八方美人の治し方は?【岡清華に聞くアーユルヴェーダ解決法#9】

この連載では、女性のみなさんのお悩みにアーユルヴェーダの観点からアドバイスしていきます。お悩み相談に乗ってくださるのは、ハワイ、カウアイ島でアーユルヴェーダを学んだ岡清華さん。単なる解決法ではなく、アーユルヴェーダの観点から「こんな視点もあるんだ」と思ってもらえると幸いです。新たな視点が増えるだけで、きっとちょっぴり心が軽くなるはず。

岡清華(おかさやか)

1993年生まれ、兵庫県出身。ファッション誌BLENDAのモデルとして活動しながら、大学在学中に管理栄養士国家資格を取得。その後、カウアイ島にてアーユルヴェーダを学ぶ中で、全米ヨガアライアンスを取得。独立後、ヨガを含む “アーユルヴェーダ” の観点から「一人一人にとっての幸福、人生の豊かさや最適な心身の状態を知り、環境を持続させること」をコンセプトに、スタジオ運営、カフェ、ウェルネス空間のプロデュース、商品開発、その他イベント、セミナーなどアーユルヴェーダに付随する各事業を進めながら、「全ての人々のより良い人生をサポートし個性が輝く状態へ導く為の母親のような存在でありたい」という想いで”MOTHER” 創業。

Instagram:@okasaya

前回のお悩み相談はこちら

関連記事

この連載では、女性のみなさんのお悩みにアーユルヴェーダの観点からアドバイスしていきます。お悩み相談に乗ってくださるのは、ハワイ、カウアイ島でアーユルヴェーダを学んだ岡清華さん。単なる解決法ではなく、アーユルヴェーダの観点から「こんな視点もあ[…]

Q,八方美人の克服法は?

今回のお悩み
私は物心がついた時から、誰にでもいい顔をしてしまう八方美人です。職場でも八方美人で人と接してしまうため、仕事終わりに一人になると無気力状態になり疲れがどっと出ます。どうしたらストレスを溜めずに人と接することができるのでしょうか?また、ありのままの自分を出すにはどうしたらよいのでしょうか?

八方美人も才能のひとつ

わたしは、実は「八方美人」は褒め言葉だと思っています。周りに合わせるあまり素の自分を出せないことにお悩みなのかもしれませんが、それは相手によって対応を変えることで、うまく立ち回りができる長所ともいえるのです。

ですから、「また自分の言いたいことが言えなかったな」「また良い顔をしてしまったな」と、自己評価を下げるよりも、「この人に合わせて自分は適切に対応したのだ」と誇らしく思うのが良いかもしれませんね!

他人に合わせられない人が多い中で、相手によって自分を変化させられることはとても素晴らしいことなので、自信を持って大丈夫。まずは認識を変えることで、気持ちが楽になるといいなと思います。

ただ、どんなことがあってもブレない自分の在り方を一度設定し、それを根っこの部分に持っておくのも大事です。

同じ「揺れ」でも、自分の在り方がわからずどうしようもなくフラフラとしてしまっているのか、揺らぎながら自分の軸を探している意識があるのかで、感じるストレスも大きく変わってきます。

自分に嘘をつかない生き方を

寒い冬にはコートを着て保温して、暑い夏にはたくさん汗をかいて体を冷やすように、私たちは季節に合わせて自然と対応を変えています。

環境に適応して色々な自分に変化するのは、そもそも素晴らしいことで、改善しようと思わなくても良いとお伝えしてきました。

ただ、自分らしさが何かわからなかったり、ありのままの自分に自信がなかったりするのが、漠然とした「辛さ」の原因となっているのだと考えられます。

そのため、まず環境に順応できるということを褒めてみたうえで、「ありのままの自分」とはどういう自分なのかに意識を巡らせてみてください。
そして、実生活の中で、自分自身に正直になることを試していただきたいと思います。

たとえば、この連載の初回でお伝えしたように、自分の思ったことと、口にすること、行動を一致させてみる。そして、自分がそのあと、どんな反応を示すかを観察して、思っていることをそのまますると自分が心地良いのか悪いのかを考えてみてください。

人に合わせることが心地良いと思えるのであれば、日々の行動を変えるほど深刻にならなくても大丈夫です。
ただ、もし気持ちが悪いと感じてしまうのであれば、人との接し方以前に、自分自身との関わり方を変える必要がありますね。

自分との信頼関係を大切に

アーユルヴェーダの中でも特にテクニカルなものになりますが、自分の体質や体調に合ったものを選択することが重要です。

選択の基準を、「自分が違和感なく心地の良い状態がずっと続くこと」に置く。それを選択し続けることが、自分自身との信頼関係を結ぶことに繋がります。
そして、自分の心と体が同じ反応と行動を示すようになって、信頼関係が安定すれば、どんな人にどんな態度をとったとしても、自分のことを責めたり否定したりすることが無くなると思います。

他人の前でも自分の考えを表に出せる人が、羨ましくうつるかもしれません。でも、その人はその人なりに、相手を不快な気分にさせてしまうのが自分の欠点に感じているかもしれません。

ありのままの自分を出すことが全てにおいて良いということはありません。
環境に適応している自分、という視点を持っていただきながら、まずは自分との信頼関係を作っていく。日常生活で自分の心に嘘をつかないように、自分自身との対話をしていくと良いかと思います。たとえば瞑想の中で、内省していくなどもおススメですよ。

自分自身の心や体がどんな反応か、どんなSOSサインやオーダーを出しているのか。それに従うと、心地良いのか悪いのか。
このように、段階を踏んでどんどん自分自身のことを理解できてくると、周りとの関係性に対しても新しいとらえ方ができるようになってくるかと思います。

まず、「八方美人」をやめるべきなのか否かを抜本的視点で考えてみてくださいね。

ヨガインストラクターが選ぶオンラインヨガ4選!

>>オンラインヨガ4社の口コミ、料金、特徴を比較解説!ヨガのプロが選ぶおすすめのサービスは?

関連記事

スタジオに通う必要がなく、スマホやPCで通信しながらオンライン上でヨガを楽しめる【オンラインヨガ】専用のスタジオがあることはご存知でしょうか? 自宅の近くにヨガスタジオがない 仕事や育児が忙しくて、なかなかスタジオに通う時間[…]

オンラインヨガ4社の口コミ、料金、特徴を比較解説!ヨガのプロが選ぶおすすめのサービスは?