ヨガインストラクターをやめたいと思った方へ。「しんどい」から抜け出す方法とは?

ヨガインストラクターをやめたいと思った方へ
憧れのヨガインストラクターになれたのに思うように集客できない、収入が減ってしまい生活が心配…。

「この先も続けていけるのか」など不安に思うことは、ヨガインストラクターであれば誰でも経験していることです。

今の経験を前向きに捉え、財産に変えられる解決策をご紹介しましょう。

関連記事

「いつも笑顔で健康的で、キラキラしているヨガインストラクターに憧れるけど、実はすごく大変な仕事なんじゃないの?」 ここでは「インストラクターになりたいけれど大変そうだから一歩踏み出せない」という方に、現役インストラクターが「ヨガインス[…]

ヨガインストラクターって大変?現役ヨガインストラクターがお答えする大変あるある

ヨガインストラクターをやめたくなる理由トップ3

ヨガインストラクターをやめたいと思う理由3つ

ヨガインストラクターをやめたくなる理由トップ3
1位:収入が低すぎて生活が不安
2位:思ったように集客ができない
3位:体力的にきつい

ヨガインストラクターをやめたくなる理由は大体上記のどれかにあてはまることが多いですが、いずれも解消できる方法はあるのです。

「しんどい」から抜け出すには「集客」

やめたくなる理由の1位と2位である「収入」と「集客」はリンクしています。

というのも、収入を上げたければ集客を増やすしかありません。

集客が増えれば、収入は自然と上がります。

つまり、収入に悩んでいるのであれば、集客面で改善を試みるしかありません。

インストラクターになって数年と経験が浅いと、高単価を設定できるプライベートレッスンにもシフトできないと思います。

まずは担当しているクラスの集客を増やすにはどうしたら良いか、徹底して考えて行動するしかありません。

ヨガレッスンの賃金の支払い方法には大きく2つ。

  • 基本的には最低保証料金プラス参加人数に応じた歩合。
  • 1クラスの参加が0人でも20人でも一律。

後者の場合、1クラスの単価が3,000円ぐらい保証されていれば良い方ですので、そうなると「クラス数を増やす」ことでしか収入をアップすることができません。

クラス数を増やすうえで意識したいこと

クラス数を多く持っても問題ない場合

  • 若い
  • 勤務先のスタジオまで近い
  • スタジオでの人間関係も良好

それでも週に1日は完全オフの日を作るなどして、体力と健康には留意する必要があります。

また、その働き方をいつまでも続けていくことはできませんから、やはり1クラス(1回のレッスン)で確実に10人から20人集められる実力を養うべきです。

なりたいインストラクターになって「しんどい」を解消

では、今担当しているクラスの集客を増やすにはどうしたら良いでしょうか?

集客=ファンを作る

ポイントは1人でも多く、あなたのファンを作ることです。

ヨガクラスに参加する人のパターン

  1. 「どのインストラクターでもいいけれど、とにかくヨガがしたい」と思っている人
  2. 「この先生のヨガだから参加したい」と思っている人

②の人を1人でも多く作るのが、あなたのファンを作るということです。

とはいえ、生徒さんにはさまざまな要望があります。

優しいクラスが好きな人もいれば、ハードなクラスが好きな人もいる。

男性のインストラクターが好きな人もいれば、女性のインストラクターでしか安心して参加できないという人もいます。

全ての生徒さんのニーズに応えることは不可能ですので、まずはあなた自身が「どんなインストラクターから習いたいか」を明確にし、目指すインストラクターになれるよう日々研鑽を重ねるしかありません。

集客するには自信が大事

あなたが自信を持って理想のインストラクターになれば、今より堂々とあなたのクラスについて宣伝できますし、あなたのファンも自然に増えているはずです。

ヨガインストラクターを続けるか悩む人に多い特徴

  • 自分のヨガクラスを宣伝できない
  • 宣伝するのが恥ずかしい
  • お金をいただくことに気が引ける

いずれも自分のヨガに自信が足りていないからではないでしょうか。

自信は自分自身の努力でしか身につけることはできません。

関連記事

ヨガインストラクターとして独立した場合、誰もがぶつかる最初の壁が「集客の問題」です。 どうしたら、たくさんの生徒さんが集まってくれるのか? 試行錯誤しながら、さまざまな手段を尽くすと思いますが、なかなか結果につながらずに心が折れ[…]

