ヨガで言われるチャクラとは?初心者のためのチャクラ入門

自律神経
ヨガをしていると「チャクラ」という言葉をよく聞きますが、どんなものか知っていますか?

この記事では、よく分からないけれどヨガの話題にあがる「チャクラ」について、初心者の方にも分かりやすく解説していきます。

ヨガをしているとよく聞くチャクラとは?

チャクラとは気の通り道

ヨガをしているとよく聞く「チャクラ」ですが、解剖をおこなっても、レントゲンで撮影しても目で見えないので実感するのが非常に難しいですよね。

エネルギーの通り道のなかでも特に重要なポイント。

チャクラはぐるぐると回っていると考えられているから、サンスクリット語で「車輪」を意味する。

ヨガでは、カラダの中には生命エネルギーが流れるとされています。

その流れが交わるところがチャクラ。

チャクラがつまると、重要な場所への生命エネルギーがしっかりと流れなくなり、正常に働かなくなります。

生命エネルギーが電車だとすると、チャクラは東京の新宿駅や大阪の梅田駅のような複数の路線が乗り入れている駅のようなものだと考えてください。

そんな重要な駅が使えなくなるものだと思えば、どれだけ流れに大きな影響を与えるか想像できますよね。

ヨガでは、チャクラにつまりを解消することで健康的にすごすことができると考えられています。

チャクラの種類は?

チャクラの種類には7つある

チャクラはカラダ中に数万もあるといわれていますが、よく「チャクラ」と言われて意味するのは「7つのチャクラ」です。

7つのチャクラは背骨にそって並んでおり、それぞれのチャクラにあたる部分は重要な器官が存在しています。

それぞれ紹介していきますね。

第1チャクラ:ムーラーダーラー・チャクラ

尾てい骨や第2の脳ともいわれる腸の近くにある赤色のチャクラ。

第1チャクラがきちんと機能していると、生存のための衣食住のバランスを保ち、精神的な安定感や落ち着きをもたらすとされています。

なので、生命力がみなぎり、危険が察知する野生のカンが働くなると言われています。

逆に、第1 チャクラがつまっていると無気力になったり、不安になったりと元気がない状態になります。

第2チャクラ:スヴァ―ディッシュターナ・チャクラ

丹田や生殖器の近くにあるオレンジ色のチャクラ。

セクシャリティや感情をつかさどり、開かれているとエネルギッシュになります。

逆に、第2チャクラがつまっていると自信をなくしてしまいがちに。

第3チャクラ:マニプーラ・チャクラ

胃や肝臓の近くにある、黄色のチャクラ。

「消化」と深くかかわっており、第3チャクラがしっかりと開かれていると食べ物が消化がよくなるだけでなく、問題をしっかりと消化することで意志力が高まると言われています。

精神的な問題が消化できずに不満をためがちな人ほど、第3チャクラもつまりがちになるケースが多く、うつ状態や怒りを感じやすくなるんだとか。

第4チャクラ:アナーハタ・チャクラ

心臓や肺の近くにある緑色のチャクラ。

ハートチャクラとも呼ばれ、愛情と関わりがあるといわれています。

第4チャクラが開かれていると、現実と理想の折り合いをつける優しさや自分を受け入れることにつながり、人間関係が改善されます。

第5チャクラ:ヴィシュッダ・チャクラ

ノドの近くにある水色のチャクラ。

声を出す器官と近いこともあることから自己表現と関わりが深く、他の人とのコミュニケーションが円滑になります。

第6チャクラ:アージャニー・チャクラ

脳、特に脳下垂体の近くにあるピンク色のチャクラ。

第6チャクラは直感力や判断力をつかさどり、正常に働いていると情報を的確に処理し修正していくことができるため、冷静さや洞察力が高まります。

逆に上手く機能していないと、頭痛や不眠症、集中力の欠如につながります。

第7チャクラ:サハスラーラ・チャクラ

頭頂にあるとされるは紫色のチャクラ。

スピリチュアルな意識とつながっており、心の豊かさをえることができるとされています。

チャクラとヨガの関係性や歴史は?

チャクラとヨガの関係性は1000年前から

チャクラの開発はサバイバル術だった!?

チャクラは、ヨガが誕生した時からあったわけではありません。

ヨガの伝統的な教典である『ヨーガ・スートラ』では、「チャクラ」という概念や言葉は全くでてこないんです。

「チャクラ」が生まれたのは、一説によると、極寒の地インド北部のヒマラヤで発達したヨガの一派から。

実は、ヒマラヤという特殊な環境下で凍死しないようにカラダの中で熱を発生させるサバイバル術だったのです。

チャクラの位置が現在の解剖学上における重要な器官と当てはまるのは、内観で観察力を鍛えたヨギーたちの間でできた共通認識として磨き上げられたからといえるでしょう。

ヨガとチャクラの関係性のはじまり

ヨガが最初にチャクラについて書かれているのは、今から1000年以上も前の7~10世紀に書かれたとされる『ヨーガ・チュンダーマニ・ウパニシャッド』だと言われています。

ただ、「チャクラ」について書かれているのですが、ヨガを知っている人なら当たり前のものなのか、詳しく説明がされていませんでした。

体系的にチャクラがまとめられるようになったのは17世紀にかかれたハタヨガの三大経典の一つ『シヴァ・サンヒター』からです。

当時のチャクラは6つだと考えられていました。

「あれ、一個たりない」と思うかもしれませんが、今から100年ほど前の1927年にイギリス人の神智学者であるリードビーターという人が伝統的なヨガにおけるチャクラに一つ付け加えました。

こうして、「チャクラは7つ」ということが世界的に定着したのです。

チャクラを知ってヨガを深めよう

チャクラを知ってヨガを深めよう

ヨガをおこなっていくことで、ムリにチャクラを開発しなくてもエネルギーの循環を改善して結果的にチャクラの調子をよくすることができます。

今回の記事では、チャクラの開発の仕方については紹介しませんでしたが、そもそもチャクラというのは命がけでつちかわれてきた技術体系です。

なので自己流で行うことは大変危険。

実際にニューエイジの時代にチャクラ開発を行った結果、今も後遺症に悩まされている方もいるぐらいです。

副作用への正しい対応もできるように、経験豊富な指導者から学ぶようにしてください。