年末年始の風物詩?!太陽礼拝108回に挑戦してみよう

年末年始の風物詩?!太陽礼拝108回に挑戦してみよう
ヨガを数年実践している方なら、おそらく聞いたことがあるはずの「太陽礼拝108回」。

多くのヨガスタジオで年末年始の恒例行事になっていますが、皆さんは参加されたことはあるでしょうか?

気になっているけれどためらっている人もいるのでは?

ここでは太陽礼拝108回のルーツや効果効能、実践方法についてここでは詳しく解説。

太陽礼拝108回はどんな意味があるの? どんなルーツではじまったの?

太陽礼拝108回はどんな意味があるの? どんなルーツではじまったの?

私自身気になってインド人のヨガマスター数名に直接聞いてみたことがあるのですが、「インドでは太陽礼拝108回というイベントはない」という先生ばかり。

てっきりヨガの伝統的な年末年始の練習方法なのかと思っていましたが、どうやらルーツは日本にあるようです。

誰が最初に「太陽礼拝108回」をはじめたのか残念ながらよくわかっていませんが、この10年で急速に人気が広まり、おそらく日本のどこかのヨガスタジオで最初に行われたのがきっかけなのではないかと考えられています。

ではなぜ108回なのか?これもよくわかっていませんが、日本の「除夜の鐘」がルーツだと言われます。

仏教では108には特別な意味があるとされます。

私たちの心にある煩悩の数が108個だという説、またお坊さんが持っている数珠も108個、人生の四苦八苦を取り除くための数(4×9+8×9=108)などさまざまな説があり、除夜の鐘を108回ついて鳴らすことで煩悩を一つ一つ取り除く効果があるとされます。

そして、太陽礼拝108回においても、「108個の煩悩を取り除く効果」を求めて心を込めて行うと良いとされるようになっているのです。

そもそも太陽礼拝とはどんなヨガのポーズなの?

そもそも太陽礼拝とはどんなヨガのポーズなの?

そもそも太陽礼拝とは12のポーズから成り立つシークエンス(ヨガのポーズを組み合わせた流れのある動き)で、この12にも「一年=12ヶ月」「12×2回=24(1日24時間)」、「五臓六腑に心包を加えた六蔵六腑の数」など、色々な意味があると伝えられています。

基本的には太陽に向かって1日の平和や健康のために祈りを捧げるヨガの動きと理解している人が多いですが、例えば一つの動きを1つの臓器にフォーカスして行ったり、1日や1ヶ月の出来事にフォーカスして行っても良いわけです。

いずれにせよ、非常に意味のある数字を持った動きであることは間違いありません。

ヨガの太陽礼拝とは?5つの効果と正しいやり方を徹底解説

太陽礼拝108回を行う場合の注意点はある?

太陽礼拝はヨガの中でも基本的な動作の組み合わせなのでほとんどの人に無理なく行うことができますが、108回行う場合はいくつかの注意点があります。

ポイント

  • 無理をしない
  • 体の特定の部位に負荷をかけすぎない
  • 呼吸を観察する
  • 途中で休むことも考慮する

太陽礼拝を108回行うのにかかる時間は個人差があり、リードする先生にもよりますが、おおむね90〜120分程度です。

かなりの長丁場なので、とにかく無理をしてはいけません

最初の30〜40回はウォームアップのつもりで行うくらいの方が良いでしょう。

さらに体の特定の部位に負荷をかけると、怪我のリスクが高まります。

よくあるのが手首や太ももの後ろです。

具体的なポーズで言えば「チャトランガダンダーサナ」というポーズからうつ伏せに行くときには、上級者でも伝統的なインドヨガの練習に則って「8点のポーズ(アシュタンガナマスカーラ)」という膝をついた状態で、うつ伏せになる方がいいでしょう。

なぜなら板のポーズ(腕立て)のままうつ伏せになるのは丹田(お腹)に力が入っていない場合、手首に相当な負担がかかるから。普段はなにも感じない人でも、50回を超えてくると手首に痛みが生じるケースが多いのです。

さらにダウンドックも気持ちが良いポーズですが、太ももの後ろ側を大きくストレッチする動きは日常生活にほとんどないため、翌日歩けないほどの筋肉痛になる人が多いです。

このように無理をしていないかどうかは、「呼吸」を観察するとわかります。

息が上がって「はあはあ」するようなら、途中であってもチャイルドポーズなどで休憩したりすると良いでしょう。

おすすめの太陽礼拝108回のやり方は?

おすすめの太陽礼拝108回のやり方は?

なんとしてでも108回やってみたい!やり切りたい!という方は、スタジオのイベントに参加すると良いでしょう。

ほとんどの人が挫折なくやり切ることができます。

ただ、途中で休みたくなったり、ポーズをスキップしたくなっても、雰囲気的にそれができないことが多く、1週間程度は筋肉痛などの疲労が残る可能性が大いにあります。

それでも達成感や爽快感は何物にも変え難いものがあるので、一度はチャレンジしてみて欲しいと思います。

「108回なんて無理〜」と思われる方におすすめなのが「分けて」行う方法です。

例えば、50回と58回で土日の2日に分けるでもいいですし、10日間に分けて10回ずつ、最終日だけ18回、というのも良いでしょう。分け方は自由ですし、意味づけも自分で行ってOK。

私も10日に分けて行う方法をここ数年採用しています。

12月20日くらいからはじめて、10回終わった後に気づきをメモするようにしています。

最終日には、1年間健康であったことや今年も変わらずにヨガができたこと、家族や友人への思いなどが込み上げ、よかったことも悪かったことも全部が心からの感謝に溢れます。

太陽礼拝108回で、一年の大掃除

太陽礼拝108回で、一年の大掃除

いかがでしたか。

今年こそやってみたいという方は、オンラインイベントでの太陽礼拝も増えていますので、そういったものに参加するのも良いでしょう。またマイペースに自宅で自分なりに行うのも良いでしょう。

いずれにせよ、今年一年に感謝を捧げるために、自分自身を整えるために「太陽礼拝108回」にチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

自分自身の心と体の大掃除にもなりますよ。

ヨガインストラクターが選ぶオンラインヨガ4選!

>>オンラインヨガ4社の口コミ、料金、特徴を比較解説!ヨガのプロが選ぶおすすめのサービスは?

関連記事

スタジオに通う必要がなく、スマホやPCで通信しながらオンライン上でヨガを楽しめる【オンラインヨガ】専用のスタジオがあることはご存知でしょうか? 自宅の近くにヨガスタジオがない 仕事や育児が忙しくて、なかなかスタジオに通う時間[…]

オンラインヨガ4社の口コミ、料金、特徴を比較解説!ヨガのプロが選ぶおすすめのサービスは?