ヨガインストラクターの集客方法

集客できればヨガインストラクターをやめたいと思わない

集客できればヨガインストラクターをやめたいと思わなくなる

「あなたのクラスだから参加している」「あなたからヨガを習いたい」、と言う生徒さんが1人でも2人でもいれば、あなたはヨガインストラクターをやめたいと思わなくなります。

これは、とても大事なことです。

例えば、フィットネスクラブで50人の生徒さんを前にヨガクラスをしたとしましょう。

参加者のほとんどが「インストラクター目当てではなくヨガ目当て」あるいは「フィットネスクラブの会費に含まれるヨガクラスだから」といった理由で参加していたら、いくらそれまで50人の生徒さんが参加してもフィットネスクラブがなくなれば、生徒さんたちも一斉にいなくなります。

でも、「あなたのヨガをしたいから」という人が1人でもいれば、その人がフィットネスクラブにわざわざ入会してくれる可能性だってあるのです。

あるいは場所がなくても、お互いの自宅や公民館などのスペースでクラスを開催することもできます。

つまり、インストラクターでいられるかどうかは、あなた自身の努力に加え、あなたに教えて欲しいという生徒さんが1人でもいることで、はじめて成り立っているのです。

インストラクター以外の収入源でしんどいときは休もう

ヨガインストラクター以外の収入源があれば安心できて、しんどくなくなる

たった1人の生徒さんを大事にし、あなたの学んだヨガの知識で、その方の心身の健康のサポートができたら、ヨガインストラクターとしてこれに勝る喜びはないでしょう。

収入の多い少ないは、それほど気にならないはずです。

たった1人の生徒さんを大切にし、あなたのファンを少しずつでも増やしていく努力と経験は確実に財産となり、数年ガンバれば必ずヨガのインストラクターとして自信を持って活動できるようになるはずです。

あなたからヨガを学びたいと足を運んでくれるファンがいる限り、ゼロにはならないので続けることができるのです。

また、収入には当然ながら波があります。

収入の100%をヨガでカバーするのは、簡単なことではありません。

そこにこだわると気持ちの余裕が失われがちなので、ヨガインストラクター以外の収入を持っておくことを私はオススメします。

自分が体調不良やケガなどで、インストラクター業をお休みせざるを得ないときにも役立ちます。

関連記事

ヨガインストラクターとして独立した時、なんといっても資本はインストラクター自身の「健康」になります。 一般的に、ヨガインストラクターは仕事をつうじて自分の健康維持をしていると思われがちですが、一般の人よりむしろ健康を害するリスクが高い[…]

ファンを増やしてヨガインストラクターを続けよう

集客

そもそもヨガとは師匠グルから弟子へマンツーマンで教え伝えるものです。

大勢の前でインストラクションすることや、モデルのように美容や健康のシンボルになること、アイドルのようにちやほやされることがヨガインストラクターではありません。

あなたがどんなヨガインストラクターになりたいかを今いちど検証し、たった1人にでもヨガを伝えヨガの知識を共有できることの素晴らしさに感謝できれば、ヨガインストラクターをやめるという選択肢はなくなるのではないでしょうか。

関連記事

ヨガとは本当に不思議な学問です。 学ぶほどヨガの奥深さに魅了され、自分の学びが足りないことに焦ったりゴールが見えないので投げ出しそうになったりすることもあるでしょう。 ほとんどのヨガのインストラクターも、インストラクターになった[…]

あなたのヨガを劇的に深める方法とは?

自宅でヨガをするならヨガマットは必須


価格: ¥7,480
通常配送無料

suria(スリア) HDエコマットプラス4mm チェリーピンク

4.7

初めてのヨガマットの最定番

軽さ・厚さ・クッション全てがバランスのとれたヨガマット。

コスパ最強で様々なカラーバリエーションがあることから、ビギナーの多くが利用しています。

エコロジー派にうれしい、地球環境にやさしい素材「TPE」を使用。