ヨガの月のポーズとは?5つの効果と正しいやり方を徹底解説

月のポーズ
「月のポーズ(チャンドラアーサナ)」はヨガのベーシックポーズの一つですが、どんな人でも安全に行っていただけて、いつでもどこでもできるのに、さまざまな効果が得られる素晴らしいポーズです。

この記事では、月のポーズの正しい実践方法と得られる5つの効果について詳しく解説します。

月のポーズの正しいやり方

ランジのポーズ

月のポーズはとても簡単なポーズなので、まずはやり方を解説しましょう。

月のポーズのやり方

  1. マットの上にしっかり立つ(タダアーサナ)。
  2. 両手を天井方向にバンザイするように引き上げて両手を合わせる。
  3. まずは足裏全体でマットをしっかり押し、マットから跳ね返ってくる力で上半身をさらに引き伸ばし、お腹を凹ませて背骨や体側を十分に伸ばす。
  4. さらに、両肩の力は抜きながら、左半身を右側に側屈させていく。この時に、骨盤や体側が右にねじれないよう、真右にじわじわ倒していくのがコツ。
  5. 左の脇、体側が十分に伸び、まるで手と脚で三日月のような形を体全体で作ったら、そのまま3〜5呼吸キープする。
  6. 息を吸いながらゆっくり正面に戻り、一旦両腕を脱力してから、反対側も同様に行う。

このポーズは座って行うこともできます。

また、両手についても手のひらを合わせる方法と、手首を絡めて合わせる方法指を組んで人差し指を伸ばしながら行う方法などありますので、色々試しながら自分の体側が一番伸びる方法で行ってください。

月のポーズの注意点

月のポーズの注意点

月のポーズで得られる効果について後述しますが、その前に「脇の下」についてちょっと考えてみてください。

ご説明した通り、月のポーズで一番伸ばされているのは「脇の下からあばらの骨(肋骨)、そしてウエストや骨盤などの体側全体」です。

特に、この「脇の下」について皆さんは日頃どのようなケアを行っているでしょうか。

夏でもない限り、脇の下はお手入れが滞りがちな場所で、自分の脇の下がどのような状態になっているかわからない方も多いと思います。

日ごろから脇の下を見たり・触れたり・マッサージしたりする習慣をお持ちの方はいますか?

洗うときにさえ、見もせずに洗っている人も多いのではないでしょうか。

おそらく、脇の下は体の中でもっとも無視された場所と言えますが、脇の下が体の重要なパーツであることはあまり知られていません。

脇の下は腋窩リンパ節といって体のリンパのゴミ箱がある場所ですし、解剖学的には腕や肩、首などをつなぐ重要な場所でもあります。

しかし、いつも閉じられていて、動きも少なく、老廃物が溜まりやすい場所なのです。

試しに片手をバンザイし、反対の手で脇の下を触ってみてください。

脇の下が盛り上がっていたり、冷たかったり、もったりとした贅肉がついているのなら、それだけ老廃物が溜まっているサインと言えます。

ヨガの月のポーズで得られる5つの効果

ヨガの月のポーズで得られる5つの効果

デトックス効果

脇の下にはリンパ節があるため、まずこの部分を十分にストレッチするだけでリンパの流れが良くなり、デトックス効果が得られます。

例えば、エステでフェイシャルマッサージを行う時も、たいていのコースで脇の下やデコルテ周り(鎖骨周り)のケアが含まれています。

これは、脇の下にある老廃物を外に流すことで、顔や首に溜まった老廃物が流れやすくなり、顔まわりまでも明るくスッキリするからです。

月のポーズを行うことで同様の効果を感じることができます。

ヨガでデトックス!デトックスして美肌になれるヨガポーズ3選

血液やリンパの流れを促進する

少し重複しますが、脇の下を伸ばすことで体側も伸びるため、体側部分の血流やリンパの流れも良くなります。

また「腕」はかなり重さがあるパーツですが、腕の向きを変えてあげること(いつもは指先が下方向になっていますが、指先を心臓より上に上げてあげること)で、 腕周りの血液の流れも良くなるので、二の腕の冷えの解消にもつながります。

指先がかじかんでいる時などにも、この月のポーズで両脇や指先をしっかり伸ばしてあげると素早く温めることができます。

つらい冷え性を治す方法は?冷え性を改善するヨガポーズ3選

姿勢改善・骨盤矯正効果

「月のポーズ」は座ってでも立ってでも行うことができますが、体を横に倒しながら体側を伸ばしていくときに、おへそや骨盤は真正面に向けたままにしておくことがポイントです。

体の歪みや骨盤の歪みがある人ほど、おへそや骨盤まで少し内向きに傾きがちですが、おへそと骨盤は真っ正面に向けた状態で体側を伸ばすと、伸ばしている側の骨盤の歪みが矯正されているような感覚を得られます。

また、猫背になりがちな方は、伸ばしている腕が耳より前にきているかもしれませんが、耳の横か、耳より後ろで両手をバンザイし、体側を伸ばすことで鎖骨や肩甲骨の位置の矯正につながり、姿勢の改善効果が得られます。

骨盤の歪みの種類を知ってヨガで調整しよう!歪んだ骨盤を調整できるヨガポーズ3選!

肩こり・首こり改善効果

肩甲骨周りや腕がしっかり伸ばされることによって腕や肩周りの血流が良くなるため、首こりや肩こり解消効果も得られます。

肩こりや首こりがひどい人は、月のポーズの形になりながら伸ばしている腕の硬い二の腕部分や、脇の下あたりを反対の手で優しくさすったり、揉みほぐしたりしてみましょう。

これだけで腕が軽くなり、そちら側の首を回しやすくなるのが感じられるはずです。

首・肩こり酷くなってない?姿勢改善&血行促進ヨガポーズ3選

内臓、体幹の強化

月のポーズを立って行う場合位は、足裏で大地をしっかり押し、お腹は天井方向に引き上げます。

そのため体幹や腹筋、いわゆるインナーマッスルの強化内臓への刺激効果があります。

内臓ぐっと絞り上げながらポーズを取ると、少し汗ばむくらいパワフルなポーズであることが実感できるはずです。

体幹トレーニングに最適なヨガポーズ3選!体幹を鍛えて美しく若返ろう

ヨガの月のポーズ正しいやり方と5つの効果解説まとめ

ヨガの月のポーズ正しいやり方と5つの効果解説まとめ

ここまで「月のポーズ」の正しいやり方、注意点、5つの効果について解説させていただきました。

簡単なポーズなのに効果は非常に高く、また時間や場所にとらわれずに好きなタイミングで継続することができる優秀なポーズです。

皆さんのお気に入りのポーズの1つにも、ぜひ加えてみてください。

ヨガインストラクターが選ぶオンラインヨガ4選!

>>オンラインヨガ4社の口コミ、料金、特徴を比較解説!ヨガのプロが選ぶおすすめのサービスは?

関連記事

スタジオに通う必要がなく、スマホやPCで通信しながらオンライン上でヨガを楽しめる【オンラインヨガ】専用のスタジオがあることはご存知でしょうか? 自宅の近くにヨガスタジオがない 仕事や育児が忙しくて、なかなかスタジオに通う時間[…]

オンラインヨガ4社の口コミ、料金、特徴を比較解説!ヨガのプロが選ぶおすすめのサービスは?