清水忍インタビュー|人体を理解する「ヒューマンボディラーニング」とは?

暗記に頼らず真の理解を促す「ヒューマンボディラーニング入門編」|清水忍インタビュー

清水忍インタビュー

人体をデフォルメした3Dアニメーションで「丸暗記」から卒業しよう

メジャーリーガーをはじめとするトップアスリートのトレーニング指導に携わる一方、専門学校の教壇に立つなどして教育にも熱意を燃やしてきた清水忍さん。

学生たちに機能解剖学を教える中で、ある違和感を覚えたと言います。

「それは、機能解剖学を『骨や筋肉の名前を覚える暗記科目』として捉える学生があまりに多いということ。そうした学生は、人体の構造や機能を真に理解することなく現場に出て行ってしまうのです。」

こうした問題の背景には、教育のあり方も関係しているようです。

例えば、筋肉における起止と停止の位置や名称を極めて詳細に丸暗記させ、試験でもそうした点ばかりを問うような姿勢の教育機関は少ないと言います。

「学習初期の段階では、そうした極めて詳細な事は大まかに捉えられていれば十分で、『その筋肉が縮んだらどう動くか?』といったことを思い描けるほうがずっと重要です。そのため、私の講義では、身体の各部位が担う役割や動作の原理を中心に伝えるようにしてきました」

これまで清水氏は、IHTAが展開するe-learningコンテンツでも機能解剖学に関する講義を担当してきました。

その上で、「筋肉の動く仕組みが世界で一番分かりやすい動画にしたい」という思いから、2020年のリニューアルに伴って新要素を追加。

それが、本講座のためにオリジナルで開発された3Dモデルアニメーションでした。

「できるだけ極めて詳細な事を省いた上で、人体の動きを分かりやすく表現したアニメーションを取り入れ、直感的に理解できる内容を目指しました。機能解剖学を学ぶときは、まずは全体像をつかむことが大切です。誤解を恐れずに言えば、『分かりにくいリアル』より『分かりやすいデフォルメ』のほうが初学者にとってはベターなのです」

一般的な解剖学のテキストでは筋肉が仔細に描かれていることが多いものの、リアルであればあるほど初学者には動きがイメージしづらく、かえって丸暗記につながってしまうと言います。

本講座の3Dアニメーションでは、制作スタッフも解剖学の基礎を学びながら、ポイントを押さえたシンプルな表現を追求しました。

「車の構造を完璧に理解してから運転を始める人はいないでしょう。まずは『アクセルを踏めば走る』という基本的な原理を知り、そこから『アクセルを踏むとガソリンがエンジンに送られて燃焼が起こるためシリンダーが回転し…』と、詳細な事は後から少しずつ知識を深めていけばいいのです。そうした視点に立ち、人体の構造や機能を知る上で絶対に押さえておきたいポイントを視覚的に提示する本講座は、多くの人の学習に資するものと考えています」

「伝え方の選択肢」を増やして患者さんや顧客を「なるほど!」と納得させることが大切

清水忍インタビュー

「入門」と名付けられていることからも分かる通り、本講座のメインターゲットは機能解剖学を初めて学ぶ人たちです。

「まずは人体の世界を探究する面白さを知ってもらうことが第一。前提知識ゼロの状態でも苦手意識を持つことなく、興味を引き出せるような内容になっていると自負しています」

加えて、清水氏が「隠れターゲット」と位置付けているのが、すでに健康や運動に関わる分野で活動している人たち。

具体的には、スポーツトレーナー、整体師、セラピスト、ヨガインストラクターなどで、自身で勉強するほか、患者さんや顧客への説明にも役立てることができます。

例えば、ハムストリングスを損傷したスポーツパーソンに対して「ケガで筋肉が硬くなると膝が伸びにくくなる」といった教科書通りの説明で済ませていつようではまだまだ…と清水氏は言います。

「断片的な知識を披露するだけでは、『だから何?』と思われて終わりです。人体の構造や機能をしっかりと理解していれば、『膝を曲げるための筋肉であるハムストリングスが硬くなってしまうと膝を曲げたままにしようとしてしまうため、膝を伸びにくくなってしまうのです』というように、その人の状況にひも付けた具体的な説明がいくらでも展開できるようになります」

このように相手に寄り添ったアドバイスを実現するためには、「インプットしたことを分かりやすくアウトプットするスキル」も重要になります。

本講座には、プロとして患者さんや顧客とコミュニケーションするためのヒントがたくさん含まれており、「そういう言い方なら分かってもらえるのか!」という具体的な気づきが得られるでしょう。

