マインドフルネスとは? 効果や簡単にできるやり方についてヨガインストラクターがわかりやすく解説

マインドフルネスとは
ここ数年大ブームになっている「マインドフルネス」ですが、マインドフルネスって結局、瞑想とどう違うの?呼吸法ってこと? といまいちピンときていない人が多いようです。

ここでは誰にでも簡単にわかるマインドフルネスの紹介、そして効果や初心者向けの簡単な実践方法についてご紹介。

研修にマインドフルネス?効果は?

マインドフルネスが流行っている理由は?

TVや雑誌などのメディアでもここ数年頻繁に取り上げられている「マインドフルネス」。

グーグル社やアップル社、日本でもヤフーやメルカリといったトップ企業が、マインドフルネスを社員研修などに取り入れているというニュースもよく聞くのではないでしょうか。

マインドフルネスの効果

  • ストレスの低減
  • 集中力の向上
  • 疲労の回復
  • 多幸感
  • 不安の解消

マインドフルネスで得られる効果を聞いただけでも、試してみたくなりますよね。

その絶大な効果から研修に導入されたり、実践する人が増えてたりしているのです。

結局、マインドフルネスとは何?

マインドフルネスとは何かを簡単に解説

心と頭が「一切の判断を持ち込まず、今・それ・これに集中している状態」を指す。

マインドフルネスを呼吸法や瞑想法の一つと理解している人も多いようですが、そういった手法ではありません。

瞑想の究極の目的である「無の境地」や「悟りの境地」とはちょっと違います。

ボ〜っとしている時や、例えば朝起きてからトイレに行って歯磨きをするまでの無意識で行動している状態でもありません。

今していることに極限まで集中して取り込むことがマインドフルネスの状態です。

マインドフルネスとは何かをわかりやすくする具体例

例えば今、あなたの右手を見てみてください。

「ちらっ」とみて「爪が伸びているな」で終わらせるのはなく、他のことは一切考えず、1分ほど、自分の右手をじっくり観察してみましょう。

どうですか?

例えば、薬指と人差し指の長さの違い、ささくれの様子、関節のしわの状態など、普段は気づかないような細かいことまで気がつくことができたのではないでしょうか。

また右手だけ暖かくなったり、汗ばんだ人もいるかもしれません。

しかし、そこで何に気がついたか、どのようなことが起こったかはまったく関係ありません。

自分の右手をじっとみて、そこに「善悪」「美醜」「過去未来」といった一切のジャッジがなく「ただ、ありのままの自分の右手を感じたこと」がマインドフルネスな状態なのです。

あなたの右手は良くも悪くもなく、美しくも醜くもなく、今ただ、そこに存在している。

それだけのことを感じることが、マインドフルネスなのです。

マインドフルネスの反対はマインドレス

マインドレス

「一切の判断を持ち込まず、今・それ・これに最大限に集中して取り組む」ことは、現代を生きる私たちにとって簡単にできることではありません。

私たちはすぐにマルチタスクになりがちだからです。

マインドレスの例

  • 仕事をしながら、ネットサーフィンする。
  • メールをしながら、SNS投稿する。
  • ご飯を食べながら、スマホチェックする。
  • 音楽を聴きながら、漫画を読む。

とにかくすぐに同時に二つ以上のことをしようとしがちです。

スマホがいつもそばにあることで、ほとんどの人が一つのことにじっくり取り組めてないはずです。

その証拠にトイレにまで携帯を持っていく人が圧倒的に多いですよね。

「用を足す」という行為でさえ「ながら」で行なっているのです。

食事はどうでしょう?

