【保存版】ヨガインストラクターになりたいなら把握したい資格の種類一覧!資格それぞれの特徴を解説

ヨガインストラクター資格一覧
ヨガインストラクターになるのに資格は不要ですが、他の人と差別化するのにあったほうがいいのは間違いありません。

でもヨガの資格って色々あって分からない…

そんなお悩みを解決するため、ヨガインストラクターの資格の主要な5種類を一覧にまとめました。

全米ヨガアライアンス

ryt200

ヨガインストラクター資格といえば、全米ヨガアライアンスが認定するRYT200。

世界でも通用するヨガインストラクター資格で一番知名度があることから、ヨガ業界で知らない人はいないといわれるヨガ資格です。

全米ヨガアライアンスのヨガ資格一覧

RYT200
全米ヨガアライアンス認定校で200時間のプログラムを修了。指導時間や指導経験年数は問われないヨガインストラクター入門の資格。
RYT500
全米ヨガアライアンス認定校で500時間のプログラムを修了および、100時間の指導経験の後に取得できるヨガインストラクターの上級資格。
ERYT200
RYT200を取得した後、ヨガインストラクターとして2年以上かつ1000時間以上の指導経験があると取得できるベテランヨガインストラクターの証。
ERYT500
RYT200を取得した後に4年以上かつ2000時間以上の指導経験に加え、RYT500を取得した後に500時間以上があると取得できる、一流ヨガインストラクターの資格。
RPYT
RYT200もしくはRYT500取得者で、認定マタニティヨガスクールで85時間のトレーニングを修了後、30時間以上のマタニティヨガヨガの指導経験があると取得できるマタニティヨガヨガのインストラクター資格。
RCYT
RYT200もしくはRYT500取得者で、認定チルドレンズヨガスクールで95時間のトレーニングを修了後、30時間以上のキッズヨガの指導経験があると取得できるキッズヨガのインストラクター資格。

どのヨガ資格をとるのか悩んでいるのであれば、とりあえず全米ヨガアライアンスのRYT200を取得しておけば間違いありません。

ただ、2019年よりカリキュラムが一新され、ヨガ資格のなかでは比較的取得に大変な部類に入ります。

RYT200について詳しくはこちら

ヨガで生計をたてたいからヨガインストラクターになりたい。 そんな人には世界的な基準であるRYT200を取得するのがオススメ。 この記事ではRYT200についてはもちろん、RYT200を取得する時の注意点やスクールの選び方、オスス[…]

ヨガインストラクター資格RYT200とは

全米ヨガアライアンスの取得方法の大まかな流れとしては、RYS(Registrated Yoga School)と呼ばれる認定校に登録されたスクールでヨガインストラクター養成コースを修了後に、全米ヨガアライアンスに登録するのが一般的です。

取得費用はだいたい50万円前後で、期間は1ヶ月~6ヶ月ぐらいかかります。

インド中央政府公認資格

ヨガセンター

ヨガ発症の地であるインド政府が公認する資格で、資格の有効期限は3年間。

全米ヨガアライアンスと並び立つ世界的なヨガ資格の一つで、日本国内の民間資格と比較すると非常に厳しい条件設定があるのが特徴。

  1. スワミ・ヴィヴェーカナンダ・ヨガ研究所・ヨガ大学院大学の講座を1年受講
  2. 日本ヨーガ・ニケタンが主催する月に1度で全10回の講習を受講する。

インド中央政府公認資格の取得方法は2つありますが、日本人でインド中央政府公認資格を取得する人にとっては日本語で取得できることから②の方法で取得する人がほとんど。

全10回の講習のうち7回以上の出席するのは当然のこと、講習ごとのレポートを提出したうえで、2度の実技試験と筆記試験に合格する必要があります。

【筆記試験】

試験時間:90分

問題形式:選択問題60門

合格ライン:70%以上

【実技試験】

試験時間:60分前後

問題形式:デモンストレーションと質疑応答

合格ライン:70%以上

 

修了試験や出席率によっては、取得できないことがあることから、非常に信頼のできる資格といえ、ヨガインストラクター資格としては専門性の高い技能を持っていると評価される資格といえるでしょう。

