下っ腹の脂肪が落ちない原因は?下っ腹の贅肉を落とすエクササイズヨガ2選

下っ腹の脂肪が落ちない原因は?下っ腹の贅肉を落とすエクササイズヨガ2選
下腹の脂肪を摘んでは「もう歳だからしょうがない」「子どもを産んだのだから立派な勲章!」なんて開き直っている方も少なくないようですが、実はこの下腹の贅肉、正しいケアで年齢に関わらずすっきり落とすことができるのです。

しかも激しい運動ではなく、日頃の呼吸法や簡単なヨガでしっかりとした「くびれ」まで作ることができるので、ぜひこの記事を読んでお試しくださいね。

下腹に贅肉がつく原因は大きく3つ

下腹に贅肉がつく原因は大きく3つ

下腹の贅肉を「ラブ・ハンドル」なんてロマンティックな呼び名をつけて、諦めるはまだ早いですよ。

腕や脚はほっそりしていても下腹にばかりお肉がつくのは年齢の問題なのでしょうか?違います。

実は、下腹にお肉がつく理由は

  1. 姿勢の悪さ
  2. お腹のインナーマッスルの不活性
  3. 砂糖や小麦製品の摂りすぎ

これら3つの原因が考えられます。

下腹の贅肉は姿勢の悪さの警告!

そもそも姿勢が良い人は、体重に関係なく下腹に掴めるような肉はつきません。

下腹にお肉がついていると感じているのであれば、今あなたの「おへそ」はどんな形をしていますか?

おへそが横長に潰れているようであれば、間違いなく姿勢が悪く、下腹に贅肉がついているはずです。

逆に、おへそが綺麗な円か縦長の形をしていれば、姿勢もよく、下腹のお肉など気にならないはずです。

姿勢が悪いとそれだけでお腹は潰れ、本来ならくびれができる肋骨と骨盤の間のスペースも小さくなってしまいます。

そうなると、くびれのできる空間がなくなるだけでなく、潰されているエリア(内臓含む)の動きや血流、代謝も悪くなり、その下にある内臓(腸など)も当然動きが不活性になり、どんどん贅肉がついてしまうのです。

下腹の贅肉は、姿勢が良ければつかない!

下腹の贅肉は姿勢の悪さの警告!これだけは頭に入れておきましょう。

お腹のインナーマッスルの不活性

これは上述した姿勢の悪さと繋がる話ですが、姿勢が悪いとお腹の奥にあるインナーマッスルはほぼ使われていない状態になります。

そうなると、お腹周りに脂肪がつくだけでなく、排便の力も弱くなるので便秘も起こりやすくなります。

また、お腹のインナーマッスルは姿勢筋と言い換えられるほど、姿勢を維持するのに欠かせない筋肉です。

姿勢を正しくしてもすぐに猫背に戻ってしまう、すぐに疲れてしまうということであれば、明らかにインナーマッスルが働いていません。

お腹のインナーマッスルは腹筋運動などしなくても、日頃から「正しい姿勢を維持しておくこと」「腹式呼吸をすること」で自然についていきますので、姿勢と深い呼吸を意識してみてください。

砂糖や小麦の摂りすぎ

姿勢も正しく、呼吸も意識しているのに、加齢と共にどうも下腹に贅肉がついてきたという方は、食事を見直すサインです。

砂糖や小麦は血糖値を急激に上昇させますが、これによって内臓脂肪が付きやすくなります。

内臓脂肪の蓄積は大腸や小腸にも起こるので、あまりに下腹だけ贅肉が取れない場合は、食事の見直しを行うのが最適です。

砂糖を経つシュガーフリーや、小麦を断つグルテンフリーで下腹の贅肉がごっそり落ちるケースは多いですが、問題はこの食生活を長期間続けるのはやはりなかなか難しいことです。

ですので、まずは量を減らす、あるいは1日3食のうち1食をシュガーフリーやグリテンフリーにするなどのゆるい調整を取り入れることをおすすめします。

>>糖質制限ダイエットにオススメの食事メニューを管理栄養士が専門的に徹底解説

関連記事

”糖質制限ダイエット”は、今では一般的なダイエットにもなりつつあります。 しかし、糖質を制限することは分かっても代わりに何を食べればいいのか。 糖質制限にはここを意識してしたい!という栄養素を、管理栄養士の目線で解説します。 カラダに[…]

