デトックスのやり方とは?食べ物、時間、江戸時代の知恵からデトックスのやり方について徹底解説

デトックスのやり方や食べ物について解説
ヨガをしていると「デトックス」という言葉をよく聞くのではないでしょうか。

体内にたまった毒素を体外に排出させる、というのが一般的に理解されているデトックスですよね。

しかし、実はデトックスの定義はなく、さまざまな手法についてもエビデンスがしっかりしていません。

ただ、カラダの毒素の多くは腸から排出される(主に尿や便)ことは確かであるとされています。

この記事で腸からのデトックスをサポートする食材やデトックスのやり方についてご紹介しましょう。

デトックスとは?やり方は?

デトックスとは?

やり方以前にそもそもどうしてデトックスが必要なの?

「体内に毒素がたまる」と聞くと、なんとなく怖いイメージがありますが、私たちの身の回りには残念ながらたくさんの毒素が存在しています。

日常生活で身の回りにある毒素

  • マグロなど大型の魚に含まれる有害重金属
  • タバコや排気ガスなどに含まれる有害物質
  • 野菜などについている農薬
  • 缶詰などに含まれるアルミニウム
  • 紫外線をあびた時やストレスを感じた時に生じる活性酸素

毒素を取り入れない生活ができれば良いですが、どんなに食生活に気をつけて最新の空気清浄機を使っていても、私たちは毒素から完全に逃れることはできません。

毒素をどうしてもカラダに取り入れていしまう以上、大切になるのは毒素をためないこと、つまりデトックスなのです。

デトックスの基本的なやり方

デトックスの基本的なやり方は運動

デトックスの主なやり方は毎日の排泄です。

睡眠不足や運動不足といった健康に気をつけない生活習慣では、取り込んでしまった毒素がスムーズに排出されずカラダにたまり、疲労や肌荒れ、イライラといった不調、または病気の原因になることも指摘されているのです。

特に腸によって7〜8割くらいのデトックスされるため、とにかく毎日しっかり排便・排尿といった「排泄」をすることが何よりも大切だと考えられています。

なお、汗からのデトックスはごくわずかとされていますが、ゼロではないので汗をかくことも大切です。

毒素がたまりにくい生活とは、便・尿・汗の排泄機能が十分に働いている身体を維持することと言えるでしょう。

食べ物を活用したデトックスのやり方

食べ物を活用したデトックスのやり方

ここ数年で、毒素を排出させてくれる最大のデトックス器官は「」であることが解明されています。

「腸内環境」という言葉を聞いたことがあると思いますが、腸内環境を整える「腸内細菌叢」のバランスが乱れると「アレルギーが起こりやすくなる」「免疫が低下し感染症のリスクが高まる」「糖尿病や心疾患のリスクが増加する」「肥満になりやすくなる」と、さまざまな疾病リスクが増加することまで解明されてきています。

さらには最新の研究では、腸内環境が悪いとうつなどの精神疾患のリスクまで増加するという報告まであるのです。

腸内細菌叢のバランスを整える食材の代表として知られているのが、細菌そのものである「プロバイオティクス」腸内細菌のエサとなる「プレバイオティクス」です。

プロバイオティクス(腸内細菌叢を構成する細菌) 【例】ヨーグルトなどの発酵乳、納豆やキムチなどの発酵食品

プレバイオティクス(腸内細菌のエサ) 【例】食物繊維オリゴ糖

どちらもいわゆるオナカに良いとされる食品です。

毎日しっかり気持ちよく排便できている実感を持てるようになれれば、体内の毒素もしっかりデトックスされているということになります。

そのためには腸内環境を整えることが何よりも大切だといえ、ヨーグルトなどオナカに良い食べ物を食べるのは効果的なデトックスのやり方といえます。

ちなみに、便秘と大人ニキビに悩んでいたヨガインストラクター仲間が、毎日必ず納豆1パックヨーグルト1カップを食べるようにしたところ、約3週間で便の様子が変わり「毎日でる」だけでなく「太く長い便がしっかり、するっと」でるようになり、1ヶ月後には便秘も大人ニキビもすっかりなくなったと報告してくれました。

