ヨガインストラクターとして有名になるには?ヨガのイベントで講師をつとめて大きな舞台に立つ方法

集客
ヨガインストラクターを目指す方、そしてすでに活動をしている方のなかには、「インストラクターとしてこうなりたい」という目標を掲げている方も多いでしょう。

例えば、「ヨガの魅力をしっかりと伝えたい」「日常を忘れて、心・体を結びつける特別な時間へと導きたい」「体の機能改善を提供したい」など。

そういった目標を達成するうえで、有名になることは一つの手段といえますよね。

この記事では、ヨガインストラクターとして有名になるために、ヨガの2大イベント「yoga fest」「YOGA JAPAN」で講師を務めた経験を持つ筆者がイベントに登壇するための方法をご紹介します。

前回の記事はこちらから

2020年東京オリンピックイヤーに向けて、観戦する側の私たちも「sports(運動)」「wellness(健康)」や「healthy life(健康的な生活)」への意識が高まりつつあります。 数年前から日本でも注目を集めるようになった[…]

ヨガインストラクターの仕事は自分に向いてる?

ヨガインストラクターで有名になるにはイベントを活用!

ヨガ人口が右肩上がりに増え続けるここ数年。

レッスンを受けるだけではなく、自らもその魅力を伝えたいとヨガインストラクターに転身する方の数も急増しています。

それと比例するように、ヨガインストラクターが活躍する場も増加。

ヨガ業界をさらに盛り上げるべく開催されるイベントもそのひとつです。

ヨガウェアやヨガグッズ、体の内側からの美容・健康をサポートするフードなどを販売するイベントも数多くも行われるようになり、数万人もののヨギーが集まることも珍しくなくなってきました。

イベントで行われるヨガインストラクターによるレッスンは盛り上がりを見せるため、登壇すると大きな注目を集めて有名に。

多くの方にレッスンに参加してもらうことで、インストラクターとしての知名度が上がることは間違いありません。

もちろん、大舞台を踏んだという経験はこれからの講師としての活動における自信にもつながるでしょう。

ですが…、登壇できるヨガインストラクターは一握り。

実際に「ヨガのイベントで講師を務めるにはどうしたらいいのか」という問い合わせが最近増えています。

では、大きなイベントにヨガインストラクターとして登壇するにはどうしたらよいのでしょうか。

有名ヨガインストラクター一覧

皆さんは有名なヨガインストラクターをどれだけご存知でしょうか? この記事は有名ヨガインストラクターのプロフィール、Instagram、所属、資格をまとめました。 有名ヨガインストラクター24選 ケンハラクマ [instagram[…]

ヨガインストラクター

有名でないヨガインストラクターもOK!イベント登壇方法

ヨガの2大イベント「yoga fest」「YOGA JAPAN」で講師を務めた経験を持つ筆者がどのようにして登壇することになったのか、その経緯をお話ししていきましょう。

方法①:SNSを積極的に活用する

ヨガインストラクターになるにはSNSを活用しよう

大きなイベントで講師を務めたいと思っていても、待っているだけではチャンスはやってきません。

自分が、インストラクターとして活動していることを発信する必要があります。

InstagramなどのSNSは、そのための有効な手段のひとつ。

フォロワーが多い人気講師は、イベントを運営している方やスポンサーの目にも止まりやすいでしょう。

ですが、ただ写真を投稿するだけでは宣伝効果は半減。

“いいね”をしたくなるような写真とともに、「ヨガ」「ヨガインストラクター」「ヨギー」などのヨガに関連するハッシュタグをつけてアピールをするのがオススメ。

方法②:ブランドのアンバサダーになる

筆者がイベントでの講師を務めることができたのは、SNSの発信からヨガウェアブランドのアンバサダーに起用されたことがきっかけです。

ヨガウェアのブランドがイベントのスポンサーをしている場合、レッスンの枠を与えてもらえることがあるのです。

アンバサダーは直訳すると“大使”。

自社の商品の広告塔となる人を言います。

実際のレッスンでウェアを着用し多くの方に見てもらったり、SNSに写真を投稿したりすることが主な役割で、インストラクターをしている方にとっても新作のウェアの提供を受けられたりと双方にメリットがあります。

