★初心者必見★オススメなヨガマットの選び方!オススメなヨガマットから選び方まで徹底解説

初心者向けヨガマットの選び方について解説
ヨガにハマると「マイヨガマット」が欲しくなりませんか?

ただ、ヨガマットって数多くのブランドや種類があってなにを選べばいいのか分からない人は少なくありません。

せっかくマイヨガマットを選ぶなら失敗したくないですよね。

そこで、失敗しないために厚さ、大きさ、素材、デザインなどヨガマット選び方を徹底解説。

自分だけの最高のヨガマットを選びましょう。

目次

オススメなヨガマットの選び方のポイント

初心者向けヨガマットの選び方のポイントは4つ

ヨガマットは、必ずないといけないものではありません。

でも。マットがないと体勢を維持するのが少し難しいということから、ヨガをしている人のほとんどはヨガマットを利用しています。

ヨガマットがほしいという人は、選び方としては4つのポイントに注目しましょう。

ヨガマット選び方のポイント

  • 厚さ
  • 大きさ
  • 素材
  • デザイン
  • ブランド

選び方をいちいち見るのがメンドクサイという人向けに、具体的にオススメなヨガマットをご紹介していますのでご参考ください。

ヨガマットの厚さのオススメな選び方

ヨガマットの厚さの選び方としては3~5mmがオススメ

ヨガ初心者にとって、一番オススメなヨガマットの厚さは3~5mmのヨガマットです。

ヨガマットに、厚ければいいというわけではありません。

ヨガのタイプやヨガをする場所によって、適切な厚さがあります。

ヨガ初心者にとって標準的な暑さである3~5mmのヨガマットが、バランスよく色んな場面で利用できるのでオススメといえます。

ただ、すでに使い方が決まっている人は、目的によって選び方を変えましょう。

それぞれのヨガマットの厚みに応じた、向いている用途は次のとおりです。

ヨガマットの厚さのオススメな選び方

  • 1~2mmのヨガマット:トラベル型
    • 1kg以下であることが多く、折りたたんだりしやすい。
    • クッション性は高くないもののグリップ性が高く滑りにくいのが特徴。
    • 旅行や出張、ヨガの合宿などで持ち運ぶ時に利用するのがオススメ。
  • 3~5mmのヨガマット:バランス型
    • 1〜2.5kg程度なので持ち運びもできる。
    • 立位でもバランスがとりやすく、使い勝手が一番よい。
    • 色んな場面で活用でき、一番多くの人が利用している。
  • 6~12mmのヨガマット:据え置き型
    • 2.5kg〜と持ち運びは困難。
    • 自宅用ヨガマットとして利用している人がほとんど。
    • バランスを取りづらいため、動的なヨガには向いていない。
    • 床からの反発を和らげてくれるクッション性から座位や仰向けのポーズといった静的なヨガ向いている。

ヨガマットのサイズのオススメな選び方

ヨガマットの大きさの選び方としては大きいほうがオススメ

主流なヨガマットのサイズは、長さ170cm ・幅が60cmのもの。

基本的には大きいほうが広々と快適に使えるのですが、大きければ大きいほど重くて持ち運びに不便、価格が高くなります。

なので、自分の体格にあったサイズのヨガマットを選ぶのがオススメです。

ヨガマットのサイズを判断するときは、長さを基準にしましょう。

ヨガマットの幅は60cm~67cmがほとんどで、違いはあまりありません。

では、長さはどのように選べば良いのでしょうか?

結論としては、自分の身長+10cmが最適です。

自分の身長に合わせてベストなヨガマットを選んで、長くヨガライフを楽しみましょう。

ヨガマットのサイズのオススメな選び方

自分の身長+10cmの長さのヨガマットを選ぶ

ヨガマットの素材のオススメな選び方

ヨガマットの素材の選び方7つ

ヨガマットの素材の選び方としては、定番の7種類から選ぶのが安全。

ヨガマットの定番7素材

  • PVC(ポリ塩化ビニール)
  • PER(ポリマー環境樹脂)
  • EVA(エチレン・ビニール・アセテート)
  • TPE(サーモ・プラスチック・エラストマー)
  • 麻(ジュート)
  • 天然ゴム((ナチュラル・ラバー)
  • 畳(ストロー)

どれも一長一短あるので、好みに応じて最適なものを選びましょう。

ヨガマットの素材①:PVC(ポリ塩化ビニール)

