ヨガは正しくやらないと効果がない!?ヨガの効果を引き出すための7つの注意点

ヨガの効果を引き出すための7つの注意点
ヨガでリフレッシュしたい、ダイエットしたい、気持ちを整えたい。

さまざまな理由でヨガを始める方がいるかと思います。

しかし、正しく行わないと思ったような効果を得られないだけでなく、ケガをする、体調を崩すといったリスクも。

それでは本末転倒ですよね。

今回は、ヨガの効果を最大限に引き出すための注意点をご紹介していきます。

ヨガの注意点①:体調が悪いor満腹のときには行わない

注意点①:体調が悪いor満腹のときにはヨガを行わない

ヨガのポーズには、内臓を刺激するものが多くあります。

そのため、体調が悪いとき、オナカがいっぱいのときには行ってはいけません。

ヨガのうれしい効果が得られないだけでなく、体調が悪くなってしまう恐れがあります。

特に貧血ぎみのとき、めまいがするときに逆転のポーズをしてしまうと、症状が悪化してしまいます。

少しでも気分が悪いなと思ったら、やめておきましょう。

なお、瞑想のみであれば問題ありません。

また、食事はヨガを始める2~3時間前には終えておきましょう。

空腹の状態で行うのが理想的です。

朝のヨガであれば、白湯だけ飲んでも良いですね。

ただし、アシュタンガヨガなど筋肉を使うヨガの場合は、あまりに空腹で行うと低血糖状態になってしまうことも。

胃腸に負担のかからない程度のエネルギー源を摂取してから行うのがオススメです。

ヨガの注意点②:呼吸を止めない

ヨガをするときは呼吸を止めないように注意

ヨガ初心者の方に多いのが、少しツラいポーズのときに、つい呼吸を止めてしまうこと。

人はグっとたえる時には息を止めてしまうことが、多いのです。

呼吸を止めてしまうと緊張した状態になり、ヨガの自律神経のバランスを整えるという効果が発揮されません。

私はヨガの師匠から「ポーズの正確さよりも呼吸が大事」「呼吸が止まるくらいならポーズはしなくてもいい」と教わりました。

それくらいの気持ちで、呼吸に意識を向けてみてください。

ヨガでは、難易度の高いポーズになればなるほど呼吸が味方に。

呼吸が上手くなると、どんどんヨガのポーズも深まっていきます。

ヨガをしているのに効果がないと感じたら、呼吸が止まっていないか、ポーズと連動した深い呼吸ができているかを確認してみましょう。

ヨガの注意点③:正解・不正解に捕らわれない

ヨガをするときは正解・不正解に捕らわれないよう注意

真面目な生徒さんに多いのが、十分できているのにまだ完璧にできていないと自分を追い込んでしまうこと。

人よりできているかどうかを意識したり、自分のポーズが変じゃないかと不安になったりする方もいますね。

各部位のポジションアライメントを正しく行うことは大事ですが、完璧にかっこよく行う必要はありません。

そこばかり気にしてしまうと、ヨガ本来の良さを味わうことができなくなってしまいます。

それよりも「自分にとってはこのくらいの手の伸びが気持ち良い」「今日は浅めの前屈が合っている」といった心やカラダとの対話を大事にしましょう。

ヨガにはさまざまなスタイルがあり、同じポーズであっても体つきや性別、教わった環境によって大きく異なることがあります。

目の前のヨガ講師がしているポーズが絶対に正しい、前屈や後屈は深くできた方がスゴいなどということはありません。

ヨガの注意点④:自分の限界を超えない

ヨガをするときは限界を超えないように注意しましょう

ヨガは筋トレとは違います。

筋トレは自分が限界だと思ったところから2~3回がんばることで筋肉の成長が見込めるようになりますが、ヨガの場合は限界を超える必要はありませんし、無理をしてはケガにつながってまいます。

