいいかもしれないですね。

私自身もダイエットに囚われていた苦しみの渦中、そこから抜け出せた理由は、心地よさを追求し始めてからでした。

一度にたくさん食べたら気分が悪くなるし、食べないとエネルギー不足で体が枯渇している状態になったら、それはそれでそわそわして、心地悪いし気分が良くないです

そこで、どんなときに自分が幸せや心地よさを感じるのかを徹底的に研究してみたんです。

よく眠れて、朝は5時ぐらいに起きて、すっきり目覚めたとき、すごく心地よいなとか。エネルギッシュなときに人と会って、「なんか元気だね」「なんかキラキラしているね」と言われたときはすごく心地良いなとか。

誰かと一緒にコミュニケーションを取りながらご飯を美味しくいただくことってすごく気持ちいいな、とか。

たくさんの“心地いい瞬間や行動”に気がつきました。

あなたなりの美しさを追求してみて

先ほどもお伝えしましたが、大概の痩せたい!という思想は、おそらくそれによって心地良さや幸福を求めているからだと思います。

そこで、「自分の幸せや心地良いと思う瞬問っていつか?」「自分がどんな行動をとっている時か?」さらに、「自分がどんな自分である時か?」ということも考えて見ていただきたいのです。

何かをしている時じゃなくて、「どんな自分でいる時が、自分の心地良い瞬間なのか?」ということを追求してみていただきたいですね。

根本ですが、痩せることがあなたにとっての幸せじゃないのかもしれない、というところを、考え直してみてください。

体質的にも、元々組織が薄くつく方もいらっしゃれば、分厚くつく方もいる。

あの人みたいに筋肉をつけたい!と思って頑張っても、その理想の体型にはなれない人だっているわけです。

体質は変えられない。骨の太さや皮膚の分厚さなどの元々持つ性質は変えられない。

しかし、自分の心地良さを追及していくと、その人なりの美しさが必ず現れてくると思うんです。

ひとそれぞれ持っている体質の上に、美しさがある

アーユルヴェーダにはヴェーダ、ピッタ、カパという3種のエネルギーで様々なものの性質を考えていく方法があります。

骨格が細い体質も、肉付きが良い体質も、それぞれにエネルギーに溢れていて、自信を持って自分自身の長所を輝かせている人は共通して美しいと思います。

私は昔、自分の筋肉質なところをすべて削ぎ落してガリガリになりたいと思っていました。でも、筋肉をつけたうえで美しい人はたくさんいますよね。

自分と向き合うことなく、自分以外の誰かのようになりたかったのです。

自分自身が持っている体質のうえに、心地良さだったり美しさだったりがある。このことに気がついてからは本当に自分らしく生きていることが好きになりました。

たとえばとてもむくみやすく、重たくなりやすく、たくさん溜め込んでしまう、というタイプの人も、バランスを取ることができれば肌も目も潤いに溢れていて、透き通ったようなお肌を手に入れやすいですし、体力もあり、人のことを思いやることのできる献身的な性質を持ちやすくとても魅力的です。

だからこそ、無理に痩せようとしないでいいのです。誰かになろうとしなくていいのです。

必要のないものを省いて、必要なものは残す。その人なりの美しい体型が存在します。

だから、1つのロールモデルをイメージして、「ああいう風になりたい」と思うのではなく、自分の心地良さを追求していってほしいのです。

そうすれば、自分にしかない美しさや、自分の一番輝いている姿に辿り着き、それが最も魅力的だと思います。

自分がもともと持っている体質のうえに、自分だけの美しさとういものがあるということをまず認識していただきたいなと思います。

幸せになる方法を追求してほしい

痩せるためのHowToをお伝えしていないので申し訳ないのです。

しかし、根本的に、“痩せる“ということが人生の目的になってしまうことによって人生がとても浅はかなものになってしまうという現代の風潮を目の当たりにし、自分自身も渦中にいたこともあり、これについてはしっかりと言及すべきと感じています。

人生の目的は、その人それぞれの形で心地良さや幸福を求めて、自分にできることで誰かの為になることを行っていくことだと思うから。

どんな自分でありたいかをイメージしながら、「何をする」ということに対して決めつけず、その在りたい自分に向かって試行錯誤して行動をしてみましょう。

「これをしなければいけない」、「痩せなければいけない」という、Doの部分を固めてしまっては、状況が変わり、その決め事が実行することができなくなった場合、自分との信頼関係を失うことになり得るからです。

「自分はどうありたいか」、「そうあるために何をすべきなのか?」をいろいろ試行錯誤しながら自分の在り方というのを見つけて行きましょう。

その人なりの美しさや、その人なりの幸せ、心地良さを追求していくこと以外で、人間が幸せになれる方法は無いのではないかと思います。

他の誰かが幸せになった方法を真似するのではなく、自分だけの心地良さというのを追求していきましょう。

ヨガインストラクターが選ぶオンラインヨガ4選!

>>オンラインヨガ4社の口コミ、料金、特徴を比較解説!ヨガのプロが選ぶおすすめのサービスは?

関連記事

スタジオに通う必要がなく、スマホやPCで通信しながらオンライン上でヨガを楽しめる【オンラインヨガ】専用のスタジオがあることはご存知でしょうか? 自宅の近くにヨガスタジオがない 仕事や育児が忙しくて、なかなかスタジオに通う時間[…]

オンラインヨガ4社の口コミ、料金、特徴を比較解説!ヨガのプロが選ぶおすすめのサービスは?