「知識豊富で能力の高いトレーナーでも、伝え方で損をしていることは少なくありません。例えば、円の面積の計算をする時に、円周率をまず『3.14』で問題ないと思うのですが、それを小学生に教える時に『円周率は3.141592…』と教える必要はないと思うのです。この時点でそこまで詳しく教える必要はなく、数字に関心を持ってから詳細を教えれば良いと思うのです。相手の知識レベルや興味関心に応じて柔軟に説明の仕方を変えられるよう、ぜひ『伝え方の引き出し』を増やしてください」

まずは本講座の「マネ」から入るのも良いです。

これまでの指導経験をベースにした清水氏の表現は的確かつ実践的で、学んだその日から現場で応用できるはずです。

アウトプット重視の教育で「伝え方」を鍛え上げ優れた指導者を育てたい

清水忍インタビュー

本講座では、「機能解剖学」(約10時間)に加えて「生理学」(約4時間)と「身近な傷害」(約2時間)についても学ぶことができます。

人体の構造や機能に関して、現場で必要とされる知識に特化したカリキュラムとなっています。

合計約16時間というボリュームに圧倒されるかもしれませんが、1本の動画は約15分に収まっており、忙しい人でも隙間時間を活用して学習しやすいように工夫されています。

「根を詰めて勉強するのではなく、各自のタイミングで自由に学べることも本講座のメリットの一つ。また、約15分の動画内でも伝える内容を徹底的に厳選し、『もっと知りたい』と思えるような余地を残しています。掘り下げて説明したくなるところをグッとこらえ、入門編の主旨を逸脱しないよう上手に『引き算』することに苦労しました」

もう一点、本講座が特徴的なのは、1つの物事を複数の方法で説明していることです。

例えば、機能解剖学で筋肉の動きを解説する場面では、同じ動きを3Dアニメーション、平面イラスト、スライド、そして清水氏自身の身体という4つのツールを使って見せています。

「人によって、すっと頭に入ってくる表現方法は異なるでしょう。そのため、できるだけ多様な表現方法を提示するように意識しています」

こうして習得した知識は、自分の中だけにとどめておくものではないと清水氏は言います。

「インプットしたものは患者さんや顧客に還元できるようアウトプットすることが、さらなるインプットにつながります。本講座で学んだ受講者たちが実践を重ね、いずれは指導者として一緒にお仕事ができる日が来ることを願っています」

後進の育成に力を注いできた清水氏は、現役トレーナーのスキルアップを図る『清水塾』も主催しています。

そこでも指導の中心になるのは「より良く伝える方法」、つまりアウトプットの技術。

「私が目指しているのは『誰よりも分かりやすい』『やる気になった』と言ってもらえるようなトレーナーを育成すること。伝え方に焦点を合わせた指導者教育こそ、自分が果たすべき役割だと感じています」

また、IHTAアドバイザーの一人としては、「身体のレベルアップ」に焦点を合わせた活動を展開していきたいと言います。

「マイナスからゼロに引き上げる『治療』や『回復』が大切なことは言うまでもありませんが、身体的パフォーマンス向上によりゼロからプラスへ導くことも大切です。超高齢社会を迎えた日本だからこそ、『99歳の時より100歳の時のほうが元気』と感じてもらえるような働きかけが求められるはず。そうした視点から、人々の健康増進に貢献していきたいと考えています」

清水忍プロフィール

インストラクションズ代表、トレーニングジム〈IPF〉ヘッドトレーナー。
一般社団法人 国際ホリスティックセラピー協会(IHTA)アドバイザー、全米スポーツ医学会認定運動生理学士(ACSM/E-PC)、NESTA JAPANエリアマネージャー。

メジャーリーガー、西武ライオンズや広島カ ープをはじめとするプロ野球選手のパーソナルトレーナーの他、トップアスリートのパフォーマンス 向上をサポートしている。
健保組合の糖尿病対策セミナーの指導者、スポーツ・医療系専門学校の非常勤講師としても活動。書籍の監修を務める。雑誌「Tarzan」やテレビなどの出演も多数。講師として輩出してきたトレーナーの人数は数千人に及ぶ。

ヨガインストラクターが選ぶオンラインヨガ4選!

>>オンラインヨガ4社の口コミ、料金、特徴を比較解説!ヨガのプロが選ぶおすすめのサービスは?

関連記事

スタジオに通う必要がなく、スマホやPCで通信しながらオンライン上でヨガを楽しめる【オンラインヨガ】専用のスタジオがあることはご存知でしょうか? 自宅の近くにヨガスタジオがない 仕事や育児が忙しくて、なかなかスタジオに通う時間[…]

オンラインヨガ4社の口コミ、料金、特徴を比較解説!ヨガのプロが選ぶおすすめのサービスは?