胃を強くする運動はヨガ?胃の調子を整えるヨガ

胃を強くする運動はヨガ?胃の調子を整えるヨガ
胃腸が悪くて悩んでいるということはありませんか?

「胸やけが起こってしまうので、あまり食べられない」という方も、「食べても、すぐに満腹になってしまう」という方もいるでしょう。

そんな胃腸の悩みを、ヨガで解決してみませんか?

今回は、胃腸の調子を整えるヨガをご紹介していきます。

胃を強くする運動にヨガがオススメ

胃を強くする運動にヨガがオススメ

胃の調子が悪くなってしまう、大きな原因がストレスですよね。

胃は、ストレスに弱いと言われています。

ストレスで胃潰瘍になってしまうという話は、よく聞きますよね。

ストレスを解消することで、胃の調子もよくなるということは結構あります。

ストレスを解消する方法はたくさんありますが、その一つにヨガをあげることができるでしょう。

ヨガの深い呼吸法でリラックスできますし、様々なポーズを取って筋肉を気持ちよく伸ばすことで、心身ともにリフレッシュできるんです。

さらにヨガにはストレス解消だけでなく、血液循環をよくしたり、胃下垂を改善したりするという胃を強くする相乗効果もあるんです。

そんなわけで、胃の調子を整えたいと思っている、そこのあなた!

ぜひ、いっしょにヨガをしてみましょう。

運動でなく食べ物から改善したい!胃の調子を整える食事はコチラ

関連記事

夏になるとあまりの暑さに食欲がなくなりってきますよね。 とはいえ、食欲不振をそのまま放置してしまうと夏バテの原因に。 今回は食欲不振の時に食べたい食欲を復活させる3つの食べ物について紹介していきます。 食べ物が入らない食欲不振[…]

食欲不振の際に食べたい食べ物3選

血液循環の改善で、胃の調子を整えるヨガポーズ

血液循環を改善して胃の調子を整えるヨガポーズ

胃の動きを良くするポイントは血液循環

胃の調子を整えたいと思った時に、重要なカギとなるのが血液循環

血液は、胃が元気に働くために必要な様々な栄養素を運んでくれます。

ところが、血液循環が悪いと大事な栄養素がなかなか胃に届かないわけです。

栄養素がないと、胃も元気に働くことができません。

そうなりますと、胃の働きが弱くなり、胃腸の調子が悪くなってしまうのですね。

ですから、血液の循環をよくするということは、胃腸の調子を良くするためにとても重要。

その助けになってくれるのが、ヨガなのです。

胃の調子を整えるヨガ①:前屈のポーズ

前屈のポーズ

前屈のポーズは、腹部に血液を集めてくれますので、胃の働きが活発になります。

また、首や背中、ヒザ裏などがよくのびますので、冷え性や疲労回復にも効果があります。

肝臓を元気にする効果もありますので、ぜひ試してみましょう。

胃の調子を整える前屈のポーズのやり方

  1. 両足を伸ばして座る。背筋とヒザをのばし、つまさきは天井の方に向けておく。
  2. 両腕を前に伸ばす。
  3. 息を吐きながら、上半身を後ろ45度に倒す。

    ポイント

    この時、背筋は伸ばしたままにしておきましょう。

  4. 息を吸いながら、カラダをまっすぐに戻す。
  5. 息を吐きながら、背筋は伸ばして上半身を前45度に倒す。
  6. 息を吸いながら、カラダをまっすぐに戻す。
  7. 息を吐きながら、足の親指を手でつかむ。

    ポイント

    もしも、足の親指がつかめない時には、適当なところをつかんでもかまいません。

  8. 息を吸いながら、顔を正面に向けて、もう一度背筋を伸ばす。
  9. 吐きながら、上半身を足の方に倒していく。

    ポイント

    この時、ヒザが曲がらないように注意しよう。

  10. 10秒間キープしたら、ゆっくりとカラダを元に戻す。

胃の調子を整えるヨガ②:弓のポーズ

弓のポーズ

前屈をしたあとは、背中をそらせるポーズをしましょう。

前屈と、背中をそらせるポーズを1セットで行うことで、全身の筋肉をバランスよく伸ばすことができます。

また弓のポーズをすることで、血液循環がよくなり、腸や胃の働きが高まります。

その他、腹部のうっ血を取るので、生理痛、便秘、消化不良に効果あります。

早速、トライしてみましょう。

胃の調子を整える弓のポーズのやり方

  1. うつぶせの姿勢になる。額を床につけ、両手で両足首をつかむ。
  2. 肩甲骨をグッと寄せる。
  3. 息を吐きながら、胸をそらせる。
  4. 息を吸いながら、①の姿勢に戻る。
  5. 息を吐きながら、太ももを持ち上げる。
  6. 息を吸いながら、①の姿勢に戻る。
  7. 息を吐きながら、胸をそらせ、同時に太ももを持ち上げる。
  8. 10秒間キープして、ゆっくりとうつぶせに戻る。

