二重アゴや首のたるみを解消するマッサージ!原因と予防策も簡単解説

二重アゴの原因になるダメな食事とは?首周りのたるみを食べ物で回避しよう
普段お手入れをさぼっていると、ある日突然気になってくる二重アゴ首のしわ・たるみ

毎日鏡を見ているのに「しまった!アゴや首のお手入れはサボっていた!」なんて慌ててはいませんか?

ヨガの中でも「顔ヨガ」には二重アゴ解消や首のたるみ解消効果があることがよく知られていますが、日常のちょっとした心がけで美しいアゴや首のラインをキープすることができるのです。

二重アゴになる人、首がたるむ人と、そうでない人の違い

二重アゴになる人、首がたるむ人と、そうでない人の違い

  • 体重は変わっていない、太っていないのにフェイスラインがぼんやりしてきた。
  • 垂れ目気味になってきた。
  • 気がつくとスマホを見ているときに二重アゴになっている。
  • 誰かに撮ってもらった写真の横顔がひどい

という人は多いと思いますが、これらほとんどは、たるみが原因によるものです。

とはいえ、目の周りのたるみ、お腹のたるみ、二の腕のたるみなど、あらゆるパーツは加齢と共にたるむもの。

しかし、誰もが絶対たるむということはなく、たるむ人には「運動不足」「筋肉不足」などの共通した原因があります。

しっかり筋肉を動かし鍛えている人は、年齢を重ねてもそこまでたるむことはないのです。

もし体重に大きな変化がないのに、二重あごや首のたるみが気になるようであれば、それは「顔や首の運動不足」ではないかと生活を振り返って見てください。

顔や首も筋肉でできているのです。

首や頭の運動不足度をチェックしよう!

首や頭の運動不足度をチェックしよう!

顔や首の運動不足!?どうやって対処すればいいの?と思った方も多いと思いますが、以下のことをチェックしてみましょう。

当てはまるものが多いほど顔や首の運動不足が考えられます。

チェック項目

□堅い食べ物を意識して食べていない

□咀嚼の回数を意識していない

□フワフワ、柔らかい、ジューシーといった食感の食べ物が好き

□噛み癖がない(左右どちらかの歯でばかり噛んでいる)

□慢性的な肩こりや首こり

□姿勢がいいね、と言われたことがない

□常にスマホやパソコンをいじっている

□頭皮が堅い気がする

□頭を心臓より下にすることがほとんどない

いかがでしょうか。

理想は一つも当てはまらないことですが、一つくらい当てはまることがあったのではないでしょうか。

いずれの習慣も、無意識のうちにあなたのアゴを二重にし、首をたるませてしまうのです。

二重アゴを解消する、首のたるみを予防する

二重アゴを解消する、首のたるみを予防する

しかし、対策方法はとっても簡単。

チェックテストを一つずつ見てみましょう。

全て逆のことをすれば二重アゴや首のたるみは解消できますし、今後も予防できるでしょう。

チェックテスト

■とにかく1日1回は堅いものを食べよう(ナッツ類、小魚など)

■1口20回は咀嚼をカウントする(マインドフルネス!)

■歯応えがいい、噛むほどに味が出る食べ物を選ぶ

■左右同じ回数噛む

■首こりや肩こりを治す(ヨガが効果的)→首、肩こり解消ヨガはこちら

■常に姿勢を意識する(ヨガが効果的)→姿勢改善のヨガはこちら

■パソコンやスマホを使わない時間を意図的に作り、使うときは目線と高さを合わせる

■頭皮のマッサージをする

■ダウンドックポーズやウッターナアーサナなど心臓より頭を下にするポーズを取る

おすすめは徹底した咀嚼とダウンドックなどの下向きのポーズ

すでに二重アゴが気になるのであれば、解消法としてぜひ試して欲しいのが「徹底した咀嚼」「1日1回1分程度の逆転ポーズ」です。

まず咀嚼ですが、咀嚼は小さい全身運動と言われるほど重要なことをご存知でしょうか。

咀嚼することで、顎がシャープになるだけでなく、唾液が分泌されることで虫歯や歯周病を予防する、感染症を予防する、歯を丈夫にする(歯の再石灰化)、歯並びが良くなる、運動神経や集中力が向上する、若返りホルモン・パロチンが分泌される、太りにくくなる、脳を刺激する、表情筋を活性するといった、さまざまな健康&美容効果が得られるのです。

また、下向きのポーズ、ダウンドックやウタナアーサナなどの逆転ポーズもおすすめです。

逆転ポーズとは心臓より下に頭を向けるポーズで、いつもは心臓から下半身に向かう血流が、逆転するポーズのことを指します。

ダウンドック

後屈ポーズをしながら首の力を抜き、頭をリラックスさせると、酸素の入った血液が首や頭にぐんぐん流れるのが感じられるはずです。

これらのポーズで自分が楽にできるポーズを1日数回1回30秒〜1分程度行うと、頭部への血流が促され、首肩周りのこりが解れたり、逆転することでたるみが解消されたりするのです。

日常生活の中で、頭が心臓より下になるようなことはまずないと思いますが、ヨガを練習している人に、見た目が若々しく二重アゴや首のたるみがないのは、逆転のポーズの恩恵だと思っています。

二重アゴや首のたるみを予防して、解消しよう

二重アゴや首のたるみを予防して、解消しよう

目の周りや二の腕、お腹のたるみは気がつきやすいですが、顔のたるみ(二重アゴや首のたるみ)は自分でも気がつきにくいパーツです。

しかし、美人かどうかは「顔の下半身で決まる」という言葉もあるほど、口元を含めた顔の下半分は顔の印象を左右するとされます。

もし「昔の方が美人だった」「私ってこんな顔だったっけ?」と思うことが増えているのであれば、それは二重アゴやたるみによる可能性が高いので、今すぐ対策をはじめましょう!

小顔になれるエクササイズもおすすめです!

関連記事

女性なら誰もがあこがれる小顔。 きゅっと小さい顔はキレイな女性のキーポイントですよね。 むくみやたるみで、年齢と共にフェイスラインも崩れがちに。 最近前より顔が引き締まってないかも…、なんてお悩みの女性は必見です。 […]

小顔になれるヨガストレッチとヨガポーズ

ヨガインストラクターが選ぶオンラインヨガ4選!

>>オンラインヨガ4社の口コミ、料金、特徴を比較解説!ヨガのプロが選ぶおすすめのサービスは?

関連記事

スタジオに通う必要がなく、スマホやPCで通信しながらオンライン上でヨガを楽しめる【オンラインヨガ】専用のスタジオがあることはご存知でしょうか? 自宅の近くにヨガスタジオがない 仕事や育児が忙しくて、なかなかスタジオに通う時間[…]

オンラインヨガ4社の口コミ、料金、特徴を比較解説!ヨガのプロが選ぶおすすめのサービスは?