ファスティングとは?正しいやり方、効果、回復食など徹底解説

ファスティングとは?正しいやり方、効果、回復食など徹底解説
痩せる、肌が綺麗になる、体調が整うなどの効果があることで知られるファスティング。

月に1回は必ず行うようにしている筆者も、その効果を実感しています。

しかし、正しい方法で行わないと体調を崩したり、逆に太ってしまったりとマイナス効果が生まれてしまう可能性があるので要注意。

ファスティングをしたけれど痩せなかった、効果がなかったという口コミが多くあるのはそのためです。

そこで今回は、ヨガ講師であり、自身も定期的にファスティングを行っている筆者が、ファスティングの効果、正しいやり方について解説していきます。

ファスティングで痩せやすくなった実体験

ファスティングで痩せやすくなった実体験

ファスティングとは?

ファスティングとは、一定の期間、食べたり飲んだりする行為を断つことを指します。

もともとは宗教色が強かったメソッドですが、近年はダイエット効果健康効果が謳われ、身近なものになってきましたね。

有名なモデルさんや女優さんが取り入れていることで、興味を持つようになった方も多いことでしょう。

ファスティングで身体が変わった!

筆者がファスティングに興味を持ったのは、ヨガを始めて間もなくのこと。

デトックスやリセット術としてファスティングを取り入れているヨギーニがたくさんいることを知ったからです。

当時の私は、太ってはいないけれど、実は体脂肪の多い“隠れ肥満”体質でした。

甘いものが好きで、食後に食べないと落ち着かないこともありました。

便秘や冷えは慢性的で、定期的に吹き出物ができるのは当たり前。

それから、朝起きるといつも眠くて、ベッドからなかなか起き上がれませんでした。

今思えば“不調”な状態ですが、当時はそれが当たり前になっていたのです。

そういった現代女性は多いのではないでしょうか?

それが、ファスティングによってまるっと解消されたのです!まさに“身体が変わった”と言える出来事でした。

それ以来、定期的にファスティングを取り入れるようになりました。

ファスティングの効果

ファスティングの効果

ここからは、一般的に言われているファスティングの効果と合わせて、筆者が実感した具体的な変化についてご紹介していきます。

便秘が解消される

便秘は、慢性的な食べ過ぎにより、腸の機能が落ちることで起こることがあります。

ファスティングで腸を休ませると、再び動きが活発になり、排せつ力が高まります。

私はファスティングに出会うまで、便秘解消には腸に良いと言われるものを食べること、運動やストレッチをすることが近道だと思っていました。

まさか、腸を休ませるだけでこんなに出るとは!と驚きました。

便秘によるぽっこりお腹もすぐに凹みました。

むくみがなくなる

ファスティングを行うと、むくみがすっきりします。ファイスラインのもたつきがなくなり小顔な印象に。脚も軽く感じられます。これはたった半日の断食でも効果を実感できたことです。

疲労が取れる

ファスティングを終えたあとは、倦怠感・疲労感がなくなり、身体がとても軽くなっています。

筆者の場合は、ファスティング後は朝すっきり起きられるようになります。

常になんとなく疲れていたのは、食べ過ぎで内臓を疲れさせていたことが原因だったのです。

肌が綺麗になる

ファスティングには、乱れた腸内環境を整える効果もあります。

その結果、肌が綺麗になることも。

筆者の場合は、頻発していた吹き出物などの肌トラブルが格段に減りました。

痩せる、痩せやすくなる

ファスティングで便秘が解消され、胃の中も軽くなると、一時的に体重が減ります。

むくみがなくなるので、見た目も痩せたように感じられます。

このように一時的に痩せることができるので、大事な日の準備期間に行うのもおすすめです。

さらにファスティングを通じて内臓の機能が正常化すると、痩せやすい体質になれます。

一生太らない身体になる!

ファスティングにダイエット効果があると言われる一番の理由は、「食べ過ぎを自覚し、食への意識が変わるから」だと思います。

筆者自身、ファスティングを行うことで、いかに毎日食べ過ぎていたのか、適当に食べるものを選んでいたのかということに気づかされました。

特にファスティング後の回復食は、一口一口がとても美味しく感じられ、少量でもよく噛んで食べればしっかり満足できることに気が付くきっかけをくれました。

食事によって身体が変わることを実感すると、食べ物のチョイスが変わり、一生太らない身体になれるのです。

ファスティングの正しいやり方・ルールは?

ファスティングの正しいやり方・ルールは?

