【ヨガで自己肯定感UP】自己肯定感が低い方に、ヨガをオススメしたい8つの理由

【ヨガで自己肯定感UP】自己肯定感が低い方に、ヨガをオススメしたい8つの理由
突然ですが、あなたは自分のことが好きですか?

自信を持って「はい!」と答えられる方は、そう多くはないのではないでしょうか。

世界の中でも、特に日本人は自己肯定感が低いと言われています。

良く言えば謙虚な気持ちを持っている方が多いのですが、その自己肯定感の低さがゆえ、幸せを感じられず、たった一度の人生を楽しめない可能性が大いにあります。

そんな寂しい状況を打破するためには、実はヨガが役立ちます。

筆者自身も、ヨガを通して自己肯定感を高めることができた一人です。

今回は、ヨガ講師である筆者が、自己肯定感が低い方にヨガをオススメしたい理由を解説していきます。

自己肯定感とは?自己肯定感を高めるメリット

自己肯定感とは?自己肯定感を高めるメリット

自己肯定感とは、簡単に言えば「何があっても自分を肯定できる感覚」「根拠のない自信」のことです。

ここで大事なのは「何があっても」「根拠のない」という点です。

  • テストで良い点をとったから
  • 仕事で成功しているから
  • 周囲に認められているから
  • 容姿が美しいから
  • お金持ちだから

=「だから自分には価値がある。そんな自分が大好き」というのは、自己肯定感とは異なります。

これらの条件付きの自信は、状況が変われば崩れ去ってしまうものだからです。

  • テストで良い点をとったから→成績が悪くなった
  • 仕事で成功しているから→業績が悪化した
  • 周囲に認められているから→褒めてくれる人がいなくなった、悪口を言われた、裏切られた
  • 容姿が美しいから→年齢を重ねた、体型が崩れた
  • お金持ちだから→貧乏になった

一見、自信に満ち溢れているような人でも、このような状況の変化で人生に絶望してしまうことがあります。

成功していない自分には価値がないと感じ、どんどん自分を嫌いになり、周囲にも心を閉ざしてしまうケースは少なくありません。そうなれば幸せから遠ざかってしまいます。

条件付きの自信は、とても脆く崩れやすいのです。

本当の自己肯定感とは、状況が悪化してもなお自分のことを尊重する気持ちを持てること。

仕事でミスをしても、思うような成果を上げられなくても、年齢を重ねても、貧乏になっても、「私は唯一無二の素晴らしい存在である」と思える自己肯定感の高い人は、どんな状況下でも新たな可能性を探り続けられます。

「こんなことになった自分は不幸だ」とは思わず、「私は幸せになって良い人間だ」と思うことができるので、心が枯れることはありません。

自己肯定感が高い人は、他人に対しても同じように考えているので、無条件に人を愛することができ、周囲の人も幸せにすることができます。

また、根拠のない自信があるので「ひとまずやってみよう」という挑戦心もどんどん湧いてきます。

チャンスを掴む回数も必然と増えていくのです。

>>自分に自信がない人に進めたい瞑想!「自信がない」を克服する瞑想法2つ

関連記事

自分に自信がありますか? それとも自信がありませんか? もし、自分に自信を持てない方がいらっしゃるならば「瞑想」を習慣化することをオススメしたいです。 今回の記事では「自分に自信をつける」という目的に絞って瞑想することにつ[…]

自信がない人にオススメな2つの瞑想方法

自己肯定感が低い人の原因とは?

自己肯定感が低い人の原因とは?

自己肯定感が低くなってしまう原因は、一概にこれだと言えるものはありません。

生まれ持った性格や性質もありますし、育った環境によっても左右されるものだと考えられます。

  • 幼少期の環境では、テストの点が良いと褒められ、悪いと怒られた。
  • 失敗することは恥ずかしいと教えられた(もしくはそう感じる言動を見て育った)。
  • 謙虚でいるようにと教えられた(もしくは謙遜する親の態度を見て育った)。

などの例が浮かびます。

謙虚でいることを美学とし、出る杭は打たれる集団行動を実践する日本の教育にも自己肯定感を下げてしまう要因になっているかもしれません。

その元凶を取り除くことは非常に難しいことですが、大人になった今からでも自己肯定感を高めることはできると思うのです。

こんな原因があったから自己肯定感が低くなってしまったと諦めるのではなく、自分の幸せのために自己肯定感を高める工夫をしてみてはいかがでしょうか。

自己肯定感が低い人の特徴チェックリスト

自己肯定感が低い人は、状況によって人生に絶望してしまうことがあり、自己肯定感が高い人は自らの力で人生を輝かせることができます。

ここでは自己肯定感が低い人の傾向をまとめてみました。

自己肯定感が高い人は、その反対の意識を持つ傾向があります。

自分は一体どちらのタイプなのか、チェックしてみてください。

自己肯定感が低い人のチェックリスト

  1. 人からどう見られているかが常に気になる
  2. 人と比べて自分は優れているか、劣っているかを考えてしまう
  3. 自分より地位の低い人といると偉そうな態度になる(もしくは安心する)
  4. 周囲から見て“変でない”、無難なファッションやメイクを好む
  5. 他人のことを地位や容姿で判断している(それが人を評価する基準になっている)
  6. 苦手分野には挑戦しない(失敗が怖い、失敗をかっこ悪いと思っている)
  7. 失敗したら「才能・能力がなかったから」だと感じる
  8. 嫌な思い出を度々思い出す(あのときこうしていれば…と後悔する)
  9. 注意、指摘をされると、しばらく落ち込んでしまう
  10. 失恋するとまず自分の何が悪かったのかを考える(相性の問題や相手側の原因は考えない)
  11. 友達の成功を心から喜べない(心の中では焦ってしまう)
  12. 成功した経験がない(途中で辞めてしまった、どうせできないと思っている)
  13. 体調不調になって頑張りすぎていたことに気づく(無理することが当たり前になっている)