胃下垂の改善で、胃の調子を整えるヨガポーズ

胃下垂を改善して、胃の調子を整えるヨガポーズ

胃下垂の改善で胃の調子を整える

胃下垂という言葉を聞いたことがありますか。

本来みぞおちあたりにある胃が、おへその辺りまで垂れ下がってしまっている状態

胃というものは通常、肋骨とおへその間の辺りにあるものです。

胃下垂になってしまいますと、胃がうまく働かず胃の調子が悪くなってしまいます。

ですから、胃下垂を改善することで、胃腸の調子がよくなる場合もあります。

胃下垂は、レントゲンを撮ればすぐにわかります。

でも、ご自分でも簡単にチェックする方法もあるんです。

食べた後に、下腹部がぽっこり出るということはありませんか?

もしも、そうならあなたは胃下垂かもしれません。

「当てはまるかも」と思う人は、胃下垂を解消するヨガをしてみましょう。

胃の調子を整えるヨガ③:橋のポーズ

橋のポーズ

胃下垂を解消するためには、逆さまになることが一番です。

逆さまになると、重力で、下がってしまった胃が正常の位置に戻ってくれるのです。

逆さまになるポーズはいろいろありますが、ここではまず、簡単な橋のポーズをご紹介しましょう。

胃の調子を整える橋のポーズのやり方

  1. あおむけになり、両ひざを立てる。
  2. 両手で両足首をつかむ。
  3. 息を吐きながら、腰を持ち上げる。
  4. 10秒間キープしたら、ゆっくりと下ろす。

胃の調子を整えるヨガ④:逆さか立ちのポーズ

逆さかさだちのポーズ

もう少し、難しいものにトライしてみたいという方は、逆さか立ちのポーズに挑戦してみましょう。

このポーズはより逆さまになりますから、胃下垂の解消にバツグンです。

ただし、首を痛めているという方はやめておいて下さいね。

胃の調子を整える逆さか立ちのポーズのやり方

  1. あおむけになる。両腕はカラダのそばにつける。手の平は床につけておく。
  2. ヒザを伸ばし、つまさきを天井の方に向けておく。
  3. 息を吐きながら、ゆっくりと両足を同時に持ち上げる。
  4. 90度まで持ち上げたら、一度、息を吸い込む。
  5. 息を吐きながら、腰を持ち上げ、両足を床と並行の高さまで持っていく。
  6. 息を吸いながら、両手で腰を支える。
  7. 息を吐きながら、両ヒザをひたいにつける。
  8. 息を吸い、吐きながら、両足をまっすぐに伸ばす。

    ポイント

    おしりをしめて、背中と足が一直線になるようにガンバりましょう。

  9. その姿勢で、10秒間キープする。
  10. ゆっくりと①の姿勢に戻る。

胃の調子が悪いなら、消化力をあげるヨガもオススメ

関連記事

消化力という言葉を聞いたことがあるでしょうか? 消化力とは、文字通り食べたものをスムーズに消化するための力のこと。 例えば、日本人は欧米人に比べて動物性のタンパク質や脂質を分解する能力、つまり消化力が低いため、いわゆる「重たい」[…]

消化力を上げるヨガ

ヨガで胃の調子を整えよう

ヨガで胃の調子を整えよう

すぐにお腹を下してしまったり、便秘になってしまったり。

胃の調子が悪くなりますと、肌荒れや、肩こり、ニキビ、疲労感などの原因にもなってしまいます。

栄養が十分にとれないと、体調も悪くなって、風邪をひきやすくなってしまいますよね。

免疫も落ちてしまいますから、胃の調子は普段から整えておきたいものです。

ヨガで胃の調子を整えて、今日も元気な一日を過ごしましょう!

自宅でヨガをするならヨガマットは必須


価格: ¥7,480
通常配送無料

suria(スリア) HDエコマットプラス4mm チェリーピンク

4.7

初めてのヨガマットの最定番

軽さ・厚さ・クッション全てがバランスのとれたヨガマット。

コスパ最強で様々なカラーバリエーションがあることから、ビギナーの多くが利用しています。

エコロジー派にうれしい、地球環境にやさしい素材「TPE」を使用。