おすすめは半日間のファスティング

ファスティングにはさまざまなやり方があり、一概に“これが正解”というものはないと筆者は考えています。

ただ共通して言えるのは、いきなり厳しいファスティングに挑戦すると必ず失敗するということです。

また、5日間などの長期間のファスティングを行う場合は、専門家の指導の下で行わないと健康を損ねる可能性があるので注意した方が良いでしょう。

ファスティング初心者の方は、18時間程食べない時間を作る半日ファスティング(半日断食)から始めることをおすすめします。

これなら、「好転反応」と呼ばれる吐き気やめまい、頭痛、だるさなどの症状もさほど感じることなく行うことができます。

日常生活にも支障が出ないので、週末などに定期的に取り入れることが可能です。

普段から食べ過ぎの方なら、半日間だけでもすぐに効果を感じられます。

慣れてきたら、1日ファスティングを行ってみましょう。

体調が優れないと感じたら、くれぐれも無理をしないようにしてください。

半日ファスティングのスケジュール

夕飯を18時までに終え、翌日の昼12時に食事をとれば、18時間のファスティングになります。

これを基準に、夕飯の時間を調節して、スケジュールを組んでみましょう。

ルール1:準備期間を作る

ファスティングには準備期間が必要です。

いきなり食事を抜くのではなく、徐々に胃腸に負担をかけない食事を取り入れて身体を慣れさせていきましょう。

ファスティング中の辛さを軽減する効果もあります。

半日ファスティングの準備期間は、丸2日程度が理想的

油っこいもの、糖質の多いものを避け、野菜や豆類たっぷりの和食を食べましょう。

白砂糖を含むスイーツ類は中毒性が高く、ファスティングが辛く感じる要因になりますので、ファスティングを始める3~5日前くらいから抜いておくことをおすすめします。

具沢山の味噌汁、酢の物、豆のサラダ、焼き魚、少量のご飯

ルール2:水をたっぷり飲む

ファスティング中は、固形物を摂らない代わりに、しっかりと水分補給を行いましょう。

白湯、常温の水、ハーブティー(ノンカフェイン)を、半日で1~1.5リットル程摂取するようにしてみてください。

必要最低限の栄養が摂れない状態が続くので、半日以上の断食の場合はファスティング用の酵素ドリンクなどを取り入れるようにしましょう。

ルール3:回復食を食べる

ファスティングを終えたら、必ず回復食から始めましょう。

急に普段の食事に戻してしまうと、胃腸に負担がかかり、腹痛やだるさの原因になるので要注意。

せっかくのデトックス効果も薄れてしまいます。

回復食の期間は、ファスティングを行った日数と同じ日数が目安です。

長く行って損はないので、筆者は半日ファスティングのあとは、丸1日を回復食で過ごすこともあります。

ファスティング成功の鍵を握るのは、この回復食だと言っても過言ではありません!

反対に、2~3日と長い期間ファスティングを頑張っても、回復食が間違っていると、思うような効果が得られないこともあります。

回復食の内容については、以下で詳しくご紹介していきます。

ファスティング成功の鍵「回復食」のメニュー

ファスティング成功の鍵「回復食」のメニュー

 

回復食メニューの流れ

  • 1食目は「重湯」ファスティングが終わったあとの1食目は、必ず流動食にしましょう。
    おすすめは重湯。お米:水=1:10などの割合で作る、どろどろのおかゆの汁のことです。
  • お粥に移行する2食目からは、少し水の割合を減らしたお粥が良いでしょう。
    ファスティング後は味覚が研ぎ澄まされているので、少しの塩を足すだけでとっても美味しく感じられます。
  • よく噛んで食べるお粥であっても、一口30回噛んで食べるようにしましょう。
    よく噛むことで消化酵素の分泌が増えます。ファスティング後もずっと続けていきたい習慣です。
  • 和食メニューにする3食目からは少しずつ通常の食事に戻していきます。
    回復食の期間中は、肉料理や油ものを避け、減塩を意識した和食メニューを取り入れましょう。

>>ファスティング回復食の選び方!管理栄養士がオススメする回復食メニュー

関連記事

夏本番! この日までには痩せたいと、ダイエットの追い込みをしている方も多いのではないでしょうか。 どうしても痩せたいという方は、ファスティングも一つの手段です。 短期のダイエットは賛否両論もありますが、リバウンドのない正しいファスティ[…]

ファスティング回復食の選び方!管理栄養士がオススメする回復食メニュー

ファスティング効果を持続させる方法

ファスティング効果を持続させる方法

ファスティングの嬉しい効果を持続させるために大事なことは、ファスティングの経験を通じて、日常の食事の摂り方も見直すことです。

以下のような点を意識してみましょう。

  • 水分を1日1.5~2リットル摂る
  • カフェインを控える
  • 1口30回噛む(お肉類は特に意識して噛む!)
  • 動物性食品の摂取量を減らす
  • 糖質の多いお菓子、添加物の多い加工品の摂取量を減らす
  • 和食を心がける

ファスティングで美と健康に輝きを!

ファスティングで美と健康に輝きを!

なかなか痩せない、便秘がち、肌荒れが治らない、朝すっきり起きられないという方は、ぜひファスティングを取り入れてみてください。

今抱えているさまざまなお悩みを根本から解決することができるかもしれません。

始めは半日から始め、身体の変化を感じてみましょう。

様子を見て1日のファスティングにも挑戦することをおすすめします。

ヨガインストラクターが選ぶオンラインヨガ4選!

>>オンラインヨガ4社の口コミ、料金、特徴を比較解説!ヨガのプロが選ぶおすすめのサービスは?

関連記事

スタジオに通う必要がなく、スマホやPCで通信しながらオンライン上でヨガを楽しめる【オンラインヨガ】専用のスタジオがあることはご存知でしょうか? 自宅の近くにヨガスタジオがない 仕事や育児が忙しくて、なかなかスタジオに通う時間[…]

オンラインヨガ4社の口コミ、料金、特徴を比較解説!ヨガのプロが選ぶおすすめのサービスは?