現役ヨガインストラクターが語る養成講座の通学体験談!養成講座を選ぶ上でのポイントは?

ヨガのクラスに通ううちに「もっとヨガを勉強したい! ヨガを教えてみたい!」と思うのは自然なこと。

自身もそうでした。

ここではインストラクター養成講座でのの実体験や、これからスクールを選ぶ方へぜひ知っておいてほしいスクール選びのポイントなどをご紹介。

ヨガインストラクター養成講座を受講した理由

私がヨガインストラクター養成講座を受講した理由

私自身はヨガのインストラクターを目指していたわけではなく、今でもそうですが自分がヨガをすることが大好きで、ヨガのクラスに行くことが一番の趣味であり、ヨガは毎日のハッピータイムでしかありませんでした。

通っていたスタジオにはインストラクター養成講座があり「全米ヨガアライアンス200時間(RYT200)」を目指せることを知っていましたが、何年も無関心だったのです。

ところが、ある時、クラスの中でスタジオオーナーであり私の憧れのインストラクターでもある先生がこう話してくれました。

ヨガを学ぶ一番の近道は、
とにかくあなた自身が毎日ヨガを体験することと、
その体験を人に教えてみること

この一言で「養成講座を受けてみれば、もっとヨガを知ることができるのではないか」と考えるようになりました。

とはいえ、インストラクターになる気持ちはありませんでしたし、養成コースのためにお金を準備していたわけではありませんから悩みました。

しかし、そのスタジオでは数年に1回程度しか開催されない「短期集中養成講座」が2ヶ月後に開講されることを知り、思い切って応募したのです。

「土曜日だけ」「平日夜だけ」と、数ヶ月かけてRYT200を目指すコースもありましたが、この短期集中講座でしか会えない海外在中のインストラクターが参加するなどのメリットもありました。

問題は、1ヶ月も仕事を休めないこと

申し込んだ後に、私は大胆にも退職を決意。

養成講座の後のことは何も考えていませんでしたが、仕事の方も心のどこかで「リセットしたいな」と考えていたのだと思います。

まさに全てがタイミングです。

ヨガインストラクター養成講座を2つも修了した理由

私がヨガインストラクター養成スクールに通った理由

RYT200の1ヶ月の短期集中講座で(実質的には課題や実技テスト、提出物などの関係で2ヶ月くらいかかりました)大変勉強になったと同時に、ヨガの奥深さを知り、自分がヨガのスタートラインにも立てていないことを自覚しました。

しかし、養成講座の最終日の実技テストをすでに卒業していた先輩方が見にきていたのですが、その中の一人から声をかけられ「私がもう少ししたら産休に入るので、1つクラスを代行してもらえないか」と幸運すぎるお話をいただいたのです。

ヨガの実技テストはとてもデキが悪く、「こんなことではインストラクターにはなれないな〜」と自信喪失していたのですが、「どうせ無職だし、やってみるか」と軽い気持ちで引き受けました。

しかし、私はその代行でもうまくクラスを進められず、2回目の代行では生徒さんが1回目の半分くらいに減ってしまうほどでした。

1回目のRYT200を修了し、1年ほどは代行や友人に教えるなどして経験を重ねながらも、とてもスタジオのオーデイションを受ける自信が持てなかった私は、もう一度ゼロから勉強し直したいと考えるようになり、2回目のRYT200養成コースの受講を考えるようになりました。

2回目の養成コースについては、

  • 最初に受講した養成講座で当時は再受講システムがなかったこと
  • どうせお金を使うなら違う養成講座も体験したい
  • 同じく1ヶ月の短期間で取り組みたい
  • できればインド人からより本格的に学びたい
  • 日本の養成講座ではなかなかできないこと(例えばクリアといって、鼻洗浄や腸洗浄をすること)をしてみたい

と考え、最初のRYT200終了の2年後に2回目のRYT200を海外で受講しました。

ヨガインストラクター養成講座は短期集中か長期でじっくり?

