二重アゴの原因になるダメな食事とは?首周りのたるみを食べ物で回避しよう

二重アゴの原因になるダメな食事とは?首周りのたるみを食べ物で回避しよう

加齢とともに顔や首周りのたるみ、気になりませんか。

ふと鏡を見ると、二重アゴになっていたなんてこともしばしば。

女性は、少しでも若くみられたいですよね。

二重アゴや首回りのたるみは、老けてみられる原因の一つです。

そうならないためにも、アゴや首回りをスッキリさせる方法を取り入れていきましょう。

二重アゴの原因

二重アゴの原因

二重アゴになってしまう主な原因は”脂肪・姿勢・むくみ・たるみ”です。

順番に説明していきます。

脂肪

脂肪というのは、文字とおりに顔に脂肪が蓄積してしまうことが原因で二重アゴになってしまいます。

この場合の対処除法としては、ダイエットです。

とくに太ったら顔に出やすいタイプの方は、脂肪が原因の二重アゴになっているので、まずは太らないように注意をしておきましょう。

姿勢

最近とくに多い原因が、携帯やパソコンを操作する方の姿勢が悪くなることです。

ストレートネックと呼ばれる、首と頭が前に突き出ている状態。

こうなると顔や肩の筋肉が衰えて、二重アゴを招いてしまうため意識した生活が必要です。

肩が内巻きにならないように、肩甲骨を動かすことを意識して。

姿勢に関しては、ヨガも効果的であるため日々の生活習慣が大切です。

むくみ

首周りの二重アゴは、フェイスラインのむくみによって生じることがあります。

脂肪とむくみは混同しやすいですが、脂肪は食べ過ぎによるもの。

むくみは、老廃物が溜まっていることが一つの原因にもなるため、血流を良くするためにリンパマッサージなどが効果的です。

食事で二重アゴを改善するには、塩分にも注意しておきましょう。

厚生労働省が推奨する1日あたりの食塩摂取量の目標値が、男性7.5g・女性6.5gです。

1日の塩分量を計算する必要はないですが、食塩量をチェックする習慣をつけて目安に値は覚えておくのはいいですね。

>>姿勢やむくみの二重アゴ解消マッサージ方法はこちら

関連記事

普段お手入れをさぼっていると、ある日突然気になってくる二重アゴや首のしわ・たるみ。 毎日鏡を見ているのに「しまった!アゴや首のお手入れはサボっていた!」なんて慌ててはいませんか? ヨガの中でも「顔ヨガ」には二重アゴ解消や首のたる[…]

二重アゴの原因になるダメな食事とは?首周りのたるみを食べ物で回避しよう

たるみ

テーマである、たるみによる二重アゴ

たるみは、若いうちから食事での内側ケアで改善していくことが予防のポイントになってきます。

今回は、このたるみによる二重アゴの食事について述べていきましょう。

たるみによる二重アゴの原因は糖化

たるみによる二重アゴの原因は糖化

二重アゴ、そして首回りがたるみで気をつけたい食事のポイントは、糖化です。

糖化とは聞き慣れない言葉かもしれませんが、たるみだけでなくシワやくすみといった老化の原因です。

血液中の余分な糖分とたんぱく質が結びつくことで、糖化反応が起きます。

糖化反応の最終産物として、AGE(糖化最終生成物)が作り出され、これが老化を促進させる物質になります。

別名で”メイラード反応”とも呼ばれています。

糖化の怖いところは、肌の張りを保つコラーゲンを壊します

肌の弾力が失われていきます。

その結果、たるみや二重アゴの原因となってしまうため、糖化を招く食事は避けることが必須です。

二重アゴを招きやすいNGな食べ物

二重アゴにNGな食べ物

糖化を招く食べ物が、二重アゴにとってもNGな食べ物です。

それは一体どんな食べ物なのか?

具体的な食べ物をもとに、解説していきましょう。

クッキー

AGEは、たんぱく質と糖質がくっついて、さらに高温加熱されると生成されやすいです。

ということは、クッキーのような焼き菓子はAGEが生成されやすいため控えた方がいいですね。

他にも、ホットケーキもAGEが多いことで有名です。

お菓子を食べる際には、焼き菓子や揚げ菓子を避ける方がたるみ防止には効果的です。

間食を、果物のように加熱しない食べ物にすることもいいですね。

フランクフルト、ベーコン、焼肉

お菓子と同じように、食事に関しても焼き調理を加えたものはAGEが高くなってしまいます。

食事に関していうと、揚げる・焼くよりも蒸す・茹でるといった調理法を行う方が抑えることができますよ。

さらに言うと、焦げをつけてしまうとAGE量が多くなってしまいますので焦げすぎないような調理にすることもポイントです。

魚の照り焼き

魚というと、照り焼きなども砂糖(糖分)が加わって焼く調理になるので控える方がいいです。

魚の食べ方は、生の刺身を食べた方がAGEの生成は抑えることができます。

二重アゴ回避のおすすめレシピ

二重アゴ回避のおすすめレシピ

タコとアボカドのさっぱりサラダ(2人分)

  • ゆでタコ:80g
  • アボカド:1個
  • 黄パプリカ:1/2個
  • タマネギ:1/4個
  • ニンニク:1かけ
  • 赤唐辛子:1本
  • オリーブオイル、レモン汁:各大さじ1

玉ねぎとニンニクをすり下ろす。

タコ、アボカド、パプリカは一口大の食べやすい大きさに切る。

全ての調味料を和え、さっと混ぜる。

この献立のポイントは熱を加えずに作れるという点です。

とはいえ、加熱しない料理ばかり食べるわけにはいきませんので、調理方法は偏らないということを心がけてみましょう。

そして、レモン汁とパプリカでビタミンCがアップします。

ビタミンCはコラーゲン生成にも必要な栄養素ですので、たるみ防止になります。

二重アゴの原因をやっつけましょう

二重アゴの原因をやっつけましょう

二重アゴを回避するには、カラダの内側からのケアも必要になってきます。

外側のケアは行うのですが、内側からのたるみを撃退にするには食べ物が効果的です。

お肌の状態にあった、食事や栄養素を取り入れて美肌を手に入れていきましょう。

ヨガインストラクターが選ぶオンラインヨガ4選!

>>オンラインヨガ4社の口コミ、料金、特徴を比較解説!ヨガのプロが選ぶおすすめのサービスは?

関連記事

スタジオに通う必要がなく、スマホやPCで通信しながらオンライン上でヨガを楽しめる【オンラインヨガ】専用のスタジオがあることはご存知でしょうか? 自宅の近くにヨガスタジオがない 仕事や育児が忙しくて、なかなかスタジオに通う時間[…]

オンラインヨガ4社の口コミ、料金、特徴を比較解説!ヨガのプロが選ぶおすすめのサービスは?