ヨガで自己肯定感を高められる理由

ヨガで自己肯定感を高められる理由

自己肯定感を高める方法を調べてみると、日常的に少しずつ言動を変えたり、思考の仕方そのものを変えたりするものが多く出回っています。

内容としては理に適っていていますが、長年身についた思考の方法を意識のみで変えていくのはとても難しいと感じました。

そこでおすすめなのが、ヨガです。

筆者自身、ヨガを通して自己肯定感が高まったと感じています。

個人差はありますが、ヨガを続けることで自分に自信が持てるようになった、自分を好きになった、マイナス思考が減ったという生徒さんの声も耳にします。

では、一体なぜ自己肯定力が低い方にヨガがおすすめなのか、その理由を詳しくご紹介していきます。

ありのままの自分を受け入れられるようになる

ヨガをしていると、「昨日はスムーズにできたのに今日は何だかやりづらい」と感じるポーズがでてきます。

それは日々の心と身体の変化により、当たり前に起こること。

無理やり変えようとしても変えられるものではないので、ヨガでは「今日は少しやりづらい」といった変化をそのままを受け入れれば良いのです。

ヨガを通してそのことを知ると、ありのままの自分を受け入れられるようになっていきます。

できる・できないで判断しなくなる

「ヨガって身体が柔らかくなくちゃできないんでしょ?」

私がヨガ講師になってから幾度となく言われたことです。答えはNOです。

ヨガのポーズには確かに完成形があり、身体を痛めないための正しいフォームはありますが、できる・できないという概念はヨガの世界にはありません。

ヨガをすることで、できたからすごい、できないからダメという自己肯定感が低い人が持ちがちな固定概念から解放されます。

他人と比べなくなる

ヨガのポーズは人と比べるものではありません。

最初はヨガクラスでも人と比べてしまうかもしれませんが、続けていくうちに自分の指先や足先、身体の隅々にだけ集中できるようになります。

半年前の自分よりも良い感じになってきた、と自分の中での成長を感じられるのがヨガです。

他人と比べずに自分の心地良さを追求できるようになってくると、自己肯定感が高まっていきます。

力の抜き方を覚えられる

ヨガのポーズは難易度が高くなればなるほど、力の抜き方が大事になってきます。

自己肯定感が低く、自分を認めるハードルが高くなりすぎている人はつい頑張りすぎてしまうもの。

ヨガを通して力の抜き方を覚えることで、頑張りすぎていた自分に気づかされます。

頑張りすぎない方がバランスがとれることを知ると、自己肯定感を高めるきっかけになります。

自分を労われるようになる

ヨガを毎日行っていると、「今日は身体が緊張していて硬いな」「雨の日は集中力がないかも」と自分の心と体の変化に敏感になってきます。

これが、自分を労わることへの第一歩になります。

自分を労わることができるようになると、自分は存在するだけで意味があるのだと思えるようになり自己肯定感が高まっていきます。

後悔に捕らわれなくなる

「あのときこうしていれば」と苦い思い出を引きずってしまい、そのせいで「やっぱり自分には無理だ」というマイナス思考に陥ってしまうのが自己肯定感が低い人の特徴です。

過去に意識を向けると、後悔の念が押し寄せやすくなります。

ヨガでは、呼吸やポーズを通して「今この瞬間」に目を向けていきます。

まだ見ぬ未来への不安に悩むこともなくなります。

自分のために行動できるようになる

ヨガは誰かのために続けるものではありません。

続けたら褒められることも、成績が上がることもありません。

しかし、続けることで心地良さを感じたり、健康な心と体を手に入れられます。

自分のためだけに行えるのがヨガなのです。

誰かに褒められるため、良く見られるために頑張ってきた自己肯定感の低い人は、考え方を見直す良いきっかけになります。

少しずつ確実に成長する体験ができる

自己肯定感の低い人の中には、成功体験がないことから自分に自信が持てないでいることもあります。

ヨガは、どんなに運動が苦手な人が行っても続けることで確実に成長できるものです。

「自分だってやればできる」という経験は、確実に心の奥に根付く自信へと繋がります。

勝ち負けという結果ではなく、続けることで変化したという結果が自己肯定感を高めるためには大事なのです。

毎日のヨガでもっと自分を好きになる

毎日のヨガでもっと自分を好きになる

自己肯定感が低いと、少しの状況の変化でも心が折れやすく、なかなか前に進めないことがあります。

生きづらさを感じることもあるでしょう。

そんな方は、ぜひヨガを取り入れてみてください。

筆者は、ヨガは自己肯定感を高めるきっかけになるメソッドにもなり得ると考えています。

ヨガで今よりも自分を大事にして、幸せを手にしましょう。

ヨガインストラクターが選ぶオンラインヨガ4選!

>>オンラインヨガ4社の口コミ、料金、特徴を比較解説!ヨガのプロが選ぶおすすめのサービスは?

関連記事

スタジオに通う必要がなく、スマホやPCで通信しながらオンライン上でヨガを楽しめる【オンラインヨガ】専用のスタジオがあることはご存知でしょうか? 自宅の近くにヨガスタジオがない 仕事や育児が忙しくて、なかなかスタジオに通う時間[…]

オンラインヨガ4社の口コミ、料金、特徴を比較解説!ヨガのプロが選ぶおすすめのサービスは?