太ももが痩せないと悩んでいる人に!ヨガで太ももを細くする方法!ヨガポーズ3選

太もも痩せるヨガ
ぴったりしたジーンズを履きたくても、太ももやお尻に自信がないと、ちょっとためらってしまいますよね。

これから寒い季節になり、カラダはさらにお肉を蓄えようとしてしまいます。

久しぶりに履こうとしたスキニージーンズが入らない!なんてことにならないように、太もも痩せ対策をしていきましょう。

これからご紹介するのは、ヨガで太ももが細くなる方法。太ももの引きしめに効果があるヨガポーズ を3選をご紹介します。

なぜ太ももは痩せにくいの?対策は?

太ももが痩せない理由と痩せるヨガ

太ももが痩せにくい理由は人それぞれ。

いくつかのパターンを見て、自分にあてはまる原因と対策を見つけましょう。

原因①:座っている事が多い

デスクワークや勉強など、日常的に一日の大半をイスに座って過ごす、なんて人は多いはず。

ずっと座ってばかりでは股関節まわりの血流やリンパの流れが悪くなり、冷えて代謝が悪化してしまいます。

結果、太ももの脂肪も燃焼しにくくなってしまい、むくみの原因にもなるのです。

対策

デスクワークの合間に立って歩く時間をつくるなど、股関節まわりの血液の循環をうながしてあげる必要があります。

後でご紹介する三日月のポーズ花輪のポーズなどで股関節まわりをストレッチするのがオススメ。

原因②:骨盤の歪み

足を組む、頬づえをつくなど、日常のちょっとしたクセから骨盤は歪みやすいもの。

また、ヒールが高い靴も前傾の姿勢で歩くことで骨盤の歪みの原因に。

骨盤が歪むと下半身の血流が悪くなり、冷えや脂肪がつく悪循環をうみだします。

対策

お風呂上がりなどに数分でできる、ねじりのポーズ三日月のポーズで骨盤を整えるのがオススメ。

骨盤の歪みが直ると、太ももが痩せやすくなるだけでなく、下半身の血流がよくなり冷え性の改善にもつながります。

関連記事

夏になると薄着になるので、ボディラインが気になってくる人も多いのではないでしょうか? キレイなボディラインを手に入れるのに大事なのが骨盤の歪みを整えること。 美脚効果やキレイなくびれをつくるのに骨盤の調整はすごく効果的なんです。[…]

骨盤の歪みはヨガで調整しよう

原因③:筋力の低下

ほかにも、運動不足による筋力の低下も太ももが痩せにくい理由のひとつ。

筋肉が少ないと代謝が上がらず、脂肪がつきやすく燃焼しにくい太ももになってしまいます。

対策

日常生活でなるべく歩いたり、あえて階段を上り下りするのを心がけるといいでしょう。

三日月のポーズ花輪のポーズも太ももの筋肉強化に効果があります。

原因④:筋肉のつき過ぎ

太ももは筋肉がつきやすい場所でもあります。

日常的に運動している場合は筋肉のつき過ぎも太もも太りの原因のひとつ。

筆者もどちらかと言うとこのタイプが当てはまります。

日常的に運動はしているものの、運動後のクールダウンなどをおろそかにしてしまい太ももがパンパンになりがちなのです。

対策

使い過ぎでパンパンになり、凝ってしまった筋肉を伸ばし、ほぐしてあげる必要があります。

運動後にちゃんとクールダウンをすること、三日月のポーズ花輪のポーズねじりのポーズどれも太もものほぐし、ストレッチにオススメです。

ヨガが太ももを細くするのに効果的な方法である理由

ヨガはゆっくりとした呼吸と共にゆっくりと筋肉を伸ばし、普段は動かさないカラダの部分を動かしてくれます。

血液の循環、リンパの流れを改善しながら、ほどよい筋肉がつき全身の代謝をよくしてくれるのです。

筋肉を伸ばしながら鍛えてくれるものが多いヨガのポーズ。

筆者のように他の運動をしている方もヨガエクササイズを取り入れることで、使い過ぎで固まってしまった筋肉のほぐしにも効果があります。

関連記事

きゅっと引き締まったふくらはぎは、美脚に見せてくれる大事な要素ですね。 今回は、ふくらはぎを引きしめる簡単なヨガポーズをご紹介していきます。 ふくらはぎは、太ももに比べてすぐに変化が現れるパーツ。 1週間で-2cmも夢じゃ[…]