糖質制限ダイエットにオススメの食事メニューを管理栄養士が専門的に徹底解説

下腹の贅肉に効果的なヨガのポーズ2選

では、ヨガのポーズでも下腹に効果的なポーズを2つご紹介しましょう。

ウエストを作り、インナーマッスルを刺激するワニのポーズ

ウエストを作り、インナーマッスルを刺激するワニのポーズ

「ワニのポーズ」やり方

  1. 仰向けになる。
  2. 右ひざを曲げながら持ち上げ、右足の裏を左の膝上にのせる。
  3. 右手は床に置いたまま、左手を右膝の外側に添える。
  4. 息を吐きながら右膝を左床に倒す。
  5. 顔は楽な方に向けてOK
  6. 呼吸を感じながら、特に息を吐きながら背骨を頭の方向に向かって下から上にねじりあげるようなイメージでゆっくり息を吐ききるようにする。5〜10の呼吸をとったら、反対側も同様に行う。

このポーズは、呼吸を意識しながら左右合計3分程度行うと効果的です。

息を吸う時お腹は胸を膨らませ、吐く時に会陰からお腹の奥を絞り上げるようにし、肋骨の下を締めていくとウエストがキュッと作られます。

内臓を持ち上げる猫のあくびのポーズ

内臓を持ち上げる猫のあくびのポーズ

「猫のあくびのポーズ」やり方

  1. 四つん這いになる
  2. 膝とお尻の位置を変えずに両手を少しずつ前に歩かせる
  3. 肘がピンと伸びたところで、一度おでこをつけてみる
  4. そこからさらに少しずつ両手を前方へ伸ばしあご、脇の下、胸を順番に可能な範囲で床に降ろして預ける
  5. 慣れるまではおでこをつけるところまでで十分。毎日続けることで徐々に胸まで床に預けられるようになる。
  6. その日の自分の位置が決まったら、動きを止めて2〜3回、内臓が動くのを確認しながら深呼吸
  7. ゆっくりと正座に戻る

このポーズは下腹部を引き締め流だけでなく、「ぶら下がり健康機」に体をぶら下げたときのように、上半身をしなやかに伸ばすことができるポーズです。

内臓のポジションや背骨のポジションを正しくリセットし、上半身の代謝を上げ、また肩から腕にかけての疲労も解消してくれます。

デスクワークの人には特にオススメのストレッチです。

寝る前にこれだけを続けても効果が得られると思います。

下っ腹の脂肪が落ちない原因は?下っ腹の贅肉を落とすエクササイズヨガ2選まとめ

下っ腹の脂肪が落ちない原因は?下っ腹の贅肉を落とすエクササイズヨガ2選まとめ

下腹のお肉は腰回りのもたつきにもつながります。

姿勢を整えるだけで下腹のお肉はつきにくくなりますし、呼吸も深くなるので、一石二鳥以上の効果が得られます。

下腹をつかんでため息をつくのではなく、自分をもっと健康にする良いチャンスだと思って、姿勢や食べ物を見直してみてくださいね。

>>お腹痩せダイエットにオススメなおうちヨガ!即効でぽっこりお腹をへこますヨガポーズ3選

関連記事

お腹に手を当ててさすってみたり、脇腹あたりをつまんでみたり……。 「ちょっと太ったかも!」というとき、真っ先に“お腹まわり”を気にする人は多いでしょう。 確かにお腹まわりは体型の変化が分かりやすい部分。見たり触れたりすることでは[…]

お腹痩せダイエットにオススメなおうちヨガ!即効でぽっこりお腹をへこますヨガポーズ3選

ヨガインストラクターが選ぶオンラインヨガ4選!

>>オンラインヨガ4社の口コミ、料金、特徴を比較解説!ヨガのプロが選ぶおすすめのサービスは?

関連記事

スタジオに通う必要がなく、スマホやPCで通信しながらオンライン上でヨガを楽しめる【オンラインヨガ】専用のスタジオがあることはご存知でしょうか? 自宅の近くにヨガスタジオがない 仕事や育児が忙しくて、なかなかスタジオに通う時間[…]

オンラインヨガ4社の口コミ、料金、特徴を比較解説!ヨガのプロが選ぶおすすめのサービスは?