美容体重やモデル体重の基準とBMIの計算方法!あなたはぽっちゃりでなく標準かも!

美容体重やモデル体重の基準とBMIの計算方法
タンクトップやスポーツブラ1枚、あるいはピタピタレギンスやショートパンツで颯爽と運動をしている女性を見ると、思わずため息がでることありませんか?

「私、決して太っているわけじゃないと思うけれど、あそこまで薄着にはなれない…」

そんなあなたに知ってほしい、美容体重と標準体重の違い、そして標準体重でも美容体重に見せる方法をご紹介しましょう。

美容体重と標準体重の計算方法

美容体重の計算方法は身長と体重から

自分の体重が標準体重かどうか、あるいは肥満かどうかの指標として使われるBMI値。

健康診断でも使用される値です。

BMI値の計算方法

体重 ÷ (身長 × 身長)
(kg)   (m)   (m)

世界保健機関では、BMI値25以上が過体重30以上を肥満としています。

しかし、日本ではBMI25以上を肥満とし、最も病気にかかりにくい標準体重をBMI22と定めています。

ちなみに日本は「標準体重」についてBMI値18.5以上25未満と余裕をもたせているので、この数値内に収まっていればあなたの体重は標準的ということになります。

また「やせ」については18.5以下としています。

ところが「標準体重なのに私はぽっちゃりだ」と感じている女性が多くいます。

多くの日本女性の理想とする体型が「やせ型」で、BMI値にすると19〜20くらいでなければ理想的ではないと感じてしまっているから。

標準体重 = 身長(m)× 身長(m)× 22(BMI)

美容体重 = 身長(m)× 身長(m)× 19(BMI)

1995年にワコールの人間科学研究所は「標準体重=BMI22」「美容体重=BMI19」「モデル体重BMI=17」とし、身長別にそれぞれの体重を表にして発表しています。

160cmの女性の標準体重・美容体重・モデル体重

標準体重

美容体重

モデル体重

56.3kg

48.6kg

43.5kg

160cmの女性の場合、標準体重と美容体重の間には約7kgもの差があることがわかります。

関連記事

忙しくてジムには通えないけれど、痩せたい! そんな女性たちにおすすめしたいのが、ヨガ。 今回は、パーソナルヨガインストラクターとして活動する筆者が生徒さんが痩せた体験談と共におうちでできるヨガポーズを紹介していきます。 ヨガで[…]

ヨガで痩せよう

アラサーからは美容体重よりの標準体重がベスト

アラサーからは美容体重よりの標準体重を意識しよう

現在、標準体重の人は美容体重に寄せた方が確かにスタイルはよく見えるでしょう。

減量しているのであれば、美容体重に近い標準体重を目指して多少シェイプアップをするのは良いことと思います。

また、ちょっと食事内容を変えたり糖質を制限するだけでも美容体重寄りの標準体重に達成できるケースも多くあります。

しかし、すでに標準体重のアラサー・アラフォーの女性が極端に美容体重やモデル体重まで減量してしまうと以下のようなデメリットがうまれる可能性があります。

  • 髪の毛の艶がなくなる、薄毛になる。
  • 顔のシミやしわ、肌荒れが増える。
  • 生理不順や更年期のような症状が起こりやすくなる。
  • 冷えやむくみが生じやすくなる。
  • 頭痛や疲労感などの不定愁訴に悩まされやすくなる。
  • 年齢よりも老けた印象を与える。
  • 将来的に骨粗鬆症のリスクが高まる。

