ヨガインストラクターになるには年齢は高いほうがいい?ヨガインストラクターは40代でも遅くない

ヨガインストラクターになるには年齢は高いほうがいい?
ヨガに夢中になるほど、高くなるヨガインストラクターへのあこがれ。

「私もインストラクターになりたい!」「ティーチャーズトレーニングを受けてみたい!」

でも「年齢がネックになっている…。」「今更ヨガインストラクターなんて…。」と思う人が増えているようです。

でも、ヨガインストラクターになるには年齢は高いほうがいいという側面もあるってご存知ですか。

この記事では、40代以降のヨガインストラクターのニーズについてご紹介。

年齢を重ねてからヨガインストラクターになる人は多い

年齢を重ねてからヨガインストラクターをはじめる人は多い

日本にヨガを普及させた第一人者といわれる素晴らしいヨガ指導者は複数いますが、その中でも1986年にお亡くなりになられた佐保田鶴治先生という方をご存知でしょうか。

佐保田鶴治先生は還暦を過ぎた62歳からヨガを実践し、1年ほどで健康を取りもどし周囲から頼まれて指導者になったそうです(参考「ヨーガ入門」ベースボールマガジン社)。

最近ではタレントの片岡鶴太郎さんが58歳からヨガをはじめ、2017年にインド政府公認「ヨガインストラクター」の最難関試験に合格したことが報道されました。

また、都内で大人気のヨガスタジオの一つである「友永ヨーガ」の学院長である友永淳子先生はすでに70歳を超えられておりますが、先生のクラスはいつも大人気。

ヨガの指導者に年齢は関係ないということは、すでに多くの指導者が証明しています。

ヨガインストラクターではなく先生や指導者は高齢である方がいい

ヨガインストラクターではなく先生や指導者は高齢である方がいい

ヨガのインストラクターというと、若くてキレイなモデル体型の人の職業のようなイメージを思っている人も多いかもしれません。

若いヨガインストラクターが担当しているヨガはホットヨガやフィットネスクラブなど、最近のヨガのイメージに過ぎません。

本来のヨガとは若い人向けのエクササイズやフィットネスではなく、「健康法」であり「生き方の哲学」です

そのため、若い人より年齢を重ねた人の方が理解も実践もしやすいといえるでしょう。

実際に、本場インドのヨガ指導者は圧倒的に高齢の人が多いです。(中には100歳を超えた人も!)

国内でも公民館やお寺などでヨガを教えている方は年齢を重ねている人の方が多く、インストラクターというより「指導者」「先生」と呼ぶ方がふさわしい貫禄の持ち主が多いのです。

高齢のヨガインストラクターの需要が高まっている理由

ある程度、年齢を重ねた方がヨガインストラクターを目指すことは十分可能ですし、ますますニーズが高くなると思います。

年齢の高いヨガインストラクターの需要が高まっている理由については、主に2つあります。

理由①:社会全体の高齢化が進んでいる

社会全体の高齢化が進んでいるから年齢の高いヨガインストラクターが求められる

ヨガはそもそも若い人のものではなく、「老若男女」誰にでもできるものです。

ヨガを教える指導者も若い必要はなく、むしろ長い期間マジメに実践し続けていることが大切。

ヨガの指導者にとって最も大切なことは、若さではなく「どれだけヨガを実践しているか」です。

そうなると、ある程度は年齢を重ねている指導者の方が信頼されますし、尊敬もされるでしょう。

また、高齢になってからヨガをはじめる人は、若いインストラクターに苦手意識を持っているケースも少なくありません。

同世代、あるいは年齢の近い高齢の指導者に「ゆっくり」「落ち着いて」「無理なく」ヨガを教えてもらいたいと考えている高齢者も増えているのです。

理由②: エクササイズでなく生き方としてのヨガに需要がある

生き方としてのヨガは年齢が高いヨガインストラクターが求められる

2つめに社会全体として「瞑想」「マインドフルネス」や「呼吸法」といったヨガの体操(アーサナ)以外への需要が高まっていることが挙げられます。

瞑想や呼吸法の実践は、好奇心が旺盛な若者より経験を重ねて自分への理解を深めている人の方が、スムーズに取り組めますよね。

瞑想や呼吸法をどんな人に学びたいか?とイメージした時、若いモデルのようなインストラクターを思い浮かべる人は、ほとんどいないはず。

僧侶やお坊さんのような職業か、高齢のヨガ指導者を想像するのではないでしょうか。

ですから、エクササイズとしてのヨガではなく、瞑想や呼吸法といった心のヨガを教えたいのであれば、年齢を重ねている人の方がむしろ有利です。

エクササイズ、運動としてのヨガインストラクターの適齢期は確かに40代未満の方が良いかもしれません。

なぜなら40代を超えた方が、1日に3本も4本もクラスを飛び回るのは体力的に簡単なことではないからです。

しかし、瞑想や呼吸法・哲学・健康法としてのヨガを教えるのであれば、40代以降の方が説得力もあり経験もあるのでニーズも高いのです。

ヨガインストラクターになるには年齢は関係ない

ヨガインストラクターになるには年齢は関係ない

私の周りでも50代からヨガインストラクターに転向した人がいます。

彼女は乳がんになった後、健康的な生活習慣を実践するためにヨガに取り組み、そこから指導者の道に進みました。

大手のスタジオでもシニアクラスを充実させるために、50代、60代のヨガインストラクターを募集しているケースもあります。

ヨガの指導者とは、年齢を重ねるほど価値が高まる数少ない職業の一つだと思います。

ヨガインストラクターは、いつはじめても遅くないですし加齢を味方にできる職業です。

年齢を気にせず自分のヨガを誰かに伝えてみましょう。

関連記事

ヨガインストラクターになりたいけど、どんな流れでなれるのか不安という方も少なくないでしょう。 この記事を読めば、そんな不安は解決。 この記事を読むことで解消できる疑問 ヨガ初心者だけど、ヨガインストラクターを目指す[…]

名古屋のパーソナルジム3つを徹底比較!おすすめは?メリット、料金などを解説

ヨガインストラクターが選ぶオンラインヨガ4選!

>>オンラインヨガ4社の口コミ、料金、特徴を比較解説!ヨガのプロが選ぶおすすめのサービスは?

関連記事

スタジオに通う必要がなく、スマホやPCで通信しながらオンライン上でヨガを楽しめる【オンラインヨガ】専用のスタジオがあることはご存知でしょうか? 自宅の近くにヨガスタジオがない 仕事や育児が忙しくて、なかなかスタジオに通う時間[…]

オンラインヨガ4社の口コミ、料金、特徴を比較解説!ヨガのプロが選ぶおすすめのサービスは?