杖のポーズとは?5つの効果とやり方を解説!

杖のポーズとは?5つの効果とやり方を解説!
簡単そうに見えてむずかしい。

ヨガの中にはそんなポーズがたくさんありますよね。

杖のポーズはまさしく、簡単そうに見えてむずかしいポーズの一つです。

では、さっそくご紹介していきましょう。

杖のポーズとは?

杖のポーズは、サンスクリット語で「ダンダーサナ」と呼ばれます。

ダンダとは杖のことですね。

長座という言葉を聞いたことがありませんか?

杖のポーズは長座のことなんですよ。

両脚をのばしてすわるだけのポーズで、ヨガのポーズに入る前によく行う姿勢でもありますよね。

ヨガの基本のポーズといえるでしょう。

杖のポーズの効果

杖のポーズの効果

姿勢改善

姿勢改善

杖のポーズは、両脚を前にのばし、背筋を伸ばして床にすわるポーズです。

この時、背筋をキチンとのばすことが、案外むずかしいんです。

両脚を前にのばしたまま、背筋をキチンとのばすためには腹筋と背筋にしっかりと力を入れることが欠かせません。

腹筋と背筋に力が入らないと、背筋が曲がってしまいます。

この姿勢を保とうと思ったら、自然に腹筋と背筋に力を入れざるをないので、筋トレをしなくても自然に鍛えられるんです。

腹筋と背筋は、姿勢を保つために重要な筋力です。

杖のポーズで腹筋と背筋が鍛えられることにより、姿勢改善につながります。

姿勢が悪いとどうなるの?姿勢改善のコツと厳選した姿勢改善ヨガ2つ

下腹ぽっこりお腹の引き締め

下腹ぽっこりお腹の引き締め

両脚を前にのばしたまま、背筋をのばそうと思ったら、腹筋の力が欠かせないと書きましたよね。

特に重要なのが、丹田なんです。

丹田をつきあげるような気持ちでグッと力を入れないと、背筋はしっかりのびません。

丹田に力を入れる姿勢を続けていると、自然に下腹が引き締まります。

下腹ぽっこりお腹の引き締めにつながります。

血流改善

血流改善

姿勢がシャンとしていると、血管がヘンなところで曲がったり、詰まったりしません。

血管はスムーズに開きますので、血液が流れやすくなります。

血液はカラダの隅々まで、酸素や栄養素を運ぶ重要な役割を果たしています。

血流が改善することで、酸素や栄養素がカラダじゅうに行き届きますので、疲労回復にもつながります。

冷え改善

冷え改善

血液は、熱を運ぶ仕事も担っているんです。

血液が、カラダの隅々まで行き渡りますと、熱もカラダ中に行き渡ります。

特に冷えやすい手足にも血液が十分行き渡りますと、末端の冷え改善につながりますね。

つらい冷え性を治す方法は?冷え性を改善するヨガポーズ3選

集中力が高まる

集中力高まる

血液の循環が良くなりますと、脳にも血液が行き渡りやすくなります。

そうすると、集中力がグンと高まるんです。

杖のポーズをしたまま、目をつぶって息をゆっくり吐いてみましょう。

気持ちが落ち着き、さらに集中力が高まりますよ。

集中力を高めるヨガポーズ3選!初心者でも簡単にできるアーサナを動画で徹底解説

杖のポーズのやり方

杖のポーズのやり方

杖のポーズをやってみよう

やり方は簡単ですが、ていねいに行ってみましょう。

やり方

  1. 両脚を前に伸ばして、床にすわる。
  2. 両手をおしりのそばに置き、指先を立てる。
  3. 背筋をのばす。
  4. つまさきを天井の方に向け、ひざをしっかりとのばす。
  5. 息を吐きながら、その姿勢を1分~3分ほどキープする。

杖のポーズのポイント

杖のポーズのポイントは、腰をしっかり立てることです。

座骨を床につきさすようにし、腰が床と垂直になるようにしっかりと立てましょう。

丹田に力を入れ、背筋をスッと伸ばします。

肩は自然におろしましょう。

さあ、いかがですか?

うまくできましたか?

うまくできないという方もたくさんいらっしゃると思います。

腰を立てようと思っても、床と垂直に腰を立てることができないんですね。

がんばってみても、どうしても腰が引けてしまうという方、意外と多いんですよ。

腰が引けてしまうと、背筋を伸ばそうと思ってもうまく伸ばすことができません。

では、どうしたら、腰をしっかり立てることができるんでしょうか?

クッションやタオルを上手に使おう

クッションやタオルを上手に使おう

腰をしっかり立てて背筋を伸ばすことができないという方は、おしりの下にクッションを敷いてみましょう

たたんだタオルを敷いてみてもいいですよ。

それだけで腰を立てやすくなるかと思います。

腰を立てることができたら、背筋もスッとのばすことができますね。

クッションやタオルを使ってもうまくいかないという方は、ひざを軽く曲げてみて下さい。

そして、息をはきながら、少しずつひざをのばしていってみて下さい。

ムリなさらなくていいですよ。

できる範囲で少しずつ行いましょう。

注意点

注意点

腰に負担をかける姿勢になりますので、腰痛の方は控えましょう

また、太ももを痛めている方や、股関節を痛めている方も、この姿勢を取るのは控えましょう。

杖のポーズはヨガの基本

杖のポーズはヨガの基本

杖のポーズは、あらゆるヨガポーズのはじまりのポーズでもあります。

ですから、杖のポーズがしっかりできなければ、他のポーズがキチンと行えるわけがないんですね。

むずかしいポーズにいろいろ取り組みたくなるかもしれません。

ですが、むずかしいポーズって、基本がしっかりできなければ絶対にうまくできません。

杖のポーズをマスターすることは、他のヨガポーズをマスターする大きなポイントでもあります。

タオルやクッションをうまく使って、キレイに杖のポーズができるようにがんばってみて下さいね。

 

ヨガインストラクターが選ぶオンラインヨガ4選!

>>オンラインヨガ4社の口コミ、料金、特徴を比較解説!ヨガのプロが選ぶおすすめのサービスは?

関連記事

スタジオに通う必要がなく、スマホやPCで通信しながらオンライン上でヨガを楽しめる【オンラインヨガ】専用のスタジオがあることはご存知でしょうか? 自宅の近くにヨガスタジオがない 仕事や育児が忙しくて、なかなかスタジオに通う時間[…]

オンラインヨガ4社の口コミ、料金、特徴を比較解説!ヨガのプロが選ぶおすすめのサービスは?