ヨガ本来の目的は、自分を知ること。

「今の自分はここまでできる」「今日は前回より体が硬いな」といったことを観察することの方が大事なのです。

各部位のポジションアライメント以外のことで、前屈・後屈の深さなどを強制してくるヨガ講師であれば従う必要は全くありませんよ。

ヨガの注意点⑤:骨盤の位置を意識する

ヨガをするときは骨盤の位置を注意しよう

ヨガのポーズによって、筋力の調整を行うことができます。

しかし、各部位のポジションアライメントが崩れていると、負担がかかるべきでない箇所にかかることになり、本来の効果が引き出せません。

各部位のポジションアライメントを整えるには、手の先から足の先まで意識する必要があるのですが、初心者がまずは意識して欲しいのが骨盤の位置。

ヨガの基本のポーズとして多く登場する「山のポーズタダーサナ」は、ただまっすぐ立つだけですが、非常に奥が深いポーズです。

女性の多くは、「姿勢よく立って」と言うと腰がそりオシリがでてしまいます。

これは、骨盤が前傾した状態で、正しい「山のポーズタダーサナ」にはなりません。

骨盤を真っすぐ立てることから、意識してみましょう。

他のヨガポーズにおいても、骨盤の位置は非常に重要になってきます。

何かが違う、と思ったらまずはポーズにおける骨盤のあるべき位置を知り、調整してみてください。

 

ヨガの注意点⑥:肩の力を抜く

ヨガをするときは肩の力を抜くよう注意しよう

両手を頭上に上げるヨガポーズは、初心者の方でも覚えがあるかと思います。

この時、意識しないと肩が上がってしまっている方がとても多いです。

肩回りの筋肉、背中の筋肉が緊張している状態では、呼吸も浅くなりがちです。

ヨガでリラックスして自立神経を整えるためには、肩の力を抜くことが大切。

「今肩が上がっていないか」と気にするようにしてみましょう。

目線を少しだけあげて、首を長く保つ意識を持つと良いですよ。

ヨガの注意点⑦:即効性を求めない

ヨガは即効性を求めないように注意しよう

ヨガで痩せる、ヨガでキレイになる。

そんなイメージが先行することもありますが、本来ヨガとは「生き方そのもの」のことを指します。

そしてヨガのポーズアーサナは、簡単に言うと、その中の訓練の一つなのです。

もちろんヨガポーズで得られる効果を求めるのは良いと思いますが、1回2回のヨガクラスへの参加で劇的に何かが変わることはない、ということを覚えておきましょう。

ヨガは即効性のあるメソッドではなく、積み重ねていくことで大きな変化が生まれるものです。

マインドが変わったり、呼吸が楽になったり、体幹が鍛えられ姿勢が良くなったり、しなやかな筋肉がつきボディラインが変わったり、自立神経が整い食欲のコントロールがきくようになったりと素晴らしいことがたくさん起こります。

人生そのものが好転していきます。

「もう4回もヨガクラスに行ったのに効果がない!」と嘆かずに、ぜひヨガを長く続けてみてください。

関連記事

「ダイエットのためにヨガを始めたけれど、なかなか効果がでない…」とお悩みではないでしょうか? ヨガには確かにダイエット効果がありますが、実は誤解をしたままヨガを続けていると思うように痩せることはできないことがあります。 そこで今[…]

ヨガのダイエット効果がでるまでには3ヶ月を見よう

注意点を意識してヨガの効果を引き出そう!

注意点を意識してヨガの効果を引き出そう

効果的にヨガを行なっていく上で知っておくべき大事な注意点をご紹介しました。

意外と知らないこともあったのでは?

せっかくヨガを続けるなら嬉しい効果を感じたい、という方は、今から意識してみてください。

関連記事

近年その人口が右肩上がりとなっているヨガ。 ヨガウェア専門店やヨガスタジオの数も急増しています。 しかし、「ヨガって色んな効能があるらしいけど、どんなことをするの?」「どんな効果が得られるの?」と、興味はあるけれど最初の一歩を踏[…]

ヨガの効果一覧について解説

ヨガインストラクターが選ぶオンラインヨガ4選!

>>オンラインヨガ4社の口コミ、料金、特徴を比較解説!ヨガのプロが選ぶおすすめのサービスは?

関連記事

スタジオに通う必要がなく、スマホやPCで通信しながらオンライン上でヨガを楽しめる【オンラインヨガ】専用のスタジオがあることはご存知でしょうか? 自宅の近くにヨガスタジオがない 仕事や育児が忙しくて、なかなかスタジオに通う時間[…]

オンラインヨガ4社の口コミ、料金、特徴を比較解説!ヨガのプロが選ぶおすすめのサービスは?