ぐったり、眠れない、吐き気はヨガの好転反応?好転反応の期間と対処法をご紹介

ぐったり、眠れない、吐き気はヨガの好転反応。対処法をご紹介
ヨガを受けている最中や受けた後に、気分が悪くなったり、カラダに不調が出たことはありますか?

カラダに良いはずのヨガで不調が出たら、ちょっと心配になりますよね。

でも、もしかしたらヨガの好転反応かもしれません。

今回は、ヨガインストラクターがヨガでよくみられる好転反応についてご紹介します。

ヨガで起こる好転反応とは?

好転反応とは?

カラダが本来の状態に戻る際に、気分が悪くなったりカラダの一部が痛くなったりと一時的に不調が起こること。

マッサージをした後に、もみ返しで痛くなった経験をした方は多いのではないでしょうか?

ヨガでもそのような、もみ返しのような反応がカラダに現れることもあるのです。

好転反応が出ると「ヨガのせいで不調になった!」とあわてる人もいるでしょう

ヨガの好転反応はたまった毒を出すデトックスのようなものなので、軽度の不調ならあまり心配する必要はありません。

デトックスとは?と疑問に思った人はコチラ

関連記事

ヨガをしていると「デトックス」という言葉をよく聞くのではないでしょうか。 体内にたまった毒素を体外に排出させる、というのが一般的に理解されているデトックスですよね。 しかし、実はデトックスの定義はなく、さまざまな手法についてもエ[…]

デトックスのやり方や食べ物について解説

ヨガでよくある好転反応5つ

ヨガの好転反応は吐き気やだるさ、眠れないなど

ヨガではどのような好転反応がみられるのか、よくあるものを5つご紹介します。

好転反応①:めまい・吐き気

ヨガでは急激な血行促進や三半規管の影響によって、めまいや吐き気を感じるのはよくある好転反応のひとつ

ヨガのレッスンでは、ダウンドッグや逆転のポーズや太陽礼拝など、何度も頭を上から下に持っていく動きも多いです。

ヨガの初心者や久しぶりにヨガを受ける方で、レッスン中やレッスン後にめまいや吐き気を感じる方は多いよう。

筆者もその中のひとりで、初めてヨガを受けた時はレッスン中に軽いめまいや吐き気を感じたものです。

好転反応②:下痢

ヨガでは内臓を刺激するポーズが多く、ヨガのレッスンを受けて下痢になるのも比較的多く見られる好転反応です。

例えば、ねじりのポーズや逆転のポーズは、日常生活ではやることのない動作で内臓を刺激します。

ねじりのポーズ➡お腹まわりをねじって内臓を活性化。

逆転のポーズ➡カラダが逆さになることで内臓の位置を動かす。

そのため、突然の刺激に内臓がびっくりして下痢になるといわれています。

好転反応③:筋肉痛

ヨガも他の運動と同様に筋肉を使います。

筋肉痛はヨガでもよく見られる好転反応といえるでしょう。

ヨガはゆっくり動きますが、日常生活ではやらない動きが多く、普段はお休みしている筋肉を刺激します。

ねじりや体側伸ばしなども、普段は使わない動きの一種でしょう。

「ヨガは激しく動かないから大丈夫」と思われがちですが、想像以上に筋肉を使いますよ。

好転反応④:眠れない

激しいスポーツなどを夜まで行ったりすると、疲れて眠いはずなのにカラダの興奮が冷めずに寝つきが悪くなることもありますよね。

ヨガでも同じような好転反応が起こる場合もあるのです。

パワーヨガやアシュタンガヨガなど、運動量の高いヨガはカラダに熱を持たせて目覚めさせることも。

ヨガをするとよく眠れるというのは聞きますが、好転反応により眠れなくなるパターンもあるのです。

好転反応⑤:ぐったりする・だるい

ヨガをしたらぐったりするというのは、多くの人が経験するヨガの好転反応といえるでしょう。

筋肉痛と同じで普段は使わない筋肉を使うことにより、カラダが刺激されてだるさとなって現れます。

そしてヨガを行うと副交感神経が優位になり、リラックスした状態になります。

それによってカラダが休息を求め、だるさや眠気が起こりやすいのです。

だるさの好転反応は、しっかりとヨガを行えている証拠ですよ。

ヨガでぐったりしたら、しっかりとした食事から疲労回復しよう

関連記事

今年はどんな1年でしたか? 1年を振り返ってみていかがでしょうか。 そして、今年の疲労は今年のうちに。 年末年始のうちに食べ物から疲労回復をして、来年に向けて頑張っていきましょう。 疲労の種類と回復のために必要な栄養素 […]

疲労回復に効果的な食べ物5選

ヨガの好転反応はいつ起こる?期間は?

ヨガの好転反応はいつ起こる?期間は?

ヨガの好転反応が起こる時期や期間には個人差があります。

ヨガのレッスンを受けている最中から感じる人もいれば、終わってから感じる人もいるでしょう。

「当日ではなく、数日後に筋肉痛が出る」というのもよく聞きます。

期間も一時的なものから、数日〜数週間とそれぞれ違います。

ですが、普段運動を全くしていなかった人やヨガの初心者は、好転反応の期間が比較的長い傾向にあります

カラダがヨガに慣れるまで、一か月近く続く場合もあるでしょう。

ヨガを受けると何かしら好転反応は出るもの、といっても過言ではありません。

そもそもヨガの効果を実感するのにどれくらいの期間がかかるの?と疑問に思った人はコチラ

関連記事

「ダイエットのためにヨガを始めたけれど、なかなか効果がでない…」とお悩みではないでしょうか? ヨガには確かにダイエット効果がありますが、実は誤解をしたままヨガを続けていると思うように痩せることはできないことがあります。 そこで今[…]

ヨガのダイエット効果がでるまでには3ヶ月を見よう

ヨガの好転反応が起きたときの対処法

ヨガの好転反応が起きたときの対処法

ヨガの好転反応が出た時は、カラダをできるだけ労ってあげましょう

ヨガで好転反応が起きたときの対処法

  • 栄養のある物を食べる。
  • すこし休息を取る。
  • お風呂でリラックスする。
  • 水分をしっかり補給する。

「好転反応が出たから、ヨガはしばらく休もう」というのは、逆にオススメしません。

ヨガの好転反応はカラダがヨガに慣れて、デトックスする毒素がなくなると共に減っていくものです。

軽い好転反応なら深く気にしなくて大丈夫なので、定期的なヨガを継続しながら好転反応を見守りましょう。

こんな時は病院へ

好転反応が1ヶ月以上にわたって治らない場合や、ひどい発熱や痛みがある場合は病院へ行きましょう。

ヨガで日常生活に大きな支障をきたす程の好転反応は、なかなか出ないはずです。

他の病気の可能性もあるので、我慢せずにお医者さんにみてもらってください。

ヨガ後の好転反応で筋肉痛に悩まされる人は次の記事で対処しよう

関連記事

ゆったり、のんびり、リラックス〜。 そんなイメージでヨガをはじめたら、翌朝、全身が筋肉痛に!! もうヨガなんてコリゴリ。 ヨガで思わぬ筋肉痛になり、それ以来ヨガを敬遠している人が多いようです。 それはもったいない! […]

よがで筋肉痛がおこる理由と対処法

ヨガの好転反応とも上手く付き合おう

ヨガの好転反応とも上手く付き合おう

ヨガに多少の好転反応はつきものといえます。

それはヨガと真剣に向き合えてる証拠でもあるのです。

ヨガを受けて何もカラダに変化を感じない場合は、ヨガを正しく行えてない可能性も。

好転反応とも上手く付き合って、楽しいヨガライフを送りましょう。

なお、好転反応の後のヨガには「こんなうれしい効果があった」という声が山ほどあります。

次の記事で具体的な体験談を紹介していますので、気になる人は読んでみてください。

出会いを引き寄せた!?ヨガが人生を変えた体験談はコチラ!

関連記事

ヨガをはじめてみて、今どんな変化を感じていますか? スタイルがよくなった、暴飲暴食がなくなった、よく眠れるようになったなど、さまざまなメリットを得られている方が多いことでしょう。 中には、人生が変わった!と言えるほどの大きな変化[…]

ヨガインストラクターで人生が変わった体験談

自宅でヨガをするならヨガマットは必須


価格: ¥7,480
通常配送無料

suria(スリア) HDエコマットプラス4mm チェリーピンク

4.7

初めてのヨガマットの最定番

軽さ・厚さ・クッション全てがバランスのとれたヨガマット。

コスパ最強で様々なカラーバリエーションがあることから、ビギナーの多くが利用しています。

エコロジー派にうれしい、地球環境にやさしい素材「TPE」を使用。