それだけでなく、体重も少し減り、睡眠も深くなったそうです。

睡眠の質についてお悩みの方はコチラ

ここ数年で、世界の名だたる成功者や有名企業が取り入れていることで一気に身近になった瞑想。 寝る前に瞑想をやることで不眠症を改善する効果があることをご存知でしょうか? 浅い睡眠にお悩みの方は、ぜひ寝る前に瞑想を取り入れてみてくださ[…]

寝る前に瞑想することで睡眠改善できる

個人差のあることだと思いますが、このエピソードは腸内環境とデトックスのやり方、そして体調には密接な関係があることを教えてくれています。

時間をみきわめたデトックスの効率的なやり方

空腹の時間を活用したデトックスのやり方

デトックスのやり方としてポイントとなるのは空腹の時間を確保することです。

ヨガやアーユルヴェーダの考えでは午前中は「排泄の時間」とされています。

そのため、朝食は食べない、自家製の野菜ジュースや果物程度ですませるというインストラクターが多いのです。

アーユルヴェーダでは、大人の場合は三食を無理に食べる必要はないとされ朝食を食べず十分に空腹の時間を確保することこそ、デトックスをサポートし胃腸を休ませるのに役立つやり方と考えています。

その効果についてはプチ断食やカロリー制限、糖質制限といった手法によっても複数のエビデンスが報告されるようになりました。

空腹時に出てくる「ケトン体」という物質は身体機能や認知機能を高める働きがある物質であることや、腹7部目で食事量を制限している猿やネズミはマンプクまで食べたものにくらべ「若々しさ」を維持していることなどが次々と報告されているのです。

もちろん、いつどれくらいの量を食べるのが適正か、ということについては個人差があるので一概に断食やカロリー制限が良いとは言えません。

ただ、「食べ過ぎ」「暴飲暴食」がカラダにとって「負担」つまり「毒」になることは間違いなさそうです。

ダイエットにも効果的!?

ヨガで「ダイエットに成功した」という人と、「やせない」という人がいますが、それぞれの食事にはどんな違いがあるのでしょうか? ヨガでダイエットを成功させている人にはある共通点があります。 その共通点さえ取り入れれば、ヨガをしていな[…]

ヨガでダイエットできるのは食事法に秘密があった

江戸時代の知恵を生かしたデトックスのやり方

江戸時代の知恵を生かしたデトックスのやり方

腹八分目もデトックスのやり方の重要なポイント。

少食という健康法は、江戸時代に貝原益軒によって書かれた健康指南書「養生訓」にも書かれています。

食事は腹7、8分でやめる。食べ過ぎると病気になる危険性がある。食事が原因で病気になった場合は飲食を断つこと

と、日頃からの少食と、時に断食の必要性を説いているのです。

腸内環境を整える食材を摂取すると同時に、食べ過ぎに気をつけること

これがデトックスのやり方における最大の秘訣と言えるのではないでしょうか。

デトックスの3つの効率的なやり方

デトックスとは?3つのやり方について徹底解説

体内にたまった毒素を体外に排出させるデトックス。

食べ物、時間、江戸時代の知恵の3つの観点からデトックスのやり方について紹介しました。

デトックスの基本となるのは運動です。

デトックスの3つの効率的なやり方まとめ

  • 毎日必ず納豆1パックとヨーグルト1カップを食べること。
  • 十分に空腹の時間を確保すること。
  • 食事は腹7、8分でやめる。

効率よく、デトックスをしたいという人は今回紹介したやり方をトライしてみてください。

関連記事

さまざまな瞑想の効果が報告されていますが、中でも「瞑想でダイエットに成功した」という報告に注目が集まっています。 運動とは一見かけ離れた瞑想。 目を閉じてただ座っているだけなのに、いったいどうしてダイエットに効果的なの? […]

内蔵脂肪を瞑想で減らそう

自宅でヨガをするならヨガマットは必須


価格: ¥7,480
通常配送無料

suria(スリア) HDエコマットプラス4mm チェリーピンク

4.7

初めてのヨガマットの最定番

軽さ・厚さ・クッション全てがバランスのとれたヨガマット。

コスパ最強で様々なカラーバリエーションがあることから、ビギナーの多くが利用しています。

エコロジー派にうれしい、地球環境にやさしい素材「TPE」を使用。