ふくらはぎ引き締めに効果的なヨガポーズ3選

太ももを細くするのに効果的なヨガポーズ3選

太ももや骨盤まわりの血流を促し、太もも痩せに効果的なヨガポーズを3選ご紹介します。

三日月のポーズ

股関節を大きく開き、股関節まわりの血流、リンパの流れの促進に効果があるポーズ。

太ももの引きしめ、生理痛にも効果があります。

三日月のポーズのやり方

  1. 四つんばいになる。三日月のポーズ①
  2. 右足を大きく一歩、手と手の間に踏み込み、右足を90度まで曲げる。三日月のポーズ②

    ポイント

    ヒザに痛みがでる場合はヒザの下にタオルなどを敷いてやりましょう。

  3. ゆっくり両手を右ももの上に持っていく。ここで何度かゆっくり呼吸する。三日月のポーズ③

    ポイント

    息を吐くときに骨盤を1mmくらい床に近づけるイメージを持ち、骨盤がゆるむのを意識しましょう。

  4. そっと両手を床に下ろし、四つんばいに戻る。
  5. 反対側も同じようにやる。

花輪のポーズ

股関節の柔軟性を高めてくれるポーズで、「安産のポーズ」とも言われています。

太ももの筋肉をストレッチしながら強めるので引き締め効果があります。

花輪のポーズのやり方

  1. 両手を胸の前で合掌し、肩幅くらいに足を開く。花輪のポーズ①

    ポイント

    足先は45度くらい外に開きます。

  2. スクワットし、ヒジとモモをくっつけて押し合う。花輪のポーズ②

    ポイント

    ヒジと太ももを押し合うことで、太もも、腹筋を刺激しながら股関節を開いていきます。

    押し合う反発を利用して、背骨をまっすぐにのばし、骨盤を正しい位置に保ちながら行いましょう。

  3. そのままゆっくりと数回深呼吸。
  4. ゆっくり①に戻る。

ねじりのポーズ

普段あまりやらないねじるという行為。

胴体をねじることで内臓を刺激し、血流を良くします。

股関節の矯正にも効果あり。

ねじりのポーズのやり方

  1. ヒザを立てて座り、左のヒザは床に倒しておへその前にくるようにもっていく。ねじりのポーズ①
  2. 右足を自分の左側に持っていき、足を左の太ももに引っかける。一方で、右手は後ろの床を支えたまま、胴体を右にねじり、左のヒジを右の足に引っかける。ねじりのポーズ②
  3. 引っかけた肘と右足を押しあいながら、ゆっくり呼吸をする。ねじりのポーズ③

    ポイント

    ヒジと足を押し合うことで胴体がねじれます。

    息を吐くときカラダが緩むのを利用して更にねじっていきます。

  4. 終わったら手足を解放し、反対も同じようにやる。

ヨガで引き締まった太ももを手に入れよう

太もも痩せを手に入れよう

ヨガは血行促進や代謝アップにとても効果的なもの。

今回ご紹介した3つのポーズは特に股関節まわりや下半身の血液、リンパの流れを助けてくれるポーズです。

太もも痩せに効果的な3つのヨガポーズ

太もも痩せに最適なものだけをピックアップしたので、ぜひ試してみてください。

これから寒くなり運動量が減りやすい季節。早めに対策をし、引き締まった太ももをキープしましょう。