最も代表的なヨガマットの素材で非常に安いのが特徴です。

ただ、水洗いができない手入れの大変さや汗をかくと滑りやすいことからあまりオススメできませんが、ヨガを始めたばかりで必要最低限の機能であれば良いという人はPVCにを選びましょう。

ヨガマットの素材②:PER(ポリマー環境樹脂)

水洗いができて手入れがしやすいPVCのハイクオリティバージョンのような素材です。

他の素材と比較するとマイナーなため種類が少なく、選べるデザインが少ないのが残念なところ。

ヨガマットの素材③:EVA(エチレン・ビニール・アセテート)

「安い」・「軽い」・「手入れがカンタン」とオススメなヨガマットの素材です。

しかし、劣化がはやく、あまり長持ちしないことが欠点。

ヨガマットの素材④:TPE(サーモ・プラスチック・エラストマー)

ヨガマットのための素材といっても過言ではないぐらいヨガマットに適している素材です。

値段が高めなので初めてヨガマットを買う人にはオススメできませんが、ヨガにハマって好きな流派も決まったヨガ中級者以上の方にとってオススメのヨガマット素材といえます。

ヨガマットの素材⑤:麻(ジュート)

ナチュラルであることからヨガ上級者が好んで使うヨガマット素材です。

汗を吸っても滑りにくいので、天然素材でヨガマットを探しているという人は麻のヨガマットがオススメ。

ヨガマットの素材⑥:天然ゴム((ナチュラル・ラバー)

ゴムのニオイが気になるものの、安定性と耐久性がピカイチのヨガマット素材です。

またニオイだけでなく、重くて持ち運びが不便、水洗いやアルコール除菌ができないので手間がかかってしまうという点に目をつぶることさえできれば長期的に使える素材といえます。

ただし、ゴムアレルギーの人は必ず避けましょう。

ヨガマットの素材⑦:畳(ストロー)

近年、人気が出てきはじめた素材です。

麻と同じようにナチュラル素材で、日本人が慣れ親しんだいぐさの香りを楽しめます。

ただし、素材のなかでは非常に高価となっているのでお財布事情によって購入するか決めましょう。

ヨガマットでよく利用される素材まとめ

素材 ニオイ グリップ 手入れ 耐久性
PVC
PER
EVA
TPE
天然ゴム

 ヨガマットの色のオススメな選び方

 ヨガマットのデザインの選び方は好きなもの

ヨガマットには、様々なカラー・デザインの種類がラインナップされています。

基本的には自分の好きな色のヨガマットを選ぶことがオススメです。

直感的に好きな色を選んでもいいですし、自分が持っているヨガウェアに合う色合いのヨガマットを選ぶのもいいでしょう。

できれば人と同じ色のヨガマットで目立ちたくないという人は一番利用されているピンクのヨガマットを選ぶのも悪くないでしょう。

オススメなヨガマットブランドの選び方

オススメなヨガマットブランドの選び方

ヨガマットの人気ブランドは次のとおり。

  • manduka(マンドゥカ)
  • suria(スリア)
  • prAna(プラナ)
  • yoga works(ヨガワークス)
  • jadeyoga(ジェイドヨガ)

それぞれ解説していきますね。

高級ヨガマットのブランドといえばmanduka(マンドゥカ)

manduka(マンドゥカ)は、一流のヨガインストラクターたちから絶大な支持を得ているアメリカの老舗ヨガマットブランド

環境に配慮したものづくりをコンセプトをものにマットをつくっていることから、長く使える耐久性とグリップ力は他ブランドを圧倒。

mandukaオリジナルの特殊なドット加工によって、汗の不快なベタつきや床面とのスリップを防止するのはもちろん、野外での使用にも適しています。

中でも、伝説的な最高級のヨガマットであるmandukaのブラックマットは、一生モノのヨガマットと称される一品です。

デザインは、シンプルで上品なので万人受けしやすいのが特徴です。

機能性と耐久性を両立させていることから値段は高めなので、「お金を多めに費やしても最高のヨガマットがほしい」という人に向いているブランドです。

日本初のヨガブランドといえばsuria(スリア)

suria(スリア)は圧倒的な知名度を誇る国産ヨガウェアブランドで、ヨガマットも人気。

銀座、吉祥寺などの一等地に直営店舗を構えるほど人気のブランドで、ヨガマットについて調べると大体でてくるでしょう。

直接肌に触れるものであるヨガマットの素材にこだわりぬいており、接着剤を使用しないことからニオイがあまりしないのが特徴。

ヨガウェアブランドであることからデザイン性が高く、バリエーション豊富なナチュラルカラーが使われています。

ファッション性を重視したいヨギーにオススメなブランドです。

デザインがいいヨガマットのブランドといえばprAna(プラナ)

