生理を早める・遅らせる食べ物があるって本当?月経を移動させたいならピルをうまく活用しよう

痩せる食生活
夏になると海やプール、旅行などイベントごとが盛り沢山。

しかし、女性は生理がかぶったらどうしよう…と予定も組みづらいものです。

生理を「早める・遅らせる」といったコントロールができるのか。

どうしたらいいのか、カラダになるべく負担をかけない方法を考えてみましょう。

生理を早める食べ物があるって本当?

生理を早める食べ物があるって本当?

もし、薬を飲まなくても生理のコントロールができるのであれば、自然に生理のスケジュール調整を行いたいものです。

しかし、実際のところは生理のコントロールを食べ物で行うことは不可能です。

ビタミンCを取ると生理を早めるなどの情報を耳にすることもありますが、これは根拠がないものです。

生理を早めるための医学的根拠を持つ食べ物は、存在しないのです。

確実に生理日の調整を行いたい場合は、病院を受診し、ピルの処方をしてもらうことが必要です。

食べ物で生理日を調整することは難しいですが、ピルを使用するにあたっての必要な食事の知識を身につけておきましょう。

ピルの正しい飲み方や使用方法については、お医者さんに尋ねてもらうのが一番ですので正しい処方を必ず受けてください。

生理を早めることができるピルって一体どんなもの?

生理を早めることができるピルって一体どんなもの?

ピルを日常的に飲んでいる方は、避妊目的、月経痛がひどい方、子宮内膜症、生理不順の方など事情はさまざまです。

わたし自身も客室乗務員時代には不規則な生活が続いていたため、ホルモンバランスが悪くなり、ピルを服用していた時期もありました。

なぜピルを飲むと生理をコントロールできるのか?

それはエストロゲンとプロゲステロンという2つの女性ホルモンのはたらきによって、妊娠したと脳が感知して生理のコントロールを行っているためです。

その結果、排卵が抑制されて、生理が起こらない状態を作り出してくれます。

ピルの服用を中止すれば、排卵は促進されるため生理を誘発してくれるというのがピルの役割でもあります。

つまり、ピルを飲むタイミングをうまく利用することで生理の調整を行なってくれるのが生理を早める、遅らせることに関係します。

イベントや予定に合わせて生理を調整できるピルは大変便利でもありますが、ピルを飲む場合に食事で気をつけるべきことについて次項お話ししていきましょう。

生理を早めるためにピルを服用するとビタミンが不足する

美肌になる食べ物ランキング

ピルは、月経困難や生理痛緩和、月経移動のために一時的にも使われたりと便利な薬剤です。

しかし、ピルを飲むことで不足する栄養素があることも知っていますでしょうか。

ピルを飲むことで不足する栄養素はビタミンB群です。

その中でも、不足するのがビタミンB6です。

ピルを服用すると、アミノ酸のひとつであるトリプトファンの代謝が乱れます。

トリプトファンの正常な代謝には、ビタミンB6濃度が必要になります。

ピルを飲んでいる人と飲んでいない人では、飲んでいない時に比べて50〜100倍もビタミンB6が必要といわれています。

さらにこのトリプトファンの代謝が乱れてしまうと、精神的に情緒不安定になったり、神経が過敏になることによって落ち込みが激しくなることもあります。

もしも、ピルを飲み始めてから気分が沈むなという状態があるようでしたら、ビタミンB群(とくにビタミンB6)の不足を疑ってみてください。

ビタミンB6不足にオススメしたい食べ物

ピルを飲むとビタミンB6が不足しがちとなりますが、ではどういった食べ物を食べた方が良いでしょうか。

ビタミンB6は、肉や魚に含まれていることが多いです。

ピルを飲むと太りやすいという噂がありましたが、これも根拠が確立されていません。

ピルを飲むと太るのでは…と懸念して食事を疎かにしてしまう方もいますが、そういったことをしているとビタミンB群の不足を招いてしまうので注意しておきましょう。

ビタミンB6を多く含む食べ物

ビタミンB6を多く含む食べ物

  • かつお
  • まぐろ
  • レバー
  • さんま
  • バナナ
  • さば
  • さけ
  • さつまいも
  • にんにく
  • 納豆

生理中にオススメしたい食べ物はこちら!

関連記事

みなさんは生理中に食欲旺盛で食べ過ぎてしまうタイプですか? もしくは頭痛や腹痛で食欲がなくなってしまうタイプでしょうか。 ひとことで生理中の体調といっても、実は人によって真逆なこともあります。 今回は、生理中に食欲がない方[…]

生理痛を予防・緩和する呼吸法
関連記事

ツライ生理痛をやわらげるカギは、血流にあることをご存知でしょうか? 今回は、ヨガインストラクターの筆者が、生理痛のメカニズムから悪化させる食べ物と和らげる食べ物をご紹介していきます。 痛み止めの薬に頼る前に、食事の改善をしてみま[…]

生理痛にオススメな食べものをご紹介

生理を早めるときのオススメなレシピ

魚やお肉をしっかり食べていると、ビタミンB6不足は比較的防げますが女性にも食べやすいレシピを紹介します。

マグロとアボカドのわさびマヨネーズ和え(2人前)
  • マグロの刺身:100g
  • 塩こしょう:少々
  • アボカド:1個
  • レモン汁:小さじ2
  • 玉ねぎ:30g
  • マヨネーズ:大さじ1.5
  • しょうゆ:大さじ1
  • わさび:お好み量
    1. マグロを1cm角に切り、塩こしょうをする。
    2. アボカドも食べやすい大きさに切って、レモン汁を浸す。
    3. 玉ねぎはみじん切り。
    4. 全ての材料を合わせて、盛り付ける。

和えるだけの簡単メニューです。

女性はアボカド好きな方も多いので、時間があるときに作って冷蔵庫に入れておいてもいいですよね。

生理を早めるためには、食べ物で体調も整えておきましょう

ボルスターを使ったチャイルドポーズで生理対策

ピルで生理を調整するのは、とても便利ではあります。

しかし、自分勝手にピルの服用することは危険!

必ずお医者さんの指示通りの服用し、無理のないように行なっていきましょう。

それと同時に、ピルで不足してしまう栄養素を補うことで体の負担を軽減してあげましょう。

ヨガインストラクターが選ぶオンラインヨガ4選!

>>オンラインヨガ4社の口コミ、料金、特徴を比較解説!ヨガのプロが選ぶおすすめのサービスは?

関連記事

スタジオに通う必要がなく、スマホやPCで通信しながらオンライン上でヨガを楽しめる【オンラインヨガ】専用のスタジオがあることはご存知でしょうか? 自宅の近くにヨガスタジオがない 仕事や育児が忙しくて、なかなかスタジオに通う時間[…]

オンラインヨガ4社の口コミ、料金、特徴を比較解説!ヨガのプロが選ぶおすすめのサービスは?