いずれも1ヶ月ちょっとの短期集中講座を選択しましたが、そのおかげで、その期間はヨガ以外のことは一切せずにヨガに集中することができました。

しかし、この期間は全く仕事ができませんので、収入面では不安しかありません

一方、仕事をしながらヨガの養成講座を受講が可能かどうかは、向き不向きの個人差があると思います。

私の受講した養成講座はいずれも課題がたくさん出るタイプだったので、帰宅してから家族のことや仕事をする時間はまったく取れませんでした。

受講中は食事面もベジタリアンになったり断食をしたりする必要があったので、とても日常生活はできない状態でしたから私は短期集中でよかったと思っています。

《長期の養成講座のメリット》

  • 時間をかけでゆっくり学ぶ方が身につく
  • 日常生活を送りながらRYT200を修了できた
  • 一生の友人や仲間ができた
  • 先生との師弟関係が深くなった

など

長期の養成講座にも短期にはないメリットがたくさんあります。

ヨガインストラクター養成講座を選ぶ上でのポイント

ヨガインストラクター養成講座を選ぶ上でのポイントは先生

養成講座を選ぶ上で最も大切なことは「どの先生から学ぶか」につきるでしょう。

全米ヨガアラインアンスRYT200」は、各スクールによって内容が大きく異なります。

基本的なアウトラインは同じですが、

  • 哲学に力を入れているスクール
  • アーサナに力を入れているスクール
  • 解剖学に力を入れているスクール
  • マタニティやアーユルヴェーダなどをカバーしている(あるいはしていない)スクール

と、内容がさまざまです。

また、養成講座を修了した後に、どういったサポートシステムがあるかもポイント

の場合は、いずれもサポートシステムがそれほど手厚くはなかったので、オーディションなどは違うスタジオに自分で探して受けに行くしかありませんでしたし、再受講を希望しても金銭面での優遇はありませんでした。

就職サポートまでしている養成講座や再受講の割引制度を用意しているスクールも今はあるようなので、すぐにインストラクターとして働きたいなら、そういったところもポイントにスクール選びをすべきでしょう。

\\就職サポートがしっかりとしているヨガインストラクター養成スクール//

YMCメディカルスクール
4.7
YMC
卒業生実績が業界No1

100時間の無料追加講座でしっかり学べる

生徒ごとの担当者サポートに加えて、卒業後のサポートも充実

ヨガインストラクター養成講座の内容はスクール次第

私は2つのRYT200を受講しましたが、最初の方は非常にバランス良くマタニティやアーユルヴェーダ、リストラティブ、ティーチング講座も含まれていました。

こちらで学んだことは、今もクラス作りに役立っています。

しかし海外で受講した養成コースは、ティーチングがほぼゼロ。

毎朝のプージャ(祈りの時間)から始まり、午前中はほぼアーサナの練習でボロボロ、午後は哲学でクタクタ、夕方からは瞑想や呼吸法など、寝るまでびっしりヨガに触れていました。

チャンティングの練習も本格的で、泣きながら覚えたことを思い出します。

とはいえ、2つ目の養成では誰かに教える方法やシークエンスについての学びはありませんでしたが、ヨガを経験するには最上の機会でした。

そして、両方の講座で出会った先生方が私の目指すところで、これからも自分の恩師から学びたいですし、恩師に近づきたいと思っています。

関連記事

最近、日本でも海外でヨガを深めたい、RYT200を取得したいという人が増えてきていますが、どの留学先がいいのはよく分からない人は少なくないでしょう。 この記事では、5大ヨガ留学先とヨガ留学にかかる相場や期間、オススメスクールについて解[…]

ヨガ留学一覧

ヨガを学ぶにはヨガインストラクター養成講座が最適

ヨガインストラクター養成講座はヨガの学びに

ヨガは学ぶほど、もっと学びたくなる不思議な学問です。

私は2回RYT200を受講していますが、それでもまったく満足できておらず、RYT200以外にもたくさんのヨガ講座に参加しています。

今は環境が許しませんが、落ち着いたら1年に1回くらいはRYT200で学び続けたいと思うほど。

RYT200の養成講座はヨガのインストラクターにならなかったとしても、すばらしい英知を授けてくれます。

興味があればぜひ受講してみてください。

それは必ず人生の役に立ち、あなたのヨガライフを確実にレベルアップさせてくれるものです。

関連記事

ヨガインストラクターになりたいけど、どんな流れでなれるのか不安という方も少なくないでしょう。 この記事を読めば、そんな不安は解決。 この記事を読むことで解消できる疑問 ヨガ初心者だけど、ヨガインストラクターを目指す[…]

ヨガインストラクターなる方法