若いうちはモデルのような体型に憧れがちですが、年齢を重ねるうちに体型よりも「若々しさ」や「健康」の方が大事ですよね。

美容体重になることは必要ではなく、むしろ老化を早めるリスクさえあるのです。

30代からは美容体重を気にせず維持を意識しよう

30代からは美容体重を気にせず維持を意識しよう

アラサーアラフォーの女性は減量よりも「体型維持」に力を入れた方が、長期的にみて良いことが多いと言えます。

維持をすると言っても、何もしなくて良い訳ではありません。

私たちは年齢とともに基礎代謝が低下するため、食べる量を少しずつ減らしていく必要があります。

食べる量を減らしたくないのであれば、年齢を重ねるごとに運動量か筋肉量を増やし代謝を維持する必要があります。

30代中盤以降になっても若い頃と同じだけ食べている、そして運動量は増えてないどころか減っているというのであれば、年々体重は増加するだけでなく生活習慣病のリスクも増します。

20代後半の体重を維持、増えても+5kgまでを許容範囲とし、体重を維持し続けるために運動と食事を調整し続ける必要があるのです。

これが「老けない・病気にならない・綺麗に見える」秘訣です。

もっと簡単に言えば、アラサー・アラフォー以降の体重管理は「腹八分目の食事(食べ過ぎない)」と「毎日の適度な運動による筋力維持(ヨガやウォーキングで十分!)」につきるのです。

関連記事

冬になると、寒くなり動かなくなるにもかかわらず、食欲は増してきますよね。 そして飲み会が多いこの季節、冬太りを気にされる方も多いと思います。 冬太りを春まで持ちこさずに、健康的にダイエットしてみましょう。 食べない=ダイエット[…]

減量

美容体重に見せる方法もある

美容体重に見せる方法もある

アラサー、アラフォーの標準体重の女性が美容体重を目指して-7kg減量するのは簡単なことではありません。

でも美容体重のように見せる方法はあります。

  • 手首、鎖骨、足首などの細いパーツは積極的に露出する。
  • 変に隠そうとせず露出の多い服装も堂々と楽しむ。
  • 常に姿勢を良くする。
  • どんなときも明るく前向きに笑顔を絶やさない。

姿勢良く堂々としている人は標準体重でも美しく見えるものですし、体重の変動が生涯に渡って少なくて済みます。

お腹や足にコンプレックスがあるのなら、ピタピタの格好をしなくとも、足首や手首など細い部分だけを見せるファッションをすればスッキリ見えます。

隠そうとして全身ダボダボ、そして恥ずかしさから猫背でいると、標準体重であっても必要以上に太って見えてしまいますし、標準体重から肥満体重に移行してしまうかもしれません。

美容体重でなくても堂々と明るい女性は魅力的

美容体重でなくても堂々と明るい女性は魅力的

ブラトップやピタピタレギンスで運動している女性のすべてが必ずしも美容体重やモデル体重の人であるわけではありません。

多少ぽっちゃりしている人でも薄着で堂々と楽しそうにエクササイズをしている人は多くいます。

でもそれを見て否定的な意見を持つ人はほとんどいないもの。

多くの人が「健康的!」「女性らしくて素敵!」と思っているのです。

特に男性からの支持はバツグン。

見た目の美しさを追い求めるのは悪いことではありませんが、まずは「今のありのままの自分をもっと綺麗に見せること」からはじめることが大切です。

関連記事

カラダには痩せやすい順番があることをご存知でしょうか? 部分痩せは正しい順番でやらないと、ほとんど効果がないと言われています。 ダイエットを成功させるためには、カラダの痩せやすい部位を把握して順番通りに行うのが近道。 この[…]

ヨガインストラクターが選ぶオンラインヨガ4選!

>>オンラインヨガ4社の口コミ、料金、特徴を比較解説!ヨガのプロが選ぶおすすめのサービスは?

関連記事

スタジオに通う必要がなく、スマホやPCで通信しながらオンライン上でヨガを楽しめる【オンラインヨガ】専用のスタジオがあることはご存知でしょうか? 自宅の近くにヨガスタジオがない 仕事や育児が忙しくて、なかなかスタジオに通う時間[…]

オンラインヨガ4社の口コミ、料金、特徴を比較解説!ヨガのプロが選ぶおすすめのサービスは?