朝にオススメなアップテンポのヨガ音楽ベスト5!エンヤ、ジェイソン、ペンタトニックスなど

朝にオススメなヨガ音楽ベスト5
みなさんはどんな音楽をよく聴きますか?

ヨガのレッスンを受けに行くと、クラスによって違う音楽をかけていますよね。

今回はヨガ音楽の選び方や、朝に聴きたいアップテンポのヨガ音楽のベスト5をご紹介します!

ヨガ音楽の選び方!ヨガインストラクターが選ぶポイント

ヨガ音楽の選び方

ヨガのレッスンでは、ヒーリング系の曲をかけているクラスやポップな洋楽などをかけているクラスまで様々です。

インストラクターの好みによっても、レッスンで使われる曲は変わってくるもの。

ヨガインストラクターが音楽を選ぶ時に気をつけているポイントをご紹介します。

ヨガ音楽の選び方①:クラスの雰囲気

レッスンが行われる時間帯やスタジオのテイストなどによっても、クラスの雰囲気は違ってくるものですよね。

朝なら仕事に行く前に元気になれるアップテンポな曲が好まれますし、夜なら少しムードのある落ち着いた曲が合っている場合もあります。

ジムなどの活発な雰囲気のスタジオもあれば、ヒーリング系のヨガ音楽が好まれるスタジオもあります。

その場に流れて違和感がないヨガ音楽を選ぶ事が多いでしょう。

ヨガ音楽の選び方②:クラスの内容

クラスの内容も重要なポイント。

パワーヨガなら励ましてくれるようなアップテンポでノリの良い洋楽を使ったり、リラックス系のクラスなら、それにふさわしい落ち着いたヨガ音楽を選びましょう。

またヨガのクラスでは、はじめに呼吸に焦点をあて呼吸を整えてからアーサナにうつるものも多いです。

そのようなクラスは、自分の呼吸が聴こえやすいように最初の5分程度は無音でスタートしたりする事もあります。

ヨガ音楽の選び方③:イメージや主張が強過ぎないもの

ヨガのレッスン中は自分の呼吸とカラダだけに集中し、余計な雑念は取り払うように心がけています。

なので、ヨガの間に失恋ソングや訴えるものが強すぎる曲が流れると、集中の邪魔になってしまう可能性も…。

集中をさえぎることなく、むしろ集中を手助けしてくれるような、イメージや主張が強すぎないヨガ音楽を選ぶようにしましょう。

集中のジャマにならないヨガ音楽という観点では、邦楽では言葉が頭に入ってきてしまうため、海外の言語の曲やメロディだけのものが使いやすいと言えます。

関連記事

ヨガグッズって色々とありすぎて、どれから集めればいいのか分からないですよね。 そこで今回、ヨガネス編集部では必要度に合わせてヨガグッズをまとめました。 最低限必要なヨガグッズ(必要度:★★★★★) ヨガウェア ヨガグッズ[…]

ヨガグッズの種類一覧まとめ

アップテンポのヨガ音楽ベスト5!朝ヨガにオススメ

今回オススメするヨガ音楽は、朝ヨガに合うアップテンポな洋楽です。

朝に聴くと、1日元気に過ごせそうなものを選びました。

Youtubeで無料でぜひ聴いてみて下さいね♪

ジェイソン・ムラーズ「I’m yours」

2008年にリリースされたジェイソン・ムラーズの「I’m yours」は、彼の代表曲と言ってもいい有名な曲です。

誰でも一度は聞いた事があるのではないでしょうか?

リラックスした優しい曲ですがアップテンポで、比較的どんなヨガクラスにも合う曲と言えます。

彼の曲は他にも「Have It All」や「Making It Up」なども内容も明るくてヨガ向きな曲が多く、ヨガ音楽にオススメなシンガーです。

エンヤ「Orinoco flow」

アイルランド出身の歌手であるエンヤも、癒される美しい歌声でヨガのクラスで使われやすいシンガーのひとりです。

「Orinoco flow」はアップテンポで朝ヨガ向きですが、「Caribbean Blue」などは聞いているだけで癒されるリラックス系のヨガにオススメの曲です。

彼女の他の曲も歌詞が邪魔になることなく、ヨガのレッスンにオススメです。

エンヤ「Caribbean Blue」

ジェイソン・デルーロ &デイヴィッド・ゲッタ「goodbye」

この曲はテノール歌手のアンドレア・ボッチェリとポップなオペラ歌手サラ・ブライトマンの曲である「Time To Say Goodbye」が元です。

「Time To Say Goodbye」をジェイソン・デルーロとデイヴィッド・ゲッタがアップテンポにアレンジしたもの。

癒し系の原曲がうまくロックにアレンジされて、活力にあふれた曲で朝ヨガにオススメです。

原曲も美しく、リラックス系のヨガクラスにオススメです。

アンドレア・ボッチェリ &サラ・ブライトマン「Time To Say Goodbye」

ペンタトニックス「take on me」

ペンタトニックスは、アメリカ出身の5人組のアカペラグループ。

アカペラで色々な曲をアレンジしており、ハモりが美しくヨガのレッスンにオススメなグループです。

a-haが1985年に発表した有名なシングルである「take on me」のカバーソングは、元気が出る朝にヨガ音楽としてピッタリです。

マルーン5「Memories」

アメリカの有名ロックバンドのマルーン5。

彼らの曲はノリが良いものが多く、パワーヨガなどに向いています。

その中で少しテイストが違う「Memories」は、誰でも一度は聞いたことのある有名なクラシック音楽であるパッヘルベルのカノンをベースにした曲。

耳に入りやすく、メロディが爽やかなロックになっておりヨガ音楽としてオススメの一曲です。

自分好みのヨガ音楽を見つけよう

自分好みのヨガ音楽をみつけよう

朝ヨガにオススメのヨガ音楽5曲、ぜひ聴いてみてください!

落ち着いた曲を聴きながらリラックスしたヨガをしたり、ロックを聴きながらパワーヨガに挑戦したり、ヨガのレッスンも音楽に助けられるものです。

無音でやるヨガもいいですが、セルフヨガ用のプレイリストを作ってみてはいかがでしょうか?

関連記事

ぼんやりと雨音を聞いていたら、びっくりするほど時間がすぎていた、なんて経験はないでしょうか? これは雨音が自然にあなたを瞑想状態に導いてくれたことによるもの。 この記事ではYouTubeで手軽に無料で聞くことのできる、瞑想に最適[…]

瞑想をするときに聞きたいYouTubeの無料音楽9選