管理栄養士がオススメする「やせるミソ汁」!?簡単につくれるミソ汁でやせよう!

痩せる味噌汁
ミソ汁は、昔から日本人に親しまれている料理の一つです。

”一汁三菜”と言葉があるように、汁物自体が1食に欠かせないメニューにもなってます。

そんな中、毎日のように摂取している汁物がミソ汁です。

ミソ汁を上手く利用し、やせるためのアドバイスを管理栄養士がご紹介します。

ミソ汁に含まれるやせる成分とは?

ミソ汁に含まれる痩せる成分とは

ミソは、万能的な効果から「医者いらず」ともいわれています。

そんなミソの”カラダに良いはたらき”をお伝えしていきましょう。

ミソの原料になる大豆には様々な成分が含まれています。

大豆のカラダにいい成分

  • レシチン
  • 植物性ステロール
  • サポニン
  • 食物繊維
  • ペプチド
  • ビタミンE
  • リノール酸
  • イソフラボン

これらの成分のおかげで、

  • コレステロールの抑制
  • 老化抑制
  • 便通改善
  • 女性ホルモンの安定

といったカラダに良いはたらきがあるのです。

それだけではありません。

食物繊維による血糖値上昇抑制・便通作用、イソフラボンによる更年期症状の抑制効果によって、やせる効果もあります。

ミソ汁はカラダにいい食べ物ということですね。

関連記事

冬になると、寒くなり動かなくなるにもかかわらず、食欲は増してきますよね。 そして飲み会が多いこの季節、冬太りを気にされる方も多いと思います。 冬太りを春まで持ちこさずに、健康的にダイエットしてみましょう。 食べない=ダイエット[…]

減量

ミソ汁でやせるためのポイント

痩せるミソ汁の秘密はみそ

ミソ汁がダイエットにいい秘密はミソにあるわけですが、”ミソの種類と具材”に注目することで、さらなる効果が期待できます。

やせるミソの種類

ミソには、「白ミソ」「赤ミソ」「合わせミソ」の3種類が主流となっています。

やせることを目的とした場合、選びたいミソはどれでしょうか。

ずばり、やせる効果が一番高いのは「赤ミソ」を使ったミソ汁です。

赤ミソには、褐色色素のメラノイジンというやせる成分が含まれてます。

メラノイジンの効果

抗酸化作用としてはたらき、脂肪燃焼を促してくれる。

メラノイジンは赤ミソにだけ含まれている成分ではないので、もちろん白ミソや合わせミソにも含まれています。

ただ、褐色色素というだけあって、赤ミソが最も豊富に含まれています。

今まで赤ミソを選んでこなかった方は、1つの選択肢として考えてみてはいかがでしょうか。

やせるのにオススメな具材

具材の選定でも、さらにやせるミソ汁を作ることができます。

ミソ汁の具材は、豆腐・わかめ・しじみ・油揚げ・ねぎ・きのこ・にんじんなど。

野菜や海藻類が豊富に含まれているため、何をとっても実はおすすめです。

その中でも、ポイントとして抑えておきたい事項をお伝えします。

ポイント①:炭水化物(いも類)の多いものは避ける
じゃがいも・さつまいも・かぼちゃといった、炭水化物が豊富ないも類をふんだんに使用していると、太る要因となりかねません。
ポイント②:種類豊富に摂取する
良い食材はたくさん摂取したいところですが、食材というのは組み合わせやバランスも大切です。

同じ組み合わせでなく、豊富に摂取することで相乗効果も高まります。

ポイント③:たんぱく質を具材として入れる
豆腐はミソ汁の定番でもありますが、他にもたんぱく質源となる肉や魚を入れてみましょう。

そうすると、汁物としてだけでなく主菜の代わりになるような取り方もできます。

ミソ汁でやせるために注意しておきたいこと

痩せるミソ汁でも塩分のとりすぎに注意

ミソ汁は栄養が豊富で、やせる目的にも利用できます。

しかし、注意しておきたい点が1つ!

ポイント
”塩分のとりすぎには注意”

ミソは、塩分が多い調味料でもあります。

必要以上にミソ汁を飲んでいると塩分のとりすぎにつながり、むくみの原因にもなりかねません。

目安というのが難しくなりますが、高血圧症の方は医師と相談しておきましょう。

健常者の場合、1日を通して塩分はとりすぎてないかな?とバランスを再確認しておくことは必要になりますね。

「塩分をとりすぎているかも」と思う場合は、スープを最後まで飲み干さないという工夫をしてみるといいです。

減塩ミソも種類が豊富に販売されているため、1つの選択肢としてみるのもいいかもしれません。

手軽にミソ汁を作りましょう

手軽にミソ汁を作りましょう

それでは、さっそく一人暮らしでも簡単にできるミソ汁の作り方をご紹介します。

なるべく手間がかからないようにすることが、ダイエットに大事な継続につながっていきます。

<材料>

ミソ:小さじ2

鰹節:小さじ1

上記にお湯と具を入れて混ぜるだけ。

ポイント

具を乾物や香味野菜とすること

乾燥わかめ、麩、とろろ昆布、乾燥あおさ、みょうが、長ネギなどを具材に入れることでお湯をそそぐだけで調理できます。

逆に、にんじん、大根、じゃがいもなど火を通さなければいけないものに関しては作るのにひと手間かかりますので、一人暮らしにはオススメしません。

インスタントのミソ汁も販売しており、手軽に摂取できます。

しかし、インスタントのミソ汁は具材が少ないことや偏りも生じてしまうため、手作りに越したことはありません。

ライフスタイルに応じて、あなたなりの摂取方法を考えてみましょう。

関連記事

ヨガで「ダイエットに成功した」という人と、「やせない」という人がいますが、それぞれの食事にはどんな違いがあるのでしょうか? ヨガでダイエットを成功させている人にはある共通点があります。 その共通点さえ取り入れれば、ヨガをしていな[…]

ヨガでダイエットできるのは食事法に秘密があった

やせるミソ汁を生活の一部に

やせるミソ汁を生活の一部に

ミソ汁は手軽に作ることができ、バリエーションも豊富な汁物。

今回の記事では、そんなミソ汁の痩せるメカニズムと簡単に作るポイントをお伝えしました。

「なにを入れようかな」と迷ったときの参考にしてみてください。

毎日の積み重ねを、日常使いしやすいミソ汁でやせるカラダを手に入れていきましょう。

関連記事

「そろそろ春に向けてダイエットをしよう」と計画している人も多いでしょう。 色々なファッションを楽しめるように、春までにスッキリボディを手に入れたいですよね。 そこで重要なのが基礎代謝量を上げること。 今回はヨガインストラク[…]

ダイエットで大事な基礎代謝量を上げるにはヨガ!オススメーポーズ3選