足のむくみがひどい時はヨガでスッキリ!イスに座ったままの簡単ヨガポーズで足のむくみを取り除こう

足がむくに効果的なヨガ
足のむくみがひどく、悩まされている女性は多いもの。

足のむくみは美脚の大敵ですよね。

そこで今回は足のむくみ解消に効果的なイスに座ったままできる簡単なヨガポーズを3つご紹介します。

足のむくみをヨガでスッキリさせちゃいましょう。

足がむくみやすいのはなぜ?

足がむくむ原因は重力と水分、デスクワーク

会社から帰るときパンプスがきつい、靴下を脱ぐとあとがくっきり残る、足がだるく疲労感がとれない、など。

つらい足のむくみですが、原因には大きく分けて3つあります。

原因①:心臓と重力

足は心臓から一番遠い位置にあり、血流は低下してしまいがち。

足先が冷えやすいのも同じ理由です。

加えて重力が加わり、カラダの水分は下半身にたまってしまい、むくみの原因になってしまうのです。

原因②:デスクワークで一日中座ったまま

一日中ずっと座ったまま、同じ格好でいるのも足のむくみの原因のひとつ。

足を動かさないことで、リンパや血液の循環が悪くなり、老廃物や水分がたまってしまうのです。

また座っているとヒザの裏、そけい部などのリンパ節が圧迫され、リンパの流れを滞らせます。

原因③:塩分の取り過ぎ

塩分のとりすぎも、むくみによくありません。

仕事が終わって疲れているとラーメンやポテトチップスなど、遅い時間に塩分をとってしまいがちに。

すると、カラダが塩分濃度を薄めようとして水分を溜め込もうとします。

結果、むくみの原因になるのです。

足のむくみ解決策

足のむくみ対策はリンパを流すこと

リンパの流れをよくしてあげることで足のむくみは解消されます。

リンパ液、リンパ節、リンパ管の総称のこと。
血液は心臓のようなポンプの役割で流してくれるものがあるが、リンパにはないため運動やマッサージなどで流してあげないと滞る。

リンパ液
体液のひとつで、老廃物などを回収してくれる。
リンパ管
リンパ液が流れる管のこと。
リンパ節
老廃物が流れ着くゴミ箱のような役割をしている。

リンパの流れをよくするのには、足をマッサージしたり、お風呂に入ることも効果的です。

ですが、カラダを動かしてあげることで、リンパが流れやすいカラダに改善していくのが理想的でしょう。

足のむくみを解消するためにリンパを流すのにオススメのヨガポーズをご紹介します。

足のむくみを解消!座ったままのヨガポーズ3選

イスに座ったままできるヨガポーズで、滞ったリンパの流れをよくしてあげましょう。

半分の蓮華座(れんげざ)のポーズ

座った形がハスの花のかたちに似ていたことから蓮華座のポーズと呼ばれているポーズ。

今回はイスに座って、片足ずつやる方法をご紹介しましょう。

股関節を開くことで下半身の血流の改善に効果があり、生理痛などにも効果があると言われています。

半分の蓮華座のやり方

  1. 背筋をまっすぐにしてイスに座り、右足は床につけたまま、左足を右足のヒザの上か、できたらなるべく左足の付け根の近くに持ってくる。
  2. 息をゆっくり吸って、ゆっくりと吐きながら前に胴体を倒す。背筋は丸くならないようにする。
  3. ゆっくり左足を解放したら、右足も同じようにする。

ポイント

曲げた方の足の股関節を開きながら、下の足の付け根に足を置くことでリンパ節が押されリンパの刺激にもなります。

太もものストレッチにも効果あり。

本来は写真のように、床で両足を一度にやるのが蓮華座のポーズです。

関連記事

ツラい生理痛に悩む女性はとても多いもの。 「体質だから仕方ない」と放っておいていませんか? 今回ご紹介するのは、生理痛の予防と緩和に役立つ呼吸法。 実は、生理痛はしっかり予防する方法は、とても簡単で誰でも取り入れることがで[…]

生理痛を予防・緩和する呼吸法

サギのポーズ

ポーズの形がサギが首を伸ばした姿に似ていることから、サギのポーズと名前がついたと言われています。

サギのポーズは特にヒザの裏のリンパを流し、ハムストリングのストレッチにも効果があります。

むくみの改善以外にも足の引き締め、美脚効果のあるポーズです。

サギのポーズのやり方

  1. 右足は床につけたまま、左足を曲げ足の裏、もしくは足首、ふくらはぎをつかむ。
  2. ゆっくり息を吐きながら、壁を押すような感じで足の裏を遠くに押して伸びるところまで伸ばしていく。
  3. ゆっくり元に戻し、反対も同じようにやる。

ポイント

イスにスペースがある場合は、残りの足を床につける代わりに足が外にくるようにヒザをイスの上で曲げて行うとより効果的です。

関連記事

きゅっと引き締まったふくらはぎは、美脚に見せてくれる大事な要素ですね。 今回は、ふくらはぎを引きしめる簡単なヨガポーズをご紹介していきます。 ふくらはぎは、太ももに比べてすぐに変化が現れるパーツ。 1週間で-2cmも夢じゃ[…]

ふくらはぎ引き締めに効果的なヨガポーズ3選

かんぬきのポーズ

門のポーズとも呼ばれ、扉や門につけるかんぬきが名前の由来のポーズ。

体側と股関節まわりのストレッチに効果があり、股関節の矯正にもつながると言われています。

かんぬきのポーズのやり方

  1. 左足は床につけたまま、右足を横に向けて伸ばす。このとき足先とヒザが外を向いているように。
  2. 息をゆっくり吸いながら左手を上にあげ、ゆっくり吐きながら右にたおす。右手はイスを押さえて支えにする。
  3. このまま数回ゆっくり呼吸する。
  4. 反対も同じようにやる。

ポイント

傾くときに背中が丸まらないように要注意。

呼吸をしながらカラダの横が伸びるのを意識しましょう。

ワキのリンパの流れの改善にも効果があります。

床で行う時は写真のように立ちヒザで行います。

足のむくみはヨガでスッキリ!

ヨガで足のむくみスッキリ

重力、水分、リンパの流れ、さまざまな理由が重なり、足はとてもむくみやすいもの。

今回紹介した3つのできるヨガポーズはイスの上でもできるので、仕事の合間に数分でできてしまいます。

休憩時間などにできるお手軽なものです。

家でゆっくりやりたい場合は床でやるバージョンをやってもいいですね。

簡単ヨガポーズでむくみをスッキリさせ、すらっとした美脚になっちゃいましょう。

関連記事

細く、スラッとしている美脚は男性にとっても、女性にとっても憧れですよね。 特に夏場は足を見せるファッションが主流。 そこでワンピースやスキニージーンズをかっこよく着こなせる、足やせに効果的なヨガのポーズについて紹介していきます。[…]

足をスラッと細くするためのヨガポーズを紹介