昨日の夕食の内容をスラスラ思い出せるのであれば、その食事はマインドフルに楽しめていたのでしょう。

もし覚えていないのであれば、テレビを見ながら、あるいはスマホをいじりながら食べていたのではないでしょうか。

マインドレスのデメリット

マルチタスクような散漫な行動によって起こる弊害は「脳疲労」です。

本来、脳は同時に二つのことが処理できないように、作られているといいます。

2つのことを同時にやることは、やっているようで実はやれていない、あるいは相当な負荷を脳にかけているのです。

無意識にでもマルチタスクで何かを行うことで、脳はいつもオーバーヒート状態。

多くの現代人が抱えている不定愁訴がマインドレスによって生じると考えられているのです。

マインドレスのデメリット

  • なんだかイライラする。
  • ケアレスミスが増える。
  • 物忘れが多くなる。
  • 不安になる。
  • 睡眠障害が起こる。
  • 自律神経が乱れる。

物事に取り組むときに「マインドフル(そのことだけにフォーカスして取り組む)」ではなく「マインドレス(マルチタスクで、どちらにも心がそこにない散漫な状態)」な状態だと、私たちの脳はパフォーマンスが低下し、心の幸福度も低下するようになっています。

マインドフルネスの実践方法とは?

マインドフルネスの実践方法、瞑想、呼吸法とはどう違うの?

マインドフルネスは、練習して身につけていくことができます。

様々なマインドフルネスのやり方

マインドフルネスな食事のやり方

  1. まずスマホをどこか遠くに置く。
  2. 食事をじっくり目で味わう。
  3. 静かに、一口ずつ箸を置きながら、しっかり咀嚼してゆっくり味わって食べる。

マインドフルネスな呼吸のやり方

  1. 目をつぶる。
  2. 背筋を伸ばして座る。
  3. 3つ数えながら息を吸う
  4. 2つ数えながら息を止める。
  5. 5つ数えながら息を吐く。

マインドフルネスな瞑想のやり方

  1. 目を閉じで座る。
  2. 頭に浮かぶ概念をただ、映画のように見ていく。

マインドフルネスウォークのやり方

  1. 足の使い方に意識を向ける。
  2. 歩数を数えながら歩く。

これら全てがマインドフルネスの練習になります。

呼吸法や瞑想と組み合わせると、マインドフルネスを体感しやすくなるのです。

なかでも、呼吸法を組み合わせれば数分でマインドフルネスの状態に入りやすいので、その時の脳のスッキリ感や、カラダのサッパリ感も体感しやすいでしょう。

あるいは女性にはヨガをしている時はマインドフルネスになりやすい、メイクや料理をしているときにマインドフルネスになれる、という人も多いです。

マインドフルネスウォーク(別名:歩く瞑想)の詳しいやり方はコチラの記事で

関連記事

仕事でも勉強でも、できる人は集中力を発揮していますよね。 ただ、集中力がない人にとって、そもそもどうやって集中をすればいいのか分からないなんてことはありませんか。 この記事では、実践したことで年収が8.1倍になったという声もある[…]

集中力を高めるには歩く瞑想

「今、ここ」には悩みはない

私たちの悩みや不安は過去か未来に存在していて、「今、ここ」には存在していません。

「今、ここ」は「過去の後悔」や「未来の不安」とは本来別のものなのに、これをくっつけてしまうと「今、ここ」も悩ましいものになってしまうのです。

マインドフルネスを実践すると「過去」や「未来」はともかく、「今、ここ」は平穏で幸せであることに気がつくことができます。

それを蓄積していくと、脳も心もどんどんハッピーになっていくでしょう。

マインドフルネスを実践しよう

「今、ここ」には悩みはない

様々な効果が期待できるマインドフルネス。

「一切の判断を持ち込まず、今・それ・これに最大限に集中して取り組む」というマインドフルネスの状態に持っていくのは、簡単なことではありません。

ですが、まずは食事をしながらのスマホをやめてみる、トイレにスマホを持ち込まないといった簡単なことから実践してみると、マインドフルネスが体感できるようになるでしょう。

ヨガインストラクターが選ぶオンラインヨガ4選!

>>オンラインヨガ4社の口コミ、料金、特徴を比較解説!ヨガのプロが選ぶおすすめのサービスは?

関連記事

スタジオに通う必要がなく、スマホやPCで通信しながらオンライン上でヨガを楽しめる【オンラインヨガ】専用のスタジオがあることはご存知でしょうか? 自宅の近くにヨガスタジオがない 仕事や育児が忙しくて、なかなかスタジオに通う時間[…]

オンラインヨガ4社の口コミ、料金、特徴を比較解説!ヨガのプロが選ぶおすすめのサービスは?