新月と満月のヨガで願いが叶う!?ムーンデーにヨガはすべき?休むべき?

新月と満月のヨガで願いが叶う!?ムーンデーにヨガはすべき?休むべき?
新月と満月は「ムーンデー」と言い、流派によりますが「その日はヨガの練習を休むべき」と考える人も。

一方、新月と満月にこそヨガをすることで願いが実現すると考える人もいます。

ここではムーンデーの考え方や理解、ムーンデーでもおすすめできるヨガをご紹介。

そもそもムーンデーってどんな日なの?なにが特別なの?

そもそもムーンデーってどんな日なの?なにが特別なの?

ヨガの練習をしている人にとってもしていない人にとっても、1ヶ月の中には必ず1日ずつ「新月」と「満月」があります。

その日は空が特別です。

新月の日であれば、空には月がまったく見えず、満月であればまんまるお月様が私たちを照らしてくれるのです。

月にはリズムがあり、子どもの頃理科の授業で学んだ記憶がある人も多いと思いますが、新月の真っ暗な状態からスタートし、少しずつ月は膨らみ満ちていき(上弦の月)、満月を迎え、やがて少しずつ欠けて(下弦の月)また新月に戻ります。

このリズムは約29.5日ごとに繰り返されていますが、女性の生理周期や私たち人の肌のターンオーバーのリズムとほとんど同じであることから、私たち人も自然の一部であるだけでなく、月からもさまざまな影響を受けていると古来より考えられているのです。

ムーンデーのパワー、月の満ち欠けの力を人はどう利用してきたの?

ムーンデーのパワー、月の満ち欠けの力を人はどう利用してきたの?

この月の満ち欠けの力を、昔の人々は特に農耕で利用してきたことがわかっています。

新月から満月に向かう14日は、月がどんどん膨らんで行くのと同じでエネルギーがどんどん蓄えられていく期間だそう。

この「蓄える」「満たす」をキーワードに、例えば種まきをしたり、肥料を与えたり、水をたっぷり与える時期に使うと植物がよく育つとされます。

一方、満月から新月までの14日はエネルギーが少しずつ減少していく期間なので「欠ける」「縮小する」をキーワードに肥料や水を与えることをお休みしたり、周りの雑草を抜いたり、あるいは作物を大きくするためにあえて剪定をしたりすると良いのです。

こうやって月の満ち欠けのタイミングに合わせて作られた農作物は見た目や栄養価に優れるだけでなく、植物そのものが持つエネルギーが非常に高いとされ、オーガニック食品店など厳選されたお店で購入することができます。

また、この方法で作られた農作物を利用して生産される精油(アロマオイル)や化粧品も大人気です。

ムーンデーにヨガをすべきでないとされる理由は?

ムーンデーにヨガをすべきでないとされる理由は?

一方、月の力が最大限になる新月と満月の日は、ヨガの練習をすべきではないと考える流派もあります。

理由は怪我をしやすくなるから。

ムーンデーは私たち人もいつも以上にパワフルになっているので、通常より過剰に練習したり、無理をしがちで、万一怪我をした場合はその怪我もいつもよりひどいものになりやすいと考えられています。

これはヨガの練習にだけ言えることではなく、ムーンデーは口論しやすいとか、ケアレスミスが起こりやすいとか、髪の毛を切ると切りすぎてしまうとか、パーマやカラーは強くなり過ぎてしまうとか、私たちは気づいていなくても月の満ち欠けの影響をかなり受けていることが報告されています。

この時期にちょうど月経がある時は、無理をせずに静かに休んだ方が良いというサインと受け止める人も。

何事も過剰になりすぎる可能性が高い日なので、ヨガの練習もお休みしましょう、ということなのです。

ムーンデーにおすすめできるヨガ

ムーンデーにおすすめできるヨガ

そんなムーンデーにおすすめできるヨガもあります。

例えば、月のエネルギーが最小になっている新月は「リセット」や「リスタート」をテーマにしたヨガを行うと良いでしょう。

基礎練習だけにとどめ、あるいは呼吸法や瞑想だけにしても良いと思います。

一方、月のエネルギーが最大になる満月は、発汗しやすい状態なのでホットヨガなどにチャレンジしてもいいですし、少し運動量の多いヴィンヤサヨガに挑戦するのもおすすめです。

もちろん怪我のリスクには注意しながら行いましょう。

普段していないことはすべきではないので、あくまで普段していることをしっかり行う、くらいの気持ちで練習してください。

自分が月の影響を受けやすいタイプだと感じるなら、その日はレストラティブヨガや陰ヨガ、ヨガニドラなど、動きが少なめのヨガを行うのもおすすめです。

願いを叶える新月と満月のヨガとは?

願いを叶える新月と満月のヨガとは?

ある程度ヨガの練習を積み重ねてきて、自分のペースや必要な運動量がわかってきたならぜひ挑戦してみて欲しいのが「願いを叶える新月と満月のヨガ」です。

これは月のリズムを意識したヨガになります。

まずはネットなどで新月と満月のカレンダーを検索し、自分のカレンダーにも新月と満月の日にわかるように印をつけることからスタートします。

そして以下の手順でヨガを行ってください。

やり方

  1. 新月の日にヨガマットに座り、紙に次の新月までに叶えたい目標や願望を具体的に書き記す。「痩せたい」ではなく「毎日ヨガをして2キロ減量に成功」とか、「収入アップ」ではなく「今携わっているプロジェクトが大成功して収入アップにつながる」とか具体的に書きましょう。
  2. 次に、静かに座りながら書いた目標や願望が叶っている姿をありありと想像する瞑想の時間を持ちます。
  3. 20分でも1時間でも好きな時間ヨガの練習を行い、練習の最後にもう一度自分の願望を思い出しながら瞑想します。
  4. これを次の新月まで続けます。途中で目標達成のためにすべきインスピレーションが浮かんだら、それも日常の中で実践していきましょう。イメージとしては満月の時に目標が半分くらい達成しているのが望ましいです。もしかすると達成してしまっている場合は残りの14日間でそれが定着するように過ごすと良いでしょう。
  5. 次の新月。自分の目標がどれくらい達成していたかを振り返ります。新たな目標や願望を次の新月までに達成するように過ごすのも良いですし、達成率がいまいちだったら、何が自分の行動に足りていなかったかを検討し、次の新月までには達成できるように再トライするのも良いでしょう。

新月と満月のヨガで充実した日々を!

新月と満月のヨガで充実した日々を!

新月と満月のリズムにうまく乗りながら目標や願望を達成していけば、1年間で最大12個の目標を叶えることができます!

1年の終わりや始まりに、12個の段階的な目標を立てて、新しい一年のヨガの練習を自己実現のために使うのも楽しいと思いますよ!

ヨガインストラクターが選ぶオンラインヨガ4選!

>>オンラインヨガ4社の口コミ、料金、特徴を比較解説!ヨガのプロが選ぶおすすめのサービスは?

関連記事

スタジオに通う必要がなく、スマホやPCで通信しながらオンライン上でヨガを楽しめる【オンラインヨガ】専用のスタジオがあることはご存知でしょうか? 自宅の近くにヨガスタジオがない 仕事や育児が忙しくて、なかなかスタジオに通う時間[…]

オンラインヨガ4社の口コミ、料金、特徴を比較解説!ヨガのプロが選ぶおすすめのサービスは?