アメリカのカルフォルニア州で生まれたヨガウェアのブランド

リバーシブルなデザインで、その日の気分で雰囲気を変化させることができるのが最大の特徴です。

国産ヨガマットのブランドといえばyoga works(ヨガワークス)

yoga works(ヨガワークス)といえば、日本国内であれば定番中の定番といえるヨガブランドですよね。

デザイン、素材、厚みの選択肢が幅広いヨガマットを扱っており、値段も安いものから高いものまであります。

日本のものづくりを重視して国内生産にこだわっていることから、値段のわりに品質がいいヨガマットになっています。

コストパフォーマンスがいいブランドといえるでしょう。

天然ゴムヨガマットのブランドといえばjadeyoga(ジェイドヨガ)

jadeyoga(ジェイドヨガ)は、もともと絨毯の滑り止めを製造していた専門メーカー

そのノウハウから天然ゴムを使用した良質なヨガマットで有名で、高いグリップ力とクッション性が特徴です。

天然ゴムを利用しているため重いですが、とにかく滑りにくいヨガマットが欲しいのであれば、jadeyoga一択でしょう。

ヨガインストラクターが選ぶオススメなヨガマット

ヨガインストラクターが選ぶオススメなヨガマット

初心者にオススメなヨガマット

初心者の人だと、好きなヨガの種類が決まっていない以上、色々と使えるヨガマットがいいでしょう。

中でもオススメなのが、スリアが出しているエコマットプラス4mm

全てがスタンダードでありながら、コストパフォーマンスが優れているのが特徴です。

suria(スリア) HDエコマットプラス4mm チェリーピンク
4

価格: ¥7,480
通常配送無料

初めてのヨガマットの最定番

軽さ・厚さ・クッション全てがバランスのとれたヨガマット。

初めてのヨガマット選びにもチョイスされる方が多くおり人気。

中・上級者にオススメなヨガマット

ある程度ヨガに慣れ親しんだ人であれば、長く使えるヨガマットがいいでしょう。

オススメするのは、もはや有名すぎて語ることもないヨガマット「PROヨガマット」。

値段は張りますが、ヨガマットの中のヨガマットといえばコレに決まりです。

ブラックマットPRO
4

価格: ¥19,250
通常配送無料
自宅ヨガにオススメな一生もののヨガマット

ドイツのテクノロジーの粋を集めたマンドゥカのヨガマットは優れたグリップ性、衝撃吸収構造で世界中の一流ヨガインストラクターをはじめとするプロに愛用されている一品です。

持ち運びにオススメなヨガマット

持ち運びに便利なヨガマットをお探しの方は外で使うため、できれば自宅用とは別のヨガマットがあったほうがベスト。

そこでオススメとなるのは比較的持ち運びがラクで、お求めやすいヨガワークスのヨガマットです。

定番中の定番なので、ヨガスタジオで使った人も少なくないのではないでしょうか?

ヨガワークス ヨガマット6mm
4.5

価格: ¥2,530
通常配送無料

初心者に優しい価格設定が魅力のヨガワークスで最も定番なスタンダードタイプのヨガマット。

6mm厚なので自宅用にもヨガ教室用にもオススメ。

1.3kgの安定感のある重量で使い勝手がいいと評判です。

好みに応じてヨガマットを選ぼう

ヨガマットの選び方を活用して、自分好みのものを買いましょう

ヨガマットは絶対に必要という訳ではありませんが、ヨガマットがあるのとないのとではヨガをやっている際の快適さが全く異なります。

ヨガマットは自分だけの聖域。

色々な種類があるヨガマットですが、自分の用途や好みに応じて使いたいものを選ぶのがオススメです。

快適な空間を作ってヨガを楽しみましょう。

ヨガスタジオに通いたいという方はコチラ

ヨガを始めようという人からよく耳にするのが、「ヨガスタジオをどう選べばいいのかわからない」というお悩み。 ヨガに挑戦したいと決意をしても、最初から一人で始めるのは至難の業ですよね。 今回は、ヨガを始める人向けにヨガスタジオの選び[…]

おすすめのヨガスタジオの選び方について徹底解説