取得費用は約10万円で、期間は1年ぐらいかかります。

NPO法人日本YOGA盟

NPO法人日本YOGA盟のヨガインストラクター資格は取得が簡単です。

2001年9月に内閣府から認証された全国組織の団体で日本のヨガ団体のなかでは古参の一つ。
国民の健康や福祉の増進に役立てる活動を目的として、「ヨガの健全な普及と発展」につとめています。

7日間にわたる口座を受講したあとに、5、11月に開催されるインストラクター認定試験に合格すれば取得できます。

簡単ではありますが、外部でも活用できるというよりもNPO法人日本YOGA盟内で活用するのに向いている資格。

取得をすることで日本YOGA盟は、教育や医療、高齢者福祉、障害者の施設などへのヨガインストラクターを派遣しています。

NPO法人日本YOGA盟のヨガインストラクター資格をもつとこの講師派遣の際に派遣されることがあるというのが内容です。

社団法人日本ヨガインストラクター協会JYIA)

日本ヨガインストラクター協会が認定する資格は、美容・健康・ストレス解消に関するインストラクターの技術を証明できる資格です。

美や健康の問題を解決するためのヨガの普及を目的とした団体。

社団法人日本ヨガインストラクター協会のヨガライセンス一覧

3級 MASTER マスターコース
解剖学やヨガの歴史、ヨガの概要知識について学ぶことによって取得できるヨガ入門資格。
受講費用は¥75,000。
2級 ADVANCE アドバンスコース
一つ一つのヨガポーズを解剖学的に理解して、実際にポーズをアジャストする方法やクラスの組み立て方の実技の講座を受講することができる指導者向けの資格。
受講費用は¥198,000。
1級 SENIOR シニアコース
ADVANCEライセンスを取得した人のみ取得することができる資格で、キッズヨガやシニアヨガに関する知識や実技を学ぶことで幅広い年齢層への指導を行うことができる資格。
受講費用は¥395,000。

2級を取得することで小規模な教室を開設、1級を取得することで認定校の開設ができる資格が得られます。

JYIAライセンスの取得方法は、認定校で取得したいライセンスのコースを受講した後に、学科・実技試験・面談に合格することで取得することができます。

一般社団法人全日本ヨガ協会(AJYA)

一般社団法人全日本ヨガ協会が認定するAJYAのヨガライセンスはライセンスは3つあり、それぞれがヨガを学ぶ目的に応じて取得できることから、心身の仕組みをよく理解した上で安全な指導ができる存在としての証明になります。

ヨガを心身の健康や教育に役立てることを目的として、優秀なヨガインストラクターの養成を目指す団体。
ヨガの啓蒙や普及にも力を注ぎ、医療や福祉現場でのヨガ支援などの活動も行っています。

ヨガインストラクターとして独立を目指すのであれば2級以上の取得をめざしましょう。

全日本ヨガ協会(AJYA)のヨガライセンス一覧

3級 MASTER マスター
認定スクール及び教室でインストラクターとして指導が認められる資格。
受講費用は¥90,000。
2級 ADVANCE アドバンス
認定教室独立開業プログラムが可能。
受講費用は¥200,000。
1級 SENIOR シニア
認定スクール独立開業プログラムが可能になる資格。
受講費用は¥400,000。

AJYAライセンスの取得方法は認定校にて各コースを受講後に倫理試験・実技試験を合格することで取得することができます。

ヨガインストラクター資格を取得してライバルと差をつけろ

YMCメディカルスクール

今回、主なヨガインストラクター資格を紹介しました。

色々あってどの資格を取るべきか悩むという人はRYT200がオススメ。

他の資格と比較して信頼があり、どこでも通用する資格といえるからです。

国内の資格だと、一部の場所でしか活躍できない資格になりかねないので注意しましょう。

ただ、その分仕事の斡旋などのサポートが比較的充実しているのでなんでもいいからヨガインストラクターになりたいという人は国内の資格でも十分かもしれません。

自分の目的をしっかりと明確にした上で、取得するヨガインストラクターを決めましょう。

関連記事

ヨガインストラクターになりたいけど、どんな流れでなれるのか不安という方も少なくないでしょう。 この記事を読めば、そんな不安は解決。 この記事を読むことで解消できる疑問 私ってヨガインストラクターに向いている?大変?[…]

ヨガインストラクターなる方法