ペアだからこそできるおすすめヨガポーズ5選!夫婦、カップル、友達と実践!

ペアだからこそできるおすすめヨガポーズ5選!夫婦、カップル、友達と実践!

夫婦、カップル、友達など、ペアで行うヨガを試したことありますでしょうか?

ヨガと聞くと1人で行うイメージが強いですが、ペアでヨガを行うと一緒に楽しむメリットがあります!

さらには、相手との関係性も構築されていきます。

今回はペアでヨガを行う人向けに、ヨガフローをポーズとともに紹介していきます。

ペアヨガとは?

ペアヨガとは?

名前のとおり、1人ではなくペアで行うヨガです。

「パートナーヨガ」や「カップルヨガ」、「アクロヨガ」と呼ばれるものも2人1組で行うヨガですね。

お互いの心とタイミングを合わせて行うヨガですので、絆がグッと縮まるヨガでもあります。

ペアヨガの魅力

  • 1人では難しいポーズにも2人で力を合わせて挑戦できる
  • 相手との信頼関係が生まれる
  • 人の温もりを感じてヨガを行える
  • ポーズを深めることができる
  • 1人で挫折しそうなとき支えになる

1人で行うヨガの場合は、自分自身の心とカラダを見つめる時間でもあります。

それが2人になると、相手の心とカラダを感じ取る時間にもなります。

ぜひ、大切な方とのペアヨガを楽しんでみてくださいね。

新たな発見があるかもしれません。

ペアヨガのフロー

ペアヨガのフロー

では、ペアヨガを行うフローとともに5つのポーズのやり方を解説していきます。

①呼吸を整える(安楽座)

①呼吸を整える(安楽座)

1人で行うヨガ同様、まずは呼吸を整えることから始めます。

やり方

  1. 背中合わせになって座り、あぐらをかいていきます。
  2. 両手はひざのの上に置きます。
  3. 軽くまぶたを閉じて、ゆっくりと呼吸を行います。
  4. 自分の呼吸に慣れてきたら相手のペースに合わせて数回深呼吸を行っていきます。

ぜひ、呼吸を整えるときに相手の背中の温かさや呼吸のリズム、エネルギーを感じとってみましょう。

②ストレッチ(伸びのポーズ)

②ストレッチ(伸びのポーズ)

呼吸が落ち着いたところで、少しずつ動きを入れていきます。

やり方

  1. 背中を合わせた状態から、1人は両手を前に伸ばし前屈します。
  2. もう1人は両手を上に伸ばして、前屈している相手の背中にカラダをあずけるように反らしていきます。
  3. そのままの状態で数呼吸繰り返したら、ゆっくりと中心に戻ります。
  4. 交互に何回か繰り返しましょう。
  5. 全身が伸びて気持ちが良いですし、相手に委ねることで安心してストレッチできますね。

③ねじりのポーズ

③ねじりのポーズ

1人で行うヨガに対して、ペアでのアレンジを加えていきます。

やり方

  1. 背中あわせにしたまま、右手で相手の左ひさ、左手は自分の右ひざに置いていき、ねじりのポーズを行います。
  2. 数呼吸キープしたら、中心に戻り、反対側も同じように行いましょう。

お互いのねじりでポーズを深め合うサポートができますよ。

④木のポーズ

木のポーズ

次は立位のポーズです。

さらにお互いの絆が必要になってきます。

やり方

  1. 足1本分ほど離れて、横一列に立ちます。足は肩幅程度に広げます。
  2. 外側にある足を曲げ、かかとを太ももの内側にくっつけます。
  3. お互いの外側の手の平を中心で合わせます。
  4. さらにバランスが取れそうであれば、内側の手は頭上にあげてお互いに合わせます。
  5. そのままの状態で数呼吸行い、ゆっくりと元の状態に戻ります。
  6. 後ろ方向に向きを変えて、反対側も同様に行います。

立位のポーズに入るので息を合わせることがポイントです。

2人でバランスをとっていくことを意識してみましょう。

片足あげることが難しいようであれば、太ももではなくくるぶし付近に足を沿わせるポーズでもいいですよ。

⑤戦士のポーズ

⑤戦士のポーズ

 

ラストのポーズです。

やり方

  1. 両手を腰に当てて、横に並んで立ちます。
  2. 内側の足をピッタリをくっつけ、外側の足は横に大きく開き、つま先は外方向に向けておきます。
  3. 外側の膝を曲げ、踏み込んでいきます。このとき膝は内側に入らないようにつま先と同じ方向になるように注意しましょう。
  4. 息を吸いながら外側の手を頭上にあげ、内側の手の先同士をくっつけます。
  5. 頭上にあげている手の肘を曲げ、2人でハートの形を作っていきます。
  6. 目線は斜め上を見上げながら、数呼吸キープします。
  7. 後ろ方向に向きを変えて、反対側も同様に行います。

見た目も可愛いヨガのポーズです。

余裕があれば相手と手を繋ぎ、引き合うことで体側をより伸ばすことができます。

さらに深めるには相手の足をストッパーし、踏み込みことでより深いポーズを行うことができますよ。

戦士のポーズの3つの効果とやり方を解説

⑥呼吸を整える

⑥呼吸を整える

再度背中合わせになって座り、あぐらをかいていきます。

ヨガスタート時同様、呼吸を整えて終了していきます。

ペアヨガのフローの例を紹介させてもらいました。

もちろんフローとして、一連の流れをすべて行わなくても良いです!

取り組んでみたいなと思うポーズをぜひ実践してみてくださいね。

ポイントとしては、お互いの気持ちを通じるためにヨガを始める前は呼吸を整える時間はぜひ取り入れて欲しいなと思ってます。

ペアヨガで関係構築を!

ペアヨガで関係構築を!

いかがでしょうか。

ヨガは1人で行い、自分自身と向き合うイメージがあったかもしれませんが2人で行うペアヨガはいつもと違った自分や相手に気づくきっかけになるかもしれませんね

大切な人との時間をペアヨガも取り入れてみてはいかがでしょうか。

ヨガインストラクターが選ぶオンラインヨガ4選!

>>オンラインヨガ4社の口コミ、料金、特徴を比較解説!ヨガのプロが選ぶおすすめのサービスは?

関連記事

スタジオに通う必要がなく、スマホやPCで通信しながらオンライン上でヨガを楽しめる【オンラインヨガ】専用のスタジオがあることはご存知でしょうか? 自宅の近くにヨガスタジオがない 仕事や育児が忙しくて、なかなかスタジオに通う時間[…]

オンラインヨガ4社の口コミ、料金、特徴を比較解説!ヨガのプロが選ぶおすすめのサービスは?