アンバサダーになるにはブランドから声がかかる方もいれば、自分から応募や問い合わせをする方もいますが、いち早く活動を始めたいのであれば自ら動いてみるとよいでしょう。

ただし、イベントで講師を任せてもらえるのはアンバサダーのなかでも一握り。

そのウェアのよさを理解し、心から好きであり愛用しているアンバサダーからは魅力を感じますよね?

ブランド側もそのような講師にイベントを任せたいと思うでしょう。

「どこでもいいからアンバサダーになりたい」ということではなく、自分がアンバサダーの活動を楽しんでおこなえるところに所属することが大切です。

先にお伝えした発信の場であるSNSと上手に関連させて、講師の座をつかみましょう。

イベントでヨガインストラクターのオファーを受けたら?

いざ、イベント講師を任されても、そこがゴールではありません。

イベントを成功させるための準備を進めましょう。

レッスンの内容を熟考&練習

多くの方を前にレッスンをするのですから、運営側と相談しながら内容を熟考し何度も練習を繰り返して、本番を円滑に進められるように準備をしておく必要があります。

当日は緊張もするため、アーサナの流れや話す内容がスポッと抜けてしまうこともありますしね。

そのような事態に見舞われたときの対策としては、多少、内容が変わっても続けられるもうひとつの予備のアーサナの流れ・トーク内容を用意するということ。

当日のスケジュール変更によりレッスン時間を巻く・伸ばすなどの微調整が入ることも多々あるので、レッスン内容を少し変えても臨機応変な対応ができるようにしておくと安心です。

大きなイベントであれば、1か月以上前にオファーをいただけることがほとんどなので、準備期間は十分にあるはず。

準備の段階から楽しむ気持ちを持って、当日に備えましょう。

コンディションを整える

自分のコンディションを整えることも、忘れてはいけません。

大きな舞台に立つヨガインストラクターは、ヨギーたちからの注目の的。

過度なプラクティスで怪我をしたり、当日に体調をくずしたりしては、せっかくつかんだチャンスが台無しに。

代わりのヨガインストラクターが見つからなかったら、参加者にも運営側にも迷惑をかけてしまいます。

健康的な食事と自分のための適度なプラクティス、規則正しい生活を送ることで、健やかな状態でイベントにのぞむことも仕事のうちです。

なお、ブランドのアンバサダーとして登壇する際は素敵なウェアを準備してもらえることもあるので、着こなすためのボディメイクも意識したいところ。

「この先生のウェア、いいな」と、参加者に興味を持ってもらう必要があるからです。

自分に求められる役割は何なのかを考えたうえで、イベントの準備をしましょう。

有名ヨガインストラクターとして活躍しよう

今回の記事ではヨガインストラクターとして有名になる手段の一つとして、筆者の経験からイベントに登壇するための方法をご紹介しました。

大きなイベントは通常のレッスンとはまた違った興奮と感動がありますが、「ヨガでつながる」という根本の部分は変わりません。

とはいっても、自分のファンになってくれる生徒さんが増えることや、多くの関連企業の方に興味を持ってもらえることは、インストラクターとしての仕事の幅が広がり、喜ばしくもあるでしょう。

いつか大きな舞台に立ってみたいと思っているインストラクターの方にとって、少しでも参考になればうれしく思います。

関連記事

ヨガインストラクターになりたいけど、どんな流れでなれるのか不安という方も少なくないでしょう。 この記事を読めば、そんな不安は解決。 この記事を読むことで解消できる疑問 ヨガ初心者だけど、ヨガインストラクターを目指す[…]